そり遊び、カマクラ作り、お祭り参加、、「子ども雪国暮らし体験」で思いっきり遊びました

1月15-16日に、11名の小学生が栃窪で、地元の子どもたちと一緒に雪国の冬を楽しみました。雪が吹きつける天気のなかでも、元気いっぱい遊びました。
たっぷりと雪が降り積もった南魚沼市栃窪に、「子ども雪国暮らし体験」の参加者11名が集まりました。神奈川、東京、そして地元南魚沼から小学1年〜5年生が、栃窪の子どもたちと雪遊びをしたり、お祭りに参加したり、食事作りや掃除をしたりと、雪国の暮らしと共同生活を元気に体験した2日間となりました。

さいの神で燃やす正月飾り。子どもたちが集落の家々をまわって集めました。
さいの神で燃やす正月飾り。子どもたちが集落の家々をまわって集めました。

15日は、夜に行われる「さいの神」のお祭りで燃やす正月飾りを集めから始まりました。地元栃窪の子どもたちや、活動をサポートしてくれる地元のお兄さんたちと一緒に、3つのグループに分かれて集落内の家々をまわりました。子どもたちはワラで作った飾りやお札、ダルマなどの正月飾りを両手いっぱいに持って、神社まで届けました。
飾り集めの後は雪遊び。栃窪の子どもたちが雪の斜面を思いきりソリですべる姿をみて、始めての子も挑戦。キャーキャー言いながら何度もすべっていました。カマクラ作り名人のお兄さんと、あっという間に人が入れるカマクラを作った子たちもいました。
夕食の後には集落の神社でさいの神のお祭りに参加しました。昼にたくさんの正月飾りがワラと一緒に燃え上がり、その火でスルメや餅を焼いて食べました。

雪の斜面でスリル満点のそり遊び。
雪の斜面でスリル満点のそり遊び。

16日の午前もひたすら雪に触れて過ごしました。風が強く、顔に雪が向かって降ってくるような天気でしたが、子どもたちは元気いっぱい。民家の駐車場の雪掘りをしたり、栃窪小学校のグランドで思い思いの雪遊びをしたりして、寒さの中でも体を目一杯動かして雪とのふれあいを楽しんでいました。

この1泊2日では、食事作りや後片付け、掃除なども自分たちでやり、新しい友達との共同生活にもチャレンジしました。シチューやサラダ、おにぎりを作ったり、食器を洗ったり掃除機をかけたりと、普段はやらないことにも子どもたちは一生懸命取り組んでいました。

最後のふりかえりでは、「雪遊びが面白かった」「さいの神でスルメを食べたのがよかった」「自分で作った料理がおいしくて嬉しかった」という子どもたちの率直な感想があふれていました。