いきものプロジェクト第5回報告

秋が深まり、生き物の数が少しずつ変化していました。
2008年度「栃窪いきものプロジェクト」の第5回が、10月18日(土)に行われました。
参加者はこの日から2日間行われる休日農業講座「田んぼのイロハ」の参加者13名と、集落内からの10名。南魚沼市内からも1名参加して、24名での生き物調べが行われました。

 本物の野鳥に触れられる機会は滅多にありません。みんなおそるおそる触ってみました。
本物の野鳥に触れられる機会は滅多にありません。みんなおそるおそる触ってみました。

13時に栃窪集落センターに集合。講師の深沢和基さんがキツツキの一種のアオゲラを取り出しました。2日前に窓ガラスに激突して死んだ後保存したものだそうです。深沢さんはアオゲラの体を自在に動かしながら、「木にとまる時はこうする」「エサを木からほじくり出す時はこうする」と説明してくれました。頭の奥に収納してある長い舌も引っ張り出して見せてもらい、参加者の目は釘付けになりました。
集落センターを出発し、時々観察している「清水端」と、定点観測をしている「桐木平」の田んぼ跡などを移動しながら、水辺の生き物を中心に観察しました。

 「清水端」での生き物調べの様子です。
「清水端」での生き物調べの様子です。

「清水端」では清水が流れている3つのため池を順番に観察しました。参加者は水の中に何か見つける度に網ですくい、他の参加者と見せ合いながら、深沢さんの説明を受けていました。
ここではヤマアカガエル、白く変色したアマガエル、シュレーゲルアオガエル、トノサマガエルまたはトウキョウダルマガエル、などのほか、ヨコエビ、トビケラの幼虫、コオイムシ、アメンボ、おんぶバッタ、ヤゴ、マツモムシ、小さいクロサンショウウオを観察しました。
次の目的地へ行く途中の草むらで、まだら模様の羽の「マダラチョウ(ヒョウモンチョウとも言う)」の仲間を見つけました。チョウや昆虫は一般的に足が6本ですが、このチョウは4本で、後の2本は退化していました。
「桐木平」の沼地では、それぞれに沼の表面を網で引き寄せてすくい上げ、そこにいる生き物を観察しました。オタマジャクシ、ギンヤンマのヤゴ、マツモムシ、クロゲンゴロウ、ヤマアカガエルなどを観察しました。植物では7月31日、9月21日の生き物調べの時に咲いていたミズオオバコの花が、今回もあちらこちらで咲いていました。

集落センターに戻ってからのふりかえりでは、首都圏からの参加者が「初めて見る生き物がいっぱいいた」「アマガエルの変色を見て環境と調和していると感じた」「図鑑の世界のようだった」などと感想を話しました。また深沢さんからは「今日見た生き物は普段栃窪で見られる当たり前の生き物。どういうふうに生きているのかな、体はどうなっているんだろうな、という見方ができると楽しいと思う。栃窪はため池や用水路があって生き物が残れる大切な場所です」というお話がありました。

次回は11月16日(日)午後1時半からです。冬が近づき寒くなっていく中で、生き物はどのような準備をしているのでしょうか。

「去年より穂が重い!」イロハ田んぼで稲刈り

昨年は雑草の勢いに押され気味だったイロハ田んぼでしたが、今年は隣の田んぼの人にもほめられるほど立派な稲穂が実りました。
2008年度の「田んぼのイロハ」第4回が、10月18日ー19日に、南魚沼市栃窪で行われました。

参加したのは首都圏からの家族連れや会社員のみなさん13人。そのうちの5人は田植えにも参加した人たちでした。

2日間雲一つない青空で、時折吹く風が作業の疲れをいやしてくれる、本当に気持ちのいい天気に恵まれました。

1日目は13時に集合してすぐ「とちくぼ生き物プロジェクト」に参加し、生き物調べをした後、栃窪小学校を見学させてもらいました。この日小学校は集落をあげての文化祭で、ちょうど片付けの時間だったところにお邪魔し、一緒に片付けながら、校舎も見せてもらいました。

16時からは、地元の「とちくぼパノラマ農産」の笛木晶さんを講師に座学を行いました。明治以前から使われていたという脱穀用の道具を見せてもらい、どの家でもハザカケをするのが普通だった頃の作業や集落の様子についてお話を聞きました。

杉の木を等間隔に植えて横に十何段もつなを張り、4メートル近くの高さまでハザカケをしていたことや、乾かした稲がぬれないように家中に天井の高さまで積み上げていたことなど、農が暮らすことと一体になっていた30〜40年前の風景が少し見えたような気がしました。

 集落の日熊さん(左から2人目)に稲の束ね方を教わる。稲刈りでは、刈り取りよりもこの束ね方が大事な作業。
集落の日熊さん(左から2人目)に稲の束ね方を教わる。稲刈りでは、刈り取りよりもこの束ね方が大事な作業。

最後に手刈りの仕方、稲の束ねる(=まるける)やり方を教わって、次の日の稲刈りに備えました。

2日目は、午前9時から稲刈り。笛木晶さんと集落の日熊良一さん、笛木俊児さんの協力を得て、参加者は刈り方・まるけ方を何とか覚え、刈り取ってはまるける作業をくり返しました。

田んぼには、ぬかるんで長靴ごとはまってしまう場所があり、子どもたちはついには裸足になって田んぼをかけめぐっていました。

大人たちは疲れると手を止めて腰を伸ばし、真っ青な秋晴れの空を眺め、或いは紅葉の始まった八海山や巻機山を眺めて、また作業にかかっていました。

午後3時に1反(約10アール)あまりのイロハ田んぼの刈り取りを終えることができました。

稲の束を女の子が投げて、大人がはざにかけます。回りの人との共同作業でペースがぐんと上がります。
稲の束を女の子が投げて、大人がはざにかけます。回りの人との共同作業でペースがぐんと上がります。

参加者のみなさんは、「今回の稲刈り作業では、単なる自然体験ではなく、農作業のつらいところも子どもに見せることができて良かった」などと感想を話していました。

おコメは10日間程度、天日で乾燥して、脱穀しおコメになり、11月2日の収穫祭にはおにぎりになって登場する予定です。

無農薬田んぼは、自然のジャングル

一年間、まったく農薬や化学肥料を使わなかったオーナー田んぼの稲株の間には、小さなクモやらイモリやらが次々と登場した。

こちらはオーナーの山田さんに稲刈り指導をする通りがかりの村人。「腰の構えが違う!」などとにぎやかな指導でした。
こちらはオーナーの山田さんに稲刈り指導をする通りがかりの村人。「腰の構えが違う!」などとにぎやかな指導でした。
目線を稲株ぎりぎりまで下げると、田んぼジャングルとでも呼べるような新しい世界が広がります。
目線を稲株ぎりぎりまで下げると、田んぼジャングルとでも呼べるような新しい世界が広がります。

 

秋の晴れ間にオーナー田んぼ稲刈り

棚田オーナーのみなさんの田んぼがついに稲刈りとなりました。本日午後、オーナーの一人の山田さんも一緒に、手で稲刈りを行い、半分弱を刈りました。

オーナー田んぼの端っこから刈り取り作業を始めるオーナーの一人山田さん
オーナー田んぼの端っこから刈り取り作業を始めるオーナーの一人山田さん

秋晴れとなった10月12日午後、オーナー田んぼの残って板1枚の刈り取りが行われました。

天候も、稲の具合もちょうどこの日曜日が最適となって、朝露も乾いた午後1時過ぎから、オーナーの一人である山田さん一家4人、実習で訪れていた早稲田大学の学生6人などが加わって、稲刈り作業を行いました。

地元パノラマ農産のみなさんやエコプラス関係者もいれて総勢14人で、午後4時までの3時間弱で、3割方の刈り取りを終えました。

稲の具合は最高で、ほかのほとんどの田んぼでは稲穂が倒れてしまう「倒伏」が全面的に発生していたのですが、オーナー田んぼは倒伏は2割ほど。

逆に最後まで実に栄養が届いたせいか、稲粒も大きく、「きつねのしっぽ」のような立派な稲穂となっていました。

もっとも秋口に入っての降雨量の多さを反映して田んぼはぬかるみが強く、次の一歩のために深く埋もれた長靴を引き抜くのが大変な状態。効率が大変悪い手作業となりました。

ついに刈り取りを迎えた稲穂たち
ついに刈り取りを迎えた稲穂たち

一度に5-6株、できれば8株程度を刈り取り、それを2つ重ねて、去年の稲ワラでしばって一つの束とします。この束を4段重ねの竿にかけて天日干しとします。

足場の悪い中での刈り取りなので、刈った稲をその場に置くと濡れたり泥まみれになるために、離れたへりまで歩いていってそこで束にするなど手間が大変かかりました。

この一年、まったく農薬や化学肥料を使っていない田んぼは、稲以外にもたくさんの草が生え、カエルやイモリ、クモなどいろんな生き物が、稲の根本から飛び出しました。

時間切れとなったために、残りはパノラマ農産のみなさんに刈り入れしていただき、2週間ほどの天日乾燥でおコメとなる段取りです。

小豆を食べるまで

10月9日、隣のおばあちゃんが小豆のごみ取りをしていました。

 

 おばあちゃんが持っているのが「たかみ」という道具です。
おばあちゃんが持っているのが「たかみ」という道具です。

この日は朝から晴れていました。
いつものように事務局のある集落センターへ行こうと家を出たら、ちょうど隣のうちのおばあちゃんが小豆を「たかみ」という道具に入れていました。

そういえば2週間くらい前に、さやつきで収穫してきて乾かした小豆を、むしろの上でさやをたたいて豆を出していたのを思い出しました。
おばあちゃんは豆をザッ、ザッ、ザッ、と野菜を炒めるようにあおり、表面に出てくるさやの破片や葉っぱなどをていねいに拾っていました。

 小豆をあおっているところ。3回くらいあおってはごみを拾い、またあおっては拾い…その度に小豆がおいしくなっていくような気がしました。
小豆をあおっているところ。3回くらいあおってはごみを拾い、またあおっては拾い…その度に小豆がおいしくなっていくような気がしました。

冬寒くなってから、この小豆があったかいお汁粉になったり、おかこもちになったりするのでしょう。そう思うと何だかわくわくしました(食い意地がはっているからでしょうか)。

ちなみに、こちらではお正月に甘く煮た小豆といっしょにおもちを食べますが、南魚沼ではそれを「おかこもち」と言います。

今年もやりました「茶作り体験」2008

茶葉の摘み方を教えてもらう参加者。固い葉がまざってしまうときれいに揉めないので、注意が必要です
茶葉の摘み方を教えてもらう参加者。固い葉がまざってしまうときれいに揉めないので、注意が必要です

爽やかな秋晴れの10月4日、4人の参加者でみっちりホンモノ茶作りを体験しました。
10月4日(土)に、神奈川県の表丹沢にある高梨茶園にて、手もみの茶作り体験が行われました。この時期に茶摘み?と驚く方もいますが、丹沢では春と秋の2回茶の収穫があります。今回は、秋の新芽を摘ませてもらいました。
教えてくれるのは高梨茶園三代目の高梨孝さんです。そして神奈川県の農業を担当している福島さん、静岡の研究所で茶の勉強を終えたばかりの近所の茶園の跡継ぎ、柏木さんもサポートしてくれました。
今回の参加者は少人数で4人でした。うち2人が体験学習として茶摘みと簡単な茶作りを実施している小学校の家庭科の先生、1人が新潟・栃窪で無農薬コシヒカリを作っている女性、1人が自然エネルギーNPOのスタッフという面白い顔ぶれとなりました。

手もみの始めの段階。鮮やかな黄緑の葉が徐々に濃くなっていきます。
手もみの始めの段階。鮮やかな黄緑の葉が徐々に濃くなっていきます。

昨年の茶摘みは雨の中、ヒルの恐怖を感じながらだったのですが、今年は最高の茶摘み日和となりました。ただ、時期が少し遅かったこともあり柔らかい新芽が少なく、みんな目を凝らして、これぞ、という葉を探していきました。1時間、みっちり摘んだのですが、必要量には足りず、春に摘んで蒸した後に冷凍しておいた葉とブレンドすることとなりました。これは、3年目にして新しい試みでした。
茶の味を決めるのは「一に原葉、二に蒸し気、三に揉みきり」だそうです。摘んできた葉を蒸す行程はとても大事で、みなさんちょっと緊張気味でした。蒸し上がりのタイミングは、時間ではなく、茶葉の香です。青っぽいにおいから芳香に変わる一瞬を逃さず、釜から下ろします。
その後は、ホイロとよばれる台にのせ、葉の状態にあわせて回転揉み、でんぐり揉み、こくりなどと言われる様々な揉み方で、針のように細長い茶にしていきます。高梨茶園では茶の小売りもやっているので、作業の間にもひっきりなしにお客さんがやってきます。みんな興味深そうにのぞいていき、飛び入り参加する子どももいました。
最後の乾燥を待つ間に、製茶機械の見学をさせてもらいました。手もみの行程と同じように、段階ごとに様々な機械を使うそうです。どれも大きく迫力のある動きをします。すでに手だけで茶作りを体験した参加者たちは、機械の数と大きさ見て改めて人の手のすごさを感じていました。
最後はお楽しみの試飲です。一口目で「甘い!」という声があがりました。とろっとした味わいです。ところが二煎目はきりっとした味に変わり、みなさん驚いていました。
最後のふりかえりでは、「今までお茶のことをまったく知らなかった。人生にも影響しそうなくらいの体験だった」「同じ農業をやっているので、考えるところがたくさんあった」などのコメントがありました。
出来上がった茶をおみやげにもらって、今年も茶作りが終わりました。

ついに脱穀

オーナー田んぼの報告をみなさんに順次書こうとしていたら、突然栃窪事務所の入り口で声がした。「オーナー田んぼの脱穀、いまからしていいか」と。
オーナーのみなさんにコメの様子を報告しようと、ひさしぶりに栃窪にある「TAPPO 南魚沼やまとくらしの学校」の事務所でパソコンに向かっていたら、玄関から突然大きな声がした。

「おーまえさん、いまからオーナー田んぼ、脱穀していいかね」。
声の主はパノラマ農産社長の笛木晶さん。あちこちの田んぼの刈り取りをしながら、ちょうど余った時間で脱穀できるのではないかと考えたそうだ。

もう午後4時前。今日は快晴だったが明日は小雨の模様。濡れる前に取り入れようということか。

はざかけを10日間した稲の前にコンバインを止める。稲からもみを外す機能だけを使う。下にひいたシートは、落ち穂を泥まみれにしないため。
はざかけを10日間した稲の前にコンバインを止める。稲からもみを外す機能だけを使う。下にひいたシートは、落ち穂を泥まみれにしないため。

2枚あるオーナー田んぼのうちの1枚はまだ稲穂がすっくとたっていて、まだまだ実りが進みそうだ。雨で倒伏しそうだったもう一枚のオーナー田んぼは、雨の間の好天を突いて9月24日に刈り取りをしてある。長さ約30メートルの鉄パイプ製の枠に、上下4段にかけて干してきた。

そばにコンバインを横付けにして、その横腹にあるベルトコンベアのように動く脱穀装置に稲の束を送り込んでモミを外していく。

簡単そうだが、高さ2メートル近いさおにかけてある稲束を外して、コンバインの投入口に入れるのはかなり大変だ。稲束を外す人、それをコンバインに投入する人、吐き出されたわらを再度束にしばる人、それをあぜまで次々と運び出す人、流れ作業で進める。

私も気がつけばコンバインに投入する係となって、渡された稲束を脱穀のベルトコンベアに載せる。稲束によって長さが違い、穂の付き具合が違う。それに稲穂はとても重い。うまく投入口に並べるのは大変だった。

どんどんとモミになっていく。コンバインのタンクが2度、いっぱいになって、軽トラックに積んだ積載装置に移す。
どんどんとモミになっていく。コンバインのタンクが2度、いっぱいになって、軽トラックに積んだ積載装置に移す。

途中でコンバインのタンクがもみで一杯になったので、その中味を軽トラに移すこと2回。最後の束を突っ込んだ時にはあたりは真っ暗。午後6時すぎだった。

細かな稲ワラが腕や顔、服についてちくちくする。

「これは水では落ちないのよ。お湯で洗わないとね」とタオルを巻いて重装備だった信子さんが話す。

明日、モミに何パーセント水分が含まれているかなどを調べて、その後にもみ殻を外す作業に映るそうだ。

「けっこう収量があるかもしれない」
晶さんがつぶやいた。

完全無農薬なので、収量はもとより期待できなかったのだが、どのくらいの玄米になるのか。楽しみだ。

ブラックバス駆除作戦

 この大きな容器には水ごと汲み上げられた生き物たちが入っていました。写真はブラックバスとそれ以外の生き物に分けているところです。
この大きな容器には水ごと汲み上げられた生き物たちが入っていました。写真はブラックバスとそれ以外の生き物に分けているところです。

10月3日、午前中から夕方まで、栃窪集落の5カ所の溜め池で、南魚沼の行政や自然保護団体のみなさんによる「ブラックバス駆除大会」が行われました。

お昼近くにそのうちの1カ所に行ってみると、水を抜いたため池から捕獲された生き物たちが、ブラックバスとそれ以外とに仕分けされている最中でした。
その池では、ブラックバスが23匹捕まった他に、フナやトウヨシノボリ、ドジョウなどの魚たち、貝の仲間たち、カニ、イモリ、カエル、ミズカマキリにゲンゴロウなどなど、いろんな生き物が暮らしていました。

 左の写真のような容器の他に水槽が3つほど用意され、こうした小さな生き物たちが分けて入れられていました。写真は、泳ぎが得意でないガムシがミズカマキリに必死でつかまっているところではないかと思われます。
左の写真のような容器の他に水槽が3つほど用意され、こうした小さな生き物たちが分けて入れられていました。写真は、泳ぎが得意でないガムシがミズカマキリに必死でつかまっているところではないかと思われます。

はざかけの天日乾燥進む

9月24日に刈り取ったオーナー田んぼの1枚では、はざかけによる天日乾燥が進んでいます。すっかり茶色くなった稲は、あとしばらくで脱穀できそうです。

9月30日のはざかけの様子。まだ青みを帯びている茎やはっぱがあり、はざ全体もふっくらしている。
9月30日のはざかけの様子。まだ青みを帯びている茎やはっぱがあり、はざ全体もふっくらしている。
10月4日のはざの様子。ほとんど全体が乾燥して茶色くなった。はざの厚みも薄くなった感じ。
10月4日のはざの様子。ほとんど全体が乾燥して茶色くなった。はざの厚みも薄くなった感じ。

雨続きの9月が終わり、心配された台風15号も日本列島の南を進んでくれたので、収穫期を迎えた南魚沼の農家のみなさんもほっとした様子です。

晴れた日には、あちこちで刈り取り機(コンバイン)が動く音がします。一面、黄金色の田んぼが連続する光景の中に、赤い昆虫のように見えるコンバインが動いています。

9月24日に早めに刈り取ったオーナー田んぼの一つでは、どんどんと乾燥が進んでいます。

赤とんぼが青空を背景に、はざかけの上を飛び回っています。

ついに大根が見えた!大根生長の記録2

8月23日の講座で種をまいてから39日目。とうとううねから大根の白い肌が見えました。

 大きく葉が広がり、しっかりとしています。小さな種だったことが信じられないほどです。
大きく葉が広がり、しっかりとしています。小さな種だったことが信じられないほどです。
 真上から見たところ。観葉植物にも引けを取りません。
真上から見たところ。観葉植物にも引けを取りません。

講師の桑原祐子さんに指導してもらって種をまいた方を観察しました。
外側の1番長い葉を測ってみると、約40㎝にもなっていました。葉はところどころ虫に食われていますが、とても元気です。

この調子で大きくなれば、11月には立派な大根を収穫することができるでしょう。