09いきものプロジェクト第5回報告

集落内を散策し、地元の人の暮らしにもふれながら、秋の生き物の様子を観察しました。
2009年第5回目の「栃窪いきものプロジェクト」が、10月17日(土)に行われました。参加者は、集落内や南魚沼市内からの他、「田んぼのイロハ」の参加者を入れて30人。集落を散策しながら、生き物の様子を観察した他、地元の人たちの暮らしを学ぶ場面もありました。

本物のフクロウにおどろく参加者たち
本物のフクロウにおどろく参加者たち

はじめに、講師の深沢さんが、観察用に冷凍保存されていたフクロウとハイタカを見せてくれました。どちらも南魚沼市周辺に住む鳥で、栃窪でも確認されています。羽毛の中の耳の位置を探ったりしながら、それぞれの特徴について教わりました。
この他に深沢さんは、栃窪で確認された生き物と確認されると思われる生き物の写真も見せてくれました。首都圏から来ている「田んぼのイロハ」参加者は、たくさんの生き物がいることに感心しながら、写真をながめていました。

集落内の散策では、小学校裏のスイレンの田んぼ、「清水端」のため池、定点観測をしている「桐木平」の田んぼ跡、の順番に移動しながら、生き物を観察しました。観察したのは、オニヤンマやギンヤンマのヤゴ、いろいろな大きさのヤマアカガエル、カラムシの葉にくるまったアカタテハの幼虫、アカハライモリ(オス)、クロスジギンヤンマのつがい、カマキリの卵など。植物では、ミズオオバコ、アメリカセンダングサ、ヌスビトハギ、ヒシの実、ウバユリなど。

散策の途中で、庭先でアズキを乾かし、サヤから豆を取り出す作業をしている家の前を通りかかりました。アズキがサヤから出て来るのを初めて見たという何人かの参加者は、少しだけいっしょに作業をさせてもらいながら、保存や料理の仕方などを家の人に聞いていました。

今回2か所で見られた、大きなヤマアカガエル
今回2か所で見られた、大きなヤマアカガエル

深沢さんは、「今回の観察で、子孫を増やすためのさまざまな『生き物の戦略』が見えた」と話しました。アメリカセンダングサやヌスビトハギ、ヒシのように、何かにくっついてタネを運ばせるもの、ウバユリの種のようにヒラヒラと宙を舞うもの、トンボのつがい、生き物の冬の越し方など、それぞれ自然に沿いながら、生き残るための工夫がありました。
また、日本中の田んぼや里山でよく見られた生き物が、この2,30年で見られなくなっていること、栃窪ではまだそうした生き物が見られること、そうした生態系を維持するには生き物の多様性が大事であるということなども話していました。
「田んぼのイロハ」のふりかえりアンケートの中で、「いきものプロジェクトの講師の話を聞いて、人間の暮らしにも残していかなければならないものがあると思った」と感想を寄せてくれた参加者がいました。

【田んぼのイロハ】イネの刈り取りとはざかけを体験

2009年10月17日-18日に、南魚沼市栃窪地区で地元のベテランに教わりながらイネの刈り取りと天日乾燥の作業を体験しました。

稲刈りの様子
稲刈りの様子

 

地元の人からイネの束ね方を教わる参加者
地元の人からイネの束ね方を教わる参加者

休日農業講座「田んぼのイロハ」の第5回講座が、10月17日-18日に開かれました。
参加したのは首都圏の学生や社会人、親子連れなど29人。約半数が学生でした。

1日目は、地元の人を講師に座学を受けた他、生態系調査「栃窪いきものプロジェクト」にも参加しました。2日目は、青空の下で地元の人に教わりながらイネを刈り取り、束ねて「はざ」にかけました。

詳細はこちらへ
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=794

Fun of harvesting organic rice

29 participants enjoyed harvesting and drying rice under the sun in Tochikubo, Minamiuonuma on October 17th – 18th,

A Villager taught how to bind straw in sheaves to a participant.
A Villager taught how to bind straw in sheaves to a participant.

The 5th class of “ABC in a Rice Paddy” in this year was held on October 17th – 18th with 29 people, including students, business persons and families from metropolitan area. This time, university students occupied a half of the group.

On the 1st day, participants listened to the lecture by villagers and joined Tochikubo ecology research. On the 2nd day, they harvested, bound, and hung rice under the blue sky.

People work under the blue sky.
People work under the blue sky.

Experience traditional rice harvesting and “Hazakake”

29 participants experienced harvesting and drying rice under the sun in Tochikubo, Minamiuonuma on October 17th – 18th.

 

The weather was nice. Let’s start harvesting!
The weather was nice. Let’s start harvesting!

The 5th class of “ABC in a Rice Paddy” in this year was held on October 17th – 18th with 29 people, including students, business persons and families from metropolitan area. This time, university students occupied a half of the group.

On the 1st day, participants had a lesson from local persons, Mr. FUEKI Akira and Mr. FUEKI Kensaku. Participants learned that the quality of rice is different each year with observing dried rice plants. In the lesson Fuekis also talked about the current condition of agriculture and challenges in village areas, and there were vigorous questionings.

Before the lesson, participants joined Tochikubo ecology research, which is conducted almost every month. They walked around the village and observed creatures. They felt rich ecosystem linked to the life of villagers in Tochikubo.

On the 2nd day, everybody predicted rain, but it was sunny from the morning, and they harvested rice under the blue sky.

Mr. FUEKI, Minoru, a local person, is an expert. He harvested and bound straws very quickly.
Mr. FUEKI, Minoru, a local person, is an expert. He harvested and bound straws very quickly.

In addition to workers at “Tochikubo Panorama Farm” who are helping every time, Mr. FUEKI Minoru and Mr. HIGUMA Kenkichi, both are in late 70’s, came and assisted the members. Thanks to those support, participants finished the work in about 2 and half hours.

Because it often rained before the program day, the rice paddy was really muddy. So it was difficult even to walk. But various plants and insects appeared as rice straws were being cut with sickles, and children were happy to catch flogs and “kanahebi,” or Japanese grass lizard. If we had used big machines to harvest, we couldn’t have done such things.

In the questionnaire after the program, many participants commented, “I felt rich nature in this village,” and “Communication with local people was heart-warming.” Repeating participants appreciate beautiful sceneries changing by seasons and grown relationship with villagers very much.

(09年第5回報告)イネの刈り取りとはざかけを体験

2009年10月17日-18日に南魚沼市栃窪地区で、地元のベテランに教わりながらイネの刈り取りと天日乾燥の作業を体験しました。

 

天気に恵まれ、はりきって稲刈り開始。
天気に恵まれ、はりきって稲刈り開始。

休日農業講座「田んぼのイロハ」の第5回講座が、10月17日-18日に開かれました。
参加したのは首都圏の学生や社会人、親子連れなど29人。約半数が学生でした。

1日目は、地元の笛木晶さん、笛木健作さんを講師に座学を受けました。実物を観察しながら、その年によってイネの出来が異なることなどを教わりました。栃窪集落の概要や営農の現状、現代の農山村の課題などにも話題が及び、質疑応答も活発に交されました。
座学の前には、ほぼ毎月行われている生態系調査「栃窪いきものプロジェクト」にも参加。集落内を散策し、生き物を観察しました。ところどころで地元の人の暮らしも垣間見ながら、栃窪集落の生態系の豊かさを学びました。

地元の大ベテラン、笛木実さん。イネを刈るのも束ねるのも、あっという間です。
地元の大ベテラン、笛木実さん。イネを刈るのも束ねるのも、あっという間です。

前からの予報で誰もが雨を予想していた2日目は、朝から晴れ、青空の下でイネを刈り取ることができました。
いつも指導してくださるパノラマ農産のみなさんに加え、笛木実さん、日熊健吉さんが応援に駆けつけてくれました。70代後半の大ベテランの加勢に参加者は元気づけられ、1反以上のイネの刈り取りとはざかけ作業を、約2時間半で終えました。
当日まで雨が多く、至る所にぬかるみがあり、歩くことも大変な田んぼでしたが、刈り取ったイネの間から様々な植物、虫たちが姿を現し、特に子どもたちは喜んで、カエルやカナヘビを追いかけていました。もし機械を使っていたら、ぬかるんだ中での刈り取りも、子どもが生き物を追いかけることもできません。

参加者のふり返りアンケートでは、田んぼと田んぼを取り囲む集落の自然の豊かさを感じたり、地元の人とのふれあいに温かさを感じたりしたという感想が多く寄せられていました。また、くり返し参加している人は、季節ごとに異なる景色の美しさや、地元の人との交流の深まりを感じているようでした。

エコな技「燻籾(くんたん)」

集落内のとあるお宅で、収穫したイネのモミがらを炭にしていました。

この頃、気温が15度を下回る日が続いています。今日は午前10時で11度でした。
集落内では、収穫した野菜を干したり、観葉植物を寒さから守ったりと、冬支度が始まっています。外ではコオロギなどの虫の音が、休みなく響いています。

高さ1メートル以上のモミがらの山。表面からは少しけむりがのぼっています。
高さ1メートル以上のモミがらの山。表面からは少しけむりがのぼっています。

さて、9日にとあるお宅の前を通りかかると、脇の田んぼの近くにモミがらの小山があり、そこからけむりが上っていました。家からでてきたおばあさんに聞いたところ、モミがらの炭を作っているのだと教えてくれました。
モミがらの山にはささっている筒の中で新聞などを燃やし、その熱でモミがらを炭にするそうです。ある程度黒くなったら水をかけておかないと、加熱し過ぎて白い灰になってしまうとか。

このモミがらの炭を「燻籾(くんたん)」と言い、畑の消毒などに使うそうです。また、昔は雪どけのあとに稲の苗を育てる場所(苗代)を作るのにも使っていたと、おばあさんは話していました。

火がついている訳ではなく、内側からの熱で炭になっていました。
火がついている訳ではなく、内側からの熱で炭になっていました。

お米の外側のからにも手を加え、いろいろな使い道を考え出す、エコな技ですね。

「やまざとの食と暮らし講座」第3回 山のおやつを味わいました。

木の実を食べ、つるを編み、少し昔の秋の山の暮らしを体験しました。
10月4日に、「やまざとの食と暮らし講座」第3回目となる「秋の山のおやつ講座」が、南魚沼市栃窪集落で開かれました。南魚沼市周辺、東京都や群馬県から、幼児1人を含む12人が参加。地元の笛木信治さんを講師に、野山で食べられる木の実を探したり、自分で集めたつるで小さなかごやリースを作ったりしました。

 アケビがたくさん実っている場所に連れて行ってもらいました。アケビの実とり放題!
アケビがたくさん実っている場所に連れて行ってもらいました。アケビの実とり放題!

午前は、集落内の野原や山道を歩きながら、アケビ、ムカゴ、ヤマブドウの一種など、9種類の食べられる実を見つけました。70代の笛木さんが子どもの頃は春から秋まで、山でおやつを探して食べていたそうです。笛木さんは実を見つけるたびに、食べ方や、その実にまつわる思い出話をしてくれました。参加者は、実をじっと観察し、そっと口に入れ、「酸っぱい」「思ったより甘みがある」「スポーツ飲料みたいな味」などと話しながら、初めての味を確かめていました。

 参加者はつる細工を作るのが初めて。「自分にもつくれるかな」と作り方を見守っていました。
参加者はつる細工を作るのが初めて。「自分にもつくれるかな」と作り方を見守っていました。

午後は、実を探しながら集めたアケビなどの木のつるで、小さなかごやリースを作りました。笛木さんからはだいたいの作り方を教わり、大きさや形は参加者の自由。つるの形もいろいろのため、個性的な作品ができ上がっていました。

40年ほど前まで、山の柴を燃料として利用し、山すその草を家畜のエサとしてすべて刈り取っていたため、野山はとてもきれいだったそうです。大人も子どもも山のものを食べ、木のつるや草の葉を道具にし、山と一体になって暮らしていたと、笛木さんは、ふり返っていました。

そうした暮らしの中で培われた知恵は、生活の変化とともに必要とされなくなり、失われようとしています。ふり返りでは、参加者から「生活に必要がなくなったからいらなくするのではなく、こんなこともできると伝えたい」「子どもたちにはこういう体験は大事と思うので、連れて歩きたい」などの感想が聞かれました。