真珠のようです

ギフチョウの卵を発見しました。

 どこにあるかわかりますか?
どこにあるかわかりますか?

 

24日にギフチョウを撮影したお宅の庭で、カンアオイの葉の裏にあるギフチョウの卵を見つけました。

真珠の様な色つやをした、わずか2ミリほどの小さな卵。幼虫は黒っぽい地味な色で、梅雨の時期近くにならないと見たことがないそうです。

当分、この美しい真珠の様な卵を見ることができます。

 カンアオイの葉は、気温が上がるにつれてどんどん開いていき、日ざしが強くなる頃には卵が完璧に葉の裏側に隠れる、という仕組みだそうです。
カンアオイの葉は、気温が上がるにつれてどんどん開いていき、日ざしが強くなる頃には卵が完璧に葉の裏側に隠れる、という仕組みだそうです。

水やり

苗代では、シートをはがして苗の水やり作業をしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日は10時頃の気温が20度。気持ちのいい天気が続いています。
苗代では、霜などの対策としてかけてあるシートを全部はがして、水やりの作業をしていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 水やり、と一言で言っても、長さが20メートル、幅が3メートルの苗の列に水をやるので、ジョウロを使っていたら半日かかってしまうかもしれません。
軽トラックの荷台にすっぽり入る大きな水のタンクを設置し、そこから20メートル以上の長さのホースで水を引き、1列ずつていねいにかけていました。

稲の芽はすっかり出そろい、長さもおおむね4−5センチになっていました。

あぜにはワラビが顔を出し、フキノトウはすっかり伸びて綿毛を飛ばしているものもありました。その横でフキが葉を広げていました。