参加者感想(アンケートより抜粋)

・出て行く教育が進められる中で、残らなければならない農家の長男としては、地域にマイナスのイメージしか持てなかったが、今そこが見直されているのはうれしい。(南魚沼在住70代男性)

・これまで教育は学校と家庭で行うものと考えていました。地域全体で子どもたちを学ばせることが、子どもが自分で考えて判断し、連携して社会性を身につけられること、子どもの人間力を養うものだと聞き、感動しています。(南魚沼在住男性)

・学校教育では、同じ年代が同じ価値観で教育されていますが、地域での教育は異なる年代が違う価値観をもってあたる。この2つが両方あってうまくいくのかと思う(南魚沼在住、教員)

・私はずっと都会で育ったので、逆に自然の豊かさにひかれます。ただ、自然を楽しむには技術が必要で、誰かに教えてもらわないと難しい部分があると思います。教えてもらう場があるのは、とても良いことだと思います。(東京都在住女性)

・外部と結びつけることで、内部でも新たな価値と再発見していることは、地域の自立に役立つものと思う。(南魚沼市在住、市会議員)