スミスさんが東京に到着

今回の国際イベントの講師グレゴリー・スミスさんが来日され、17日東京入りされました。打ち合わせでは、時差をものともせず、地域社会のあり方やグローバル経済の課題などについて力強い意見を述べています。

エコプラスの事務所を訪れたスミスさん夫妻と、エコプラスの高野代表理事
エコプラスの事務所を訪れたスミスさん夫妻と、エコプラスの高野代表理事

「地域に根ざした環境教育」の姿を探る国際イベントを前に、講師を務めるグレゴリー・スミスさんが、米国オレゴン州から来日しました。

今回はご夫婦での来日。週末に京都に入って、10数年前に訪ねた場所などを散策。17日に東京入りしてもらいました。

歓迎会を近所の居酒屋で。日本酒、おいしかったそうです。右端は、企画検討委員の一人くりこま自然学校の佐々木豊志さん。
歓迎会を近所の居酒屋で。日本酒、おいしかったそうです。右端は、企画検討委員の一人くりこま自然学校の佐々木豊志さん。

夕方の打ち合わせには、この事業を一緒に進めていただいているくりこま自然学校の佐々木豊志さんも合流。今後の進め方についての打ち合わせをし、長年提起されているPlace and Community-Bade Educationについて意見交換をさせてもらいました。

18日からは日本の地方の実際を新潟県南魚沼市で見ていただき、19日の同市での意見交換会、21日の東京でのシンポジウムに備えていただきます。