山の上のかあちゃんの台所に暮らしの知恵満載!

畑で収穫→料理→昼食→料理→試食、と作って食べての1日でした。料理をしながら、レシピや食材の保存方法なども教わりました。
今年度から始まった休日農業講座「山の上のかあちゃんの畑と料理」最後の講座が、11月1日ー2日に、南魚沼市栃窪集落で行われました。
プログラムには、首都圏からの会社員、3回目となる親子連れ、北海道の大学生の他に、ノルウェーから来日中のベェルゲ・ダーレさんとウンネさんご夫妻が参加し、11名で行いました。

10時に栃窪集落センターに集合し、顔合わせをした後、すぐに大根を収穫しに畑に向かいました。朝まで雨が降ったりやんだりしていたので、全員雨ガッパを来て行きました。

 4歳の男の子。教えてもらったとおりに大根を引っこ抜くために、葉っぱをまとめてつかもうとがんばっています。
4歳の男の子。教えてもらったとおりに大根を引っこ抜くために、葉っぱをまとめてつかもうとがんばっています。

前回大根の種をまいた参加者は、畑に着き立派に成長した大根の姿を見て歓声を上げました。まず講師の桑原祐子さんから大根のぬき方を教わり、それに続いて参加者も次々にぬいていきました。7月12日の講座で畑を見せてもらった際にうっかり大根をぬいてしまった4歳の男の子は、今度こそ堂々と大根を引っこぬけるということで気合い充分。葉先からぶら下げると身長ほどもある大根を、一生懸命収穫していました。
大根の他にも、昼食用に中国野菜のタア菜と人参を収穫させてもらいました。あまりにもおいしそうなのでその場でタア菜をかじってみた参加者がビックリ!「この葉っぱ甘〜い!!」どれどれ…と、みんなで青虫のようになって葉っぱをかじりました。

集落センターに戻ってすぐに、祐子さんの指示のもと、収穫したばかりの野菜を使い、お惣菜を3品作りました。大根の葉を捨てずに保存しおいしく食べる方法なども教わり、参加者は都会にはない暮らしの知恵に感心していました。
あらかじめ祐子さんが用意してくれた漬け物やけんちん汁、新米と合わせて、今回も旬の野菜がふんだんに使われた栃窪ランチが出来上がりました。

昼食の後は、笹団子とみそ豆を作りました。笹は7月12日の講座で集めたものを祐子さんが保存してくれていました。みそ豆は5月25日の講座で植えた大豆を使う予定でしたが、雨が続いて乾かず、祐子さんの大豆を使わせてもらいました。

 団子を笹で包んで、すげを巻きつけて結ぶ作業です。すっかり無口になってしまう参加者が続出しました。
団子を笹で包んで、すげを巻きつけて結ぶ作業です。すっかり無口になってしまう参加者が続出しました。

笹団子は、うるち米の粉ともち米とヨモギをこねて作った団子にあんこを入れて、笹の葉で包み、「すげ」というい草のひもで巻きます。この巻きつけ方は独特で、覚えるまでが難しく、何度も聞き直してやっていました。包み終わった団子は蒸し器で15分蒸し、その間にみそ豆を作りました。「鉄火みそ」とも言われる、カリカリに揚げた大豆に甘く味付けしたみそをからめる料理です。今回は時間の都合であらかじめ祐子さんが30分ほどかけて大豆を油で揚げておいてくれたのですぐに出来上がりました。
そうしているうちに蒸し器から笹の葉の清々しい香りが広がり、笹団子のでき上がりを知らせてくれました。さっそくみそ豆といっしょに試食しました。

今回もしょうゆや油などの調味料とすげ以外は、みそからすべての野菜、米やその粉まで、祐子さんの手作りでした。また、ヨモギや笹の葉は栃窪の自然のものでした。
参加者のみなさんは、「暮らしの知恵が活かされている料理が勉強になった」「昔からの知恵は理にかなっていてすごいと思った」などの感想がでました。ベェルゲさんウンネさんは「ノルウェーではカブの葉は捨てている。栃窪では大根の葉を捨てずに料理しているし、笹団子でも植物をいっぱい使っている」と、文化の違いについて話していました。

降りそうだった雨も降らず、無事に全4回の講座を終えることができました。

田んぼのイロハ 第5回報告

今年最後の休日農業講座「田んぼのイロハ」第5回を、2008年11月1-2日、新潟県南魚沼市栃窪地区で行い、稲刈り後の米づくりについて学びました。
2008年11月1-2日、今年最後の「田んぼのイロハ」第5回を行いました。参加したのは、北海道、埼玉、東京、千葉から集まった学生3人と社会人3人の計6人。稲刈り後の米づくりについて学びました。

1日目の田おこし作業の後。写真ではわかりにくいですが、みんな泥まみれになりました。終始笑いの絶えない作業となりました。
1日目の田おこし作業の後。写真ではわかりにくいですが、みんな泥まみれになりました。終始笑いの絶えない作業となりました。

午前中は降ったり止んだりしていた雨も、プログラムの始まった午後にはピタッとあがり、晴れ間が広がりました。
はじめに、稲刈りを終えた田んぼへ行き、来年の米づくりの準備である「田おこし」をしました。田おこしは、天地返しとも言い、稲刈りした後の稲の株をひっくり返す作業です。稲刈りで残った稲の株を土と混ぜ、分解を早めるために行います。
今回は、機械を使わずに、3本クワを使っての田おこしをしました。集落の人の無駄のない軽やかなクワさばきをお手本にしながら、雨でぬかるんだ土の上で、参加者はクワ使いのコツをつかもうと試行錯誤していました。参加者6人とスタッフ2人、集落の人2人で、1時間半で、約1反の田んぼの4割をやっと起こしました。
今回の座学は「刈取りから精米まで」がテーマでした。モミから玄米をはずす「調整」という作業をする機械などを見学した後、刈取りから田植えまでの作業を中心に話がありました。米袋ではなく俵を使っていた頃は、冬に翌年に出荷する分の俵を作っておいたものだとか、雪が降らない日にソリに米俵をつんで街に運んでいたという話など、牛や馬を使っていた頃の栃窪の冬の生活の話を参加者は興味津々で聞いていました。
夕食後は、ノルウェーからのゲスト、べェルゲ・ダーレさんのお話、交流会と続きました。

交流会では、参加者の学生たちと集落の20歳前後の若者たちを中心に、田おこしを全部終わらせようと盛り上がり、まだ星が輝く翌日朝4時半から田おこしが再開されました。この若者たちの様子に、わざわざクワを貸しに来てくれる集落の方もいました。途中朝食をとり、午前11時には見事1反の田んぼの田おこしが完了しました。

休憩時間には「なわない」もみせてもらいました。「自分で靴まで作れるなんてスゴい」と参加者から感嘆の声があがりました。
休憩時間には「なわない」もみせてもらいました。「自分で靴まで作れるなんてスゴい」と参加者から感嘆の声があがりました。

初めて手作業での田おこしをしたという20代の集落の若者は、「とても重労働だったが、仲間たちとなんだかんだ話をしながらやって、絆を深めることができ、幸せな時間だった」と話しました。

ベェルゲ・ダーレさんとウンネさんのお話は、こちらをご覧下さい。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=661

2日目の収穫祭の様子は、こちらをご覧下さい。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=660