秋の山sweets「ヤマボウシ」

朝集落センターへ向かう途中、区長さんのお宅の庭木に鮮やかな赤い実がなっていました。

 自然の木は大きさもいろいろでしょうが、この庭木は高さが2m半くらいで、枝ぶりもたてに細長くなっています。身長164㎝の私が手を伸ばしてすぐに実を採ることができました。
自然の木は大きさもいろいろでしょうが、この庭木は高さが2m半くらいで、枝ぶりもたてに細長くなっています。身長164㎝の私が手を伸ばしてすぐに実を採ることができました。
 ヤマボウシの実。中に直径5-6ミリくらいの種が2−3個入っています。まるごと口に入れて皮と種だけ出します。さくらんぼより少し薄いようなやさしい甘さで、皮の近くはシャリシャリしています。
ヤマボウシの実。中に直径5-6ミリくらいの種が2−3個入っています。まるごと口に入れて皮と種だけ出します。さくらんぼより少し薄いようなやさしい甘さで、皮の近くはシャリシャリしています。

「おはようございます」と、お庭にいらっしゃった区長さんに声をかけて聞いたところ「ヤマボウシ」の実だということがわかりました。昔は子どものおやつだったそうです。
5月から6月頃に、ハナミズキによく似た白い花のついている木を集落内のあちらこちらで見かけました。これから山は秋の味覚の季節です。