Discussing the way to improve outdoor and environmental education with Professor Peter Higgins

 The seminar with Professor Peter Higgins of Edinburgh University, Scotland, was held on February 4th 2011 in Omote-sando, Tokyo, regarding the significance and the challenges of outdoor and environmental education.

 

Prof. Higgins lectured at GEOC using Powerpoint.
Prof. Higgins lectured at GEOC using Powerpoint.

 36 people, mainly the outdoor and environmental educators, gathered at Global Environmental Outreach Centre (GEOC) on February 4th, 2011, for the seminar with Professor Peter Higgins.

 Prof. Higgins suggested that outdoor/experiential education influences emotional growth and health for many of us. He emphasized that outdoor education in modern days has to consider social and economic structure of global society.

 He pointed out that all educators should teach that various concepts are closely linked and the world today is very complex. Learning to respond for a change and hope for the future is needed, as well as the consequences of our actions.

 Having reported the educational policy changes and the recent trend around outdoor education in Great Britain, he introduced the practical examples from Scotland, which have shifted its focus from school-based to more local and outdoor elements oriented.

 Mr. Ono who is in charge of promoting the experiential activities at the Ministry of Education, Culture, Sports, Science and Technology summarized the trend among Japanese young people today linked to experiences in general. He suggested that the participation rate of elementary school students in outdoor activities are declining year by year. For example, in recent 10 years children who have swum in the sea and the river has decreased rapidly from 30 % to 10 %.

36 participants gathered at the seminar.
36 participants gathered at the seminar.

 A discussion with the participants followed the two talks by Prof. Higgins and Mr. Ono. Issues raised included the necessity for a outdoor learning training course for teachers, how to secure the financial resources for outdoor education, the importance of outdoor experiences for parents, how to train the leaders of outdoor education, etc.

 Prof. Higgins emphasized the importance of research to prove the educational effect of children’s play and the necessity of outdoor experiences for parents. Finally he commented on the significance of accumulation of study results to further improve outdoor education.

50 people attended at the educational symposium in Minami-uonuma City with Professor Peter Higgins

Professor Higgins lectured in Minami-uonuma.
Professor Higgins lectured in Minami-uonuma.

 On February 6th 2011, ECOPLUS organized educational symposium titled ‘Self reliance of the local community and the power of learning’ in Minami-uonuma, Niigata with Professor Peter Higgins of Edinburgh University, Scotland.
 The symposium, held on February 6th at the auditorium of Minami-uonuma regional development bureau, attracted 49 participants including educators, city council members, and the residents of Tochikubo and Shimizu Village. Some came over from Tokyo metropolitan area.

Participants enjoyed exchanging ideas with others.
Participants enjoyed exchanging ideas with others.

 At the first session, ECOPLUS reported the activities of TAPPO and the study result which demonstrated the educational values of rural villages based on questionnaires and interviews of the program participants as well as involved villagers. At the second session, Prof. Higgins appealed the importance of outdoor and experiential education with the practical examples from Great Britain. Then the discussion among the participants followed.

 As the study result, Dr TAKANO Takako, Executive Director of ECOPLUS, reported that the participants‘ learning was linked to agriculture, living, and history of the village, which were based on the human-nature relationships, and their learning went beyond the life philosophy and values. She pointed out that rural village itself was full of learning elements.

 Prof. Higgins commented that TAPPO’s activities are the leading models in educational movement around the world, which connects the local community with school, children with adults, and social education with school education.

 Prof. Higgins lectured about the effects of outdoor and environmental education, and the connection with the local community. He introduced the words by John Dewey, ‘Education is not a preparation for life, it is life itself’, and continued to say that, for a growth of oneself, it is necessary to learn for the heart, then for the body, and finally for the brain in that order. He explained that just a thrilled experience doesn’t require efforts, and that therefore it hardly involves the sense of responsibility. It is necessary to spend a lot of time to think and strive for oneself.

 He said experience in nature increases concentration, reduces stress, and improves a problematic behavior. He introduced a concept of green, white, blue, and dark space, and emphasized that Minami-uonuma has green space, snowy white environment, beautiful blue sky and darkness at night, which makes Minami-uonuma a perfect place for learning.

 He also pointed out that place-based education should include not only nature but culture of a place, enterprise for self-reliance, and citizenship to take responsibility for ‘something bigger than themselves’.

 Then participants were divided into 10 groups, and exchanged ideas.
 A comment by high-school student struck everyone’s heart. She said ‘I had thought the education in big cities are far ahead of ours in rural area. But as I heard today’s discussion, I am convinced that it’s not true and there are lots of advantages in rural area. I’m very proud of this place.’ There was a round of applause as she finished her words.

イロハ米完売しました

おかげさまで2010年度のイロハ米は2011年1月末で完売となりました。ありがとうございました。
購入して頂いたから方の声です。
・戴いたお米は大変旨みのあるしっかりしたお味でした。
・こういう手間隙かけたものをいただいていると、体がそれだけで元気になっていく気がします。
・差し上げた方たちに「とても美味しい」と喜んでもらえました。ありがとうございました。

今年の秋の収穫にご期待ください!

地域社会と教育を語り合う〜ヒギンズ教授を招いた教育シンポジウムに50人が参加

 野外・環境教育の効果や地域とのつながりについて講義するヒギンズ氏。
野外・環境教育の効果や地域とのつながりについて講義するヒギンズ氏。

 

エコプラスは、2011年2月6日新潟県南魚沼市で、教育シンポジウム「地域社会の自立と学びの力」を開催し、中学生から高齢者まで約50人の幅広い参加者が、特別ゲストの英国・エジンバラ大学のヒギンズ教授とともに「地域の教育力」について議論しました。
6日午後1時半から、南魚沼地域振興局講堂で開かれたシンポジウムには、教育関係者、市議会議員、栃窪・清水集落のみなさんなどほか、首都圏からの教員、学生らも含め計49人が集まりました。

 グループに分かれての意見交換は、和やかな雰囲気で進みました。
グループに分かれての意見交換は、和やかな雰囲気で進みました。

シンポジウムの第1部では、エコプラスが南魚沼で行ってきた「TAPPO南魚沼やまとくらしの学校」の活動報告と、活動に参加した人たちに実施したアンケートの分析結果の発表を行いました。第2部では、ヒギンズ氏から野外・体験教育の重要性や英国での事例の紹介の後、参加者同士での意見交換をしました。

詳細な報告はこちらをご覧ください。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=952

シンポジウムの模様は、以下からネット経由で動画でご覧いただけます。
http://bit.ly/gvmrb4
http://www.ustream.tv/channel/世界の環境と教育

栃窪集落の笛木定義さん103歳が亡くなりました

栃窪集落で地域づくりに長く関わってきた長老、笛木定義さんが2011年2月6日に亡くなりました。103歳でした。
定義さんは、明治41年生まれ。1月末に「ちょっと体調が悪いから」と自分で言い出して入院した後、体が弱り2月6日朝に亡くなりました。

2007年夏、子どもたちに話しを聞かせてくれた時の定義さん。
2007年夏、子どもたちに話しを聞かせてくれた時の定義さん。

定義さんは、「100歳じいちゃん」としてエコプラスのプログラムなどでたくさんの話を聞かせてくれました。
2007年夏の「やまざと子どもショートステイ」では、子どもたちにお祭りの由来や、昔の暮らしぶりなどを聞かせてくれました。子どもたちの質問にも全て丁寧に答え、小さな子どもたちも熱心に聞いていました。
2009年秋には、TAPPOのプログラムをきっかけに栃窪のことを知ったイギリス人記者の取材も受け、この時の記事が英国の週刊誌「The Economist」の12月19日号に大きく掲載されました。

百寿の記念に定義さんが詠んだ詩「讃土地久保」。栃窪集落センター2階大広間の床の間に飾られています。
百寿の記念に定義さんが詠んだ詩「讃土地久保」。栃窪集落センター2階大広間の床の間に飾られています。

「最後まで頭脳明晰な人だった」と定義さんを知る人たちは語ります。今日は姿が見えないと思っていると、東京・八重洲のブックセンターに出かけていた、ということもしばしばあったそうです。

昭和のはじめに栃窪行われた「百円百年貯金」事業を進めたもの、当時青年団長だった定義さんでした。百円を積み立てておけば、年4分の利息で100年後には1万2千円になるという発想で、これを元手に事業を行おうというものでした。途中で戦争や通貨の切り下げがあり事業は頓挫しましたが、「世紀をまたぐ先進的な取り組みで、特筆すべき」と郷土史家も話しています。

2008年に実施した地域づくりアンケートでは、「無限の資源は無いから、人を育て伸ばせば、国、全世界に和と豊かさをもたらす。栃窪は人を作るに適している所と思う。人作りに精進して下さい。栃窪、最適の地と思う」との力強いメッセージも寄せています。

今日午前中に葬儀が行われました。白い雪原に青空が広がる素晴らしい天候です。定義さんの魂も、絶景の南魚沼を眺めておられることでしょう。

参加者感想(アンケートより抜粋)

・出て行く教育が進められる中で、残らなければならない農家の長男としては、地域にマイナスのイメージしか持てなかったが、今そこが見直されているのはうれしい。(南魚沼在住70代男性)

・これまで教育は学校と家庭で行うものと考えていました。地域全体で子どもたちを学ばせることが、子どもが自分で考えて判断し、連携して社会性を身につけられること、子どもの人間力を養うものだと聞き、感動しています。(南魚沼在住男性)

・学校教育では、同じ年代が同じ価値観で教育されていますが、地域での教育は異なる年代が違う価値観をもってあたる。この2つが両方あってうまくいくのかと思う(南魚沼在住、教員)

・私はずっと都会で育ったので、逆に自然の豊かさにひかれます。ただ、自然を楽しむには技術が必要で、誰かに教えてもらわないと難しい部分があると思います。教えてもらう場があるのは、とても良いことだと思います。(東京都在住女性)

・外部と結びつけることで、内部でも新たな価値と再発見していることは、地域の自立に役立つものと思う。(南魚沼市在住、市会議員)

ピート・ヒギンズさんを囲み、野外・環境教育のあり方を考える

エジンバラ大学教授のピート・ヒギンズ氏を囲んで、野外・環境教育の意義と課題を考えるトークセッションが、2011年2月4日夕に東京・表参道で開かれました。
4日午後6時半から、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)セミナースペースで開かれたセッションには、野外・環境教育関係者など36人が集まりました。

ヒギンズ氏は、野外・体験教育が人間の情緒的な成長をもたらし、健康にいい影響を及ぼすことを指摘した上で、これからの野外教育はグローバルな社会や経済の構造を考慮しながら取り組んでいく必要があることを強調。

また、いろいろな概念が関連しあい、世界は複雑であるということを教え、変化への対応や未来への希望、そして私たちの行動はすべて結果を伴うことを学ばなければならないと指摘しました。

さらに、英国の教育政策の変化や野外教育の実践状況を報告し、学校主体という考え方から、地域の素材と野外の学びに焦点を置いたものへと変化しているスコットランドの事例も紹介しました。

日本側からは、文部科学省で体験活動の推進に当たっている小野さんが、青少年の体験活動の現状について報告。自然体験活動への小学生の参加は年々減少しており、この10年ほどの間に海や川で泳いだことがある子どもの割合が30%から10%へと大きく減少しているなどという貴重なデータが示されました。
最後に、参加者との意見交換が行われ、教職課程におけるトレーニングの必要性、野外教育を行う財源の問題、親が自然体験をすることの重要性、野外教育リーダーの育成方法など、さまざまな問題提起があり、活発な議論が展開されました。

ヒギンズ氏からは、子どもの遊びの教育効果や、親の自然体験の大切さを統計的に示す調査研究が重要であり、こうした論拠を積み上げていくことが、今後の野外教育のあり方を考えていく上で大事であると強調されました。

この模様は、以下からビデオで見ていただけます。
http://bit.ly/gvmrb4
http://www.ustream.tv/channel/世界の環境と教育

シンポジウムでの配布資料は以下からダウンロードできます。いずれも個人的な利用に限り、無断転載無断複製を禁じます。

(ヒギンズ教授の発表資料)
http://www.ecoplus.jp/seminar201102/Higgins_Tokyo110204s.pdf
(小野保さんの発表資料)
http://www.ecoplus.jp/seminar201102/Ono_Tokyo110204s.pdf

エコプラスの夏キャンプがトム・ソーヤー奨励賞を受賞!

安藤スポーツ・食文化振興財団の主催する「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」で、2010年夏に実施したキャンプが奨励賞をいただきました。

 

エコプラスが2010年8月に新潟県南魚沼市清水で実施した「山里子ども夏休みキャンプ」が、財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団の主催する「第9回トム・ソーヤースクール企画コンテスト」の奨励賞を受賞しました。

立派な賞状です。
立派な賞状です。

この賞は、自然体験活動の推進を目的に、優れた自然体験活動の企画を支援するものです。

エコプラスが実施したキャンプは、過疎高齢化の進む山里を舞台に、小学生から高校生までが、地域の自然や伝統文化、自然にたっぷりと触れるものでした。
子どもたちの主体的な学びを促す姿勢と、地域の人たちと連携して地域活性化にもつながるプログラムであることが評価されました。

副賞は、チキンラーメン半年分!180個もいただきました。
副賞は、チキンラーメン半年分!180個もいただきました。

財団法人安藤スポーツ・食文化振興財団は、チキンラーメンで有名な日清食品ホールディングス株式会社の運営する財団です。

(トム・ソーヤースクールHP)

http://www.shizen-taiken.com/

(2010年度審査結果発表)
http://www.shizen-taiken.com/contest2010/resultf.html