雪の中、高野孝子講演会に60人以上が参加

地球儀を使って北極や南極を示しながら話す高野孝子。
地球儀を使って北極や南極を示しながら話す高野孝子。

高野孝子講演会が、2006年1月21日、東京都港区の施設「エコプラザ」で開かれ、これまでのプログラム参加者を含む多くの人と、地球各地のスライドを楽しみました。

高野孝子の講演会が、1月21日、東京都港区の環境教育施設「エコプラザ」で開かれた。エコプラザの活性化のために、17日から28日まで2週間開かれている写真展に合わせて、開催された。

写真展の会場をそのまま会場に使って、講演会が行われた。関東地方には珍しい雪の中、会場は立ち見がでるほどの盛況だった。
写真展の会場をそのまま会場に使って、講演会が行われた。関東地方には珍しい雪の中、会場は立ち見がでるほどの盛況だった。

当日は朝から雪となり、交通機関も混乱する中、会場には60人を超す人々が集まった。これまでのプログラム参加者やボランティアのみなさん、関係団体のスタッフら、エコプラスに関係する30人余の大人と4人の子どもも参加。旧知の顔を見つけてひさしぶりの会話もはずんだ。

講演では、高野が北極や南極、シベリアなどの極地で撮影した映像のほか、ミクロネシアなどでのスライドを上映しながら、美しい太平洋の島にもプラスチックゴミが流れ着き、汚染物質を排出する工場などが一切ない北極圏に、水銀などの有機化合物が降り注いでそこに住む少数民族の体に日本人をはるかに上回る有害物質の蓄積が起きていることなどを紹介。「海と空気で地球はみんなつながっている」と、それぞれの家庭や地域での行いが地球全体に影響を及ぼしていることを説明しました。

最後に、北極横断時に実際に使った寝袋を広げ、子どもたちに実際に中に入ってもらうと、全員が腰を上げて様子をのぞき込むなど、立体感に富んだ講演会となりました。

写真展は、1月28日まで。
会場に必ずスタッフがいるとは限りませんが、来場者ノートを備えておきますので、ご覧の際はぜひご感想をお残しください。
http://www.ecoclub.org/showart.php?lang=ja&genre=2&aid=262

流れ星に導かれて、夜明けのモニュメントバレーへ

雄大なアメリカ大陸の自然を追ったスライドは、美しく、気高い空気を伝えてくれました。
雄大なアメリカ大陸の自然を追ったスライドは、美しく、気高い空気を伝えてくれました。

新潟県在住の写真家野沢恒雄さんのスライド上映会が、2006年1月20日、東京・神田のエコプラス事務局で開かれました。

新潟の美しい棚田の風景を撮り続けている野沢恒雄さんが、20日夜、東京・神田にあるエコプラスの事務局でスライド上映会を開きました。野沢さんにとっての227回目の上映会でした。

上映会の後、参加者のみなさんと話す野沢さん(中央)
上映会の後、参加者のみなさんと話す野沢さん(中央)

仕事帰りの会社員やエコプラスのボランティアなど10人以上が集まり、野沢さんが撮影してきた、米国インディアンの聖地とされるモニュメントバレーなどの光景や、エコクラブのヤップ島プロジェクトに参加した際の現地の写真、そして新潟の棚田の風景の3部作の映像を静かに上映してくれました。

「アメリカの撮影の際には、真っ暗な明け方に宿を抜け出して歩いて10数キロ先の原野に向かった。その時、頭の真上から前に向かって流れ星が2つ続き、それに導かれるようにして平原に入って、三脚をまるでやりのようにかつぎながら飛び回って撮影した」と、風景写真の道に入った時のエピソードを紹介しました。

会場には、野沢さんが新潟県庁と新潟大学の学生たちをつなぐ仕事をしていた際の相手方となった学生だった会社員らも登場。3年ぶりの再会を、懇親会になっても遅くまで話が続いたようです。