首都圏の会社員らが計11軒の高齢者宅などを除雪

2月11日—13日に、首都圏から14人が新潟県南魚沼市の山里を訪ね、雪に埋もれた高齢者世帯の除雪作業などに当たりました。

 

一階部分がすっぽり雪に埋もれた高齢者宅の回りで雪掘りをする参加者のみなさん。
一階部分がすっぽり雪に埋もれた高齢者宅の回りで雪掘りをする参加者のみなさん。

2010年2月11日から13日の3日間、首都圏の学生や会社員など14 名が新潟県南魚沼市栃窪集落を訪問。高齢者宅など系11軒の除雪作業をしたほか、カンジキをはいた雪上ハイクや村の活性化に向けた村人との意見交換などを行いしました。

このプログラムは、地域にある身近な資源を再確認し、集落の将来計画を作るために昨年実施した「とちくぼ秋のパノラマウォーク」の第二弾。参加者の多くは、初めて見た積雪3メートル以上の雪に圧倒されつつ、「都会ではできない面白い体験だった」「これが毎日のこととなると大変」という感想を語っていました。

作業後、お茶をいただきながら、地元のお年寄りと話を交わすほっとする、ひととき。
作業後、お茶をいただきながら、地元のお年寄りと話を交わすほっとする、ひととき。

エコプラスでは、今後も雪の状況によっては、集落への除雪応援活動を行う予定です。

今回の活動の詳細は、現地での活動に当たっている「TAPPO 南魚沼やまとくらしの学校」のウェブサイトをご覧下さい。

http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=836