みのりにあふれる山里の秋を堪能(続き)

集落の共同作業に加わって、水路の整備を手伝いました。
集落の共同作業に加わって、水路の整備を手伝いました。

地元の共同作業にも参加して、山里の暮らしぶりを実感しました。

2日目は、朝8時から地元の共同作業に参加させてもらいました。18世帯60人の小さな集落は、豪雪期には4mの雪で埋もれます。その雪を消すために必要な水を確保するために、村に引き込まれた4本の水路を整備する作業です。

男たちが10数人。刈り払機などと積んだ軽トラで続々集まり、そこにスタッフを含む11人のエコプラスチームが加わって、各方面に散りました。

別の場所を歩くと、天然のクリタケが大量に発生していました。
別の場所を歩くと、天然のクリタケが大量に発生していました。

地元の方が草を刈り、エコプラスチームが倒れ込んだ草を出し、所々で流れを止めている倒木類を引きずり出しながら、順次水路を整備していきました。

この作業ができなくなると、玄関回りなどの雪を消すことが困難になって、高齢者だけの世帯などは暮らしが大変になっていきます。

「限界集落」の限界とは何かを、実感する体験となりました。

参加者のみなさんからは、「本物のナメコに感動した」「地域づくりの応援のためにぜひナメコを東京のレストランに紹介したい」など、地方と都会をつなぐ新しい関係への提案も出されました。

ナメコツアーは、10月13-14日にも予定されています。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=1071

ちょうど取り頃となるナメコの赤ちゃんも多数観察されました。ナメコの最盛期をいよいよ迎えるようです。