港区の自然と生き物展開催中

537-l 港区立エコプラザ環境学習パネル展「港区の自然と生き物展」が8月16日から始まりました。
オフィスビルやマンションが立ち並ぶ港区にも、少し目を向けると自然がそこかしこに残されています。このパネル展では、お台場の干潟、元麻布のビオトープ、自然教育園、六本木ヒルズ屋上庭園など、あまり知られていない港区の自然環境と、そこに生きる生き物たちの姿を写真でとらえ、その生態を紹介しています。

538-lオオシオカラトンボなどの昆虫、シジュウカラなどの鳥類、アカエイなどの魚介類など30点あまりを展示し、それぞれの生き物が生息できる条件や環境の変化による影響なども解説しています。

身近な自然を知る事から、環境問題について考えてみてはいかがでしょうか。

パネル展は9月8日まで開催されています.
(日月祝休館。午前9時〜午後5時まで)