紅葉のまっただ中、田起こしを楽しむ

晴れ上がってぼかぼかした陽気の中、村人と一緒になって新米でのモチや野菜たっぷりのけんちん汁などで収穫を祝いました。
晴れ上がってぼかぼかした陽気の中、村人と一緒になって新米でのモチや野菜たっぷりのけんちん汁などで収穫を祝いました。

2012年11月3-4日、新潟県南魚沼市の栃窪集落で休日農業講座「田んぼのイロハ」の収穫祭編が開かれました。首都圏などから集まった14人は、色鮮やかに染まった山々を望みながら、山里の農を楽しみました。

11月3-4日、休日農業講座「田んぼのイロハ」の収穫祭編が行われました。

首都圏などから小学校1年生から60代のシニアまで、幅広いみなさんが参加しました。

冬型の気圧配置となった3日(土)は、断続的に冷たい雨が降る中、地元で5年間続けてきた生きもの調べに同行。集落内の空き地にある池などで、アカハライモリやバイカモなど絶滅危惧種に指定されるような貴重な生きものも含め、じっくりと観察しました。

池の中からは、オタマジャクシがいくつも見つかり「このまま越冬する」という講師の解説に驚きました。

無農薬田んぼで、田起こしに挑戦する女性たち。昔ながらの3本ぐわで、稲の株を一つづつひっくり返していきます。
無農薬田んぼで、田起こしに挑戦する女性たち。昔ながらの3本ぐわで、稲の株を一つづつひっくり返していきます。

午後後半の座学では、地元集落の農家で、集落営農組織の中核メンバーでもある笛木久稔さんが、今年一年のコメ作りを振り返り、さらにいまの米農家の経営について実態を語ってくれました。

快晴となった4日は、作業開始前に集落の背後にある標高700mの展望台に。日本百名山の一つ巻機山(1,967m)などの山頂には雪がかかり、中腹が鮮やかな紅葉に彩られた雄大な景色に見とれました。

休日農業講座で使わせてもらった「イロハ田んぼ」は、刈り取りが終わった後、雨の水が溜まり、稲株からもう一度新芽が伸びた状態になっていました。
この株を、三本ぐわを使って一つひとつ起こしていく「田起こし」では、「もう4年もやっていますから」というベテラン参加者の指導で、みんなが挑戦。「あー、握力がなくなった」「リズムですね」などと話を交わしながら、広い田んぼを進んでいきました。