大雪の中で、除雪に汗を流し冬の食を堪能・・・「雪掘り道場」

みんなで記念写真。ものすごい雪で顔も見得なくなる時がありました。
みんなで記念写真。ものすごい雪で顔も見得なくなる時がありました。

2012年1月28-29日、新潟県南魚沼市清水集落で「雪掘り道場」を開きました。一晩で50センチ近く積もる大雪の中での除雪作業。食事には、地元で獲れたシカやイノシシも登場、山里の暮らしや文化に触れました。

プログラムに参加したのは、東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、栃木、静岡など関東各県や地元南魚沼市から、30歳代から50歳代までの13名。

登山者用の公衆トイレ。傾斜がゆるいので、初心者には格好の実習場所になりました。
登山者用の公衆トイレ。傾斜がゆるいので、初心者には格好の実習場所になりました。

1日目は、雪掘りの講習と作業が行われました。まずは地元の長老たちから、雪掘りに伴う危険や道具の使い方などを教わりました。その後、スコップやスノーダンプ、コシキ(大きなへら状の伝統的な除雪道具)などを使って、民家や公衆トイレ、作業場の屋根など集落内の各所で実際の作業をしながら、雪の扱いを学びました。
<詳細はこちら>
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=1028