「雪ざんまいキャンプ」が行われました。雪上でのテント生活を、小中学生ら15名が体験

3月27日から29日にかけて、「雪ざんまいキャンプ」が行われました。雪上でのテント生活、雪山尻すべり、初めてであう仲間との共同生活など、チャレンジや発見が盛りだくさんの3日間となりました。
3月27日から29日にかけて、新潟県南魚沼市にある清水集落で「雪ざんまいキャンプ」が行われました。参加したのは、小学4年生から中学2年生までの合計15名。その半数ほどは地元南魚沼市からの参加でしたが、大阪、岐阜、名古屋、神奈川など、全国各地からも参加者が集まりました。

数メートル降り積もった雪の上にテントをはり、イスやトイレも雪で作り、雪を融かして作った飲み水で暮らした3日間。まさに「雪ざんまい」のキャンプとなりました。

7〜8名のチームに分かれた子ども達は、チームの目標を考え、各自の役割を決め、チームリーダーを中心に自分たちの判断で暮らすことにチャレンジしました。なかなか火が起きなかったり、初めて出会った人と協力することに戸惑ったりしながら、参加者それぞれが新しい体験や学びをしてくれたようです。

超豪快!雪山尻すべり! 息も止まるほどのスピードで、ダイナミックに雪山を楽しみました。
超豪快!雪山尻すべり!
息も止まるほどのスピードで、ダイナミックに雪山を楽しみました。

キャンプのクライマックスの一つは、2日目に行われた「超豪快!雪山尻すべり」でした。3メートルほど積もった雪の下に草木が隠れると、山は巨大な雪すべり台になります。ビニールのシートをお尻の下に敷き、転げ落ちるように雪山を滑りおりると、息が止まるほどのスピードになりました。いつもは遠くから眺めるだけの大自然に体ごと飛び込み、山や雪に直に触れる、ダイナミックな遊びでした。

「いま見えてる雪が全部とけたらさ、東京都が水びだしになるかな?」
雪山が連なる大パノラマを前に山のてっぺんでお弁当を食べていると、1人の男の子がこんなことを話しかけてきました。雪は水であること、雪山に降り積もった雪が少しずつ溶けて、大地を潤し、人間の飲み水になることを、体験を通して実感していたようでした。

地元の方から、かんじきの作り方を教わる
地元の方から、かんじきの作り方を教わる

キャンプには清水集落の方々はじめ、地元猟友会のみなさんが直接協力してくださり、地元の自然や歴史の話を聞かせてくれたり、山の案内をしてくれました。雪上を歩くための伝統的な道具、「かんじき」の作り方も教えていただき、子ども達は材料となる木を煮てやわらかくするところからかんじき作りを体験することができました。

「自分で仕事を見つけることを覚えました」「雪には、やわらかい雪と、かたい雪があると分かった」「雪はなんにでも使えると思いました。飲み水にもなるし、イスにもなるし、雪遊びもできるし」
参加した子どもたちの感想コメントです。

雪焼けで赤く日焼けした顔が、新学期まで残るかどうか。家の方や友達にも今回の体験を話してあげてほしいと思います。

(このキャンプは、清水地区活性化委員会とエコプラスとの共催で、南魚沼市教育委員会の後援を得て行われました)