エコポイントご寄付をありがとうございます

エコプラスは、エコポイントの環境寄付の相手先として指定を受けています。2013年3月末までに合計150万円あまりの寄付をいただきました。ありがとうございます。

家電製品に付加される「エコポイント」の寄付先の一つにエコプラスが指定されています。

エコポイントは、電力消費が少ない冷蔵庫や液晶テレビを購入し、また古い製品をリサイクルした際に、得ることができます。

エコポイントは、品物と交換することが出来ますが、環境に貢献する市民組織への「環境寄付」も出来る仕組みになっています。環境寄付の指定団体は、181。温暖化防止、リサイクル、自然保護、大気・水・土の保全などのカテゴリーに分かれており、エコプラスは、環境教育分野の50団体の一つに指定されています。
2012年3月末までに、住宅エコポイントと合わせて、合計1,510,212円のご寄付をいただきました。

ご支援に心より感謝申し上げます。

Intimate homes, 日本の家庭にひたる

After 15 years, Tina met with her host family in Japan. At that time she was a high school students and now she is leading the team.

15年前にホームステイした家族と再会した今回の引率者ティナ。前回は高校生でした。

130325懇親会Tina再開s

Coming back from home staying, students and family members had nice time over sushi roll.

ホームステイから戻った若者たちは、ホームステイ先の家族のみなさんと一緒に、手巻き寿司をつまみながら、話を楽しみました。

130325懇親会全景s

 

When the party concluded, the snow started. Temperature was going down. Next day, we will go to mountain side..

楽しい懇談会を終えると、外は雪。一気に冷え込んできました。

130325夜の雪s

Sushi Party in Niigata, March 25th, 70人近くで巻きずしパーティ

by GOTO Ei

Natsumi, Mr.Ohmae and I went to the supermarket to prepare for today’s exchange session. At 3 pm , we started preparation. Cooking rice, cutting cucumbers and raw fishes.

At 5:30pm, Yapese and host families gathered at Shiozawa Seminar House. The session was held with many local foods. For example, they gave us yellow pickles(Takuan) , sermon, boiled plants(Zenmai), etc. We ate Temaki-sushi.130325懇親会巻きずしs.jpg  130325夜のミーティングs.jpg

At the session, Tina met the family who hosted her 16 years ago. The host mother and father came to the session to meet her. They looked so happy and I was impressed.

Mr. Nozawa, who is a photographer, showed us a picture show. It included pictures of Yap and Japan! I haven’t been to Yap , but want to go there. Because all the pictures were beautiful.

After that, Yapese and Japanese had a meeting each. Yapese finished at 11pm. Chaperones and young staff finished around 12 am. Actually, I was sleepy, but it was very good to talk about many things.

夜の交流会のために、菜摘さん、大前さん、それに私で地元のスーパーに買い出しに行き、午後3時から、ご飯をたき、キュウリや魚を切って、夕食の準備を始めました。

午後5時半ごろから、ホストファミリーに連れられてヤップの若者たちが戻って来ました。70人近くが集まり、たくあんやゼンマイの煮物も登場。みんなで手巻き寿司を作りながら郷土料理も楽しみました。

交流会には、ティナが16年前にホームステイした家の夫婦も登場して、再会。感動的な場面になりました。

地元の写真を撮ってきた野沢さんが、ヤップを訪ねた時の写真とともに南魚沼の四季を示すスライドを上映してくれました。私はヤップに行ったことがないので、きれいな写真を見てとても行きたくなりました。

その後は、ヤップと日本の若者がそれぞれ何をこれまで学んだかを議論し、ヤップの若者たちの会話は午後11時まで、日本の若者とスタッフのミーティングは午前零時まで続きました。とっても眠いのですが、いろんなことを話すことができてよかったです。今日の報告担当 後藤瑛

Volunteers for the trip, ヤップの若者を支える日本の若者

From tomorrow night, students from Yap will stay in an ex-dormitory of Shiozawa Junior High School. For that sake, volunteers are preparing sheets for sleeping bags.OLYMPUS DIGITAL CAMERA

明日、ホームステイから戻ってくると、塩沢中学校の元寄宿舎に泊まる。ボランティアの若者2人が寝袋用にシーツを筒状に縫ってくれています。

Arrived to the snow country, 雪の新潟に到着

130324公民館からs

After having 2 nights at host families in Tokyo, students from Yap moved to Minamiuonuma, Niigata, where still 1 meter of snow remains.

東京でホームステイ2泊を過ごした一行は、まだ1mの雪が残る新潟県南魚沼市に移動しました。

130324塩沢引き渡し全員s

Again, they are to have one more night with Japanese families here. They will experience life in rural Japan.

こちらでもう1泊、ホームステイ。日本の地方の暮らしを体験します。130324空手02s

Some of those were joining Karate class at the community center.

何人かは公民館で空手の基礎を教えてもらいました。

Business day, March 22nd, 3月22日企業を訪問

Today, we study all the day. After we checked out Youth Hostel, we went to a construction company by train. This is first time for them to take a train. The company is involved with Yap very much. We have very careful explanation about “development and environment” in this company. For Yap, development is very important word. “What do they want to change Yap from now on?” This is important question for them. In the afternoon, we moved by subway and visit the hotel, after we had lunch. “What can we do for environment in this business we know that obviously destroys environment. We must think too many things. And thank you for these companies to welcome kindly. After visiting these companies, we went to Hibiya Park, saw stone money which set in there, and came back to Youth Hostel. On arriving there, we had an explanation about homestay. After that, they were picked up by their host family.

130322前田講座01s 今日は一日勉強の日でした。午前中はユースホステルをチェックアウトした後、初めての電車に乗り、ヤップ島とも関係の深い建設会社に行ってきました。ここでは、開発と環境についてとても丁寧に説明してもらいました。

特に開発という単語は今のヤップにとって、とても大事な単語になっています。これからのヤップをどうしていきたいのか。彼らがこれからよく考えていかなければいけない課題です。午後は地下鉄で移動をして昼食をとったあと、あるホテルを見学させていただきました。環境によくないとわかっている事業の中で環境への負荷を軽減させるためには何ができるのか。いろいろ考えさせられました。

どちらの会社もお忙しい中とても暖かい歓迎をしていただきました。会社見学のあとは日比谷公園にある石貨を見て、今度は地下鉄に乗ってユースホステスまで帰ってきました。帰ってきてすぐホームステイについて説明があり、その後各ホームステイ先の家族に迎えられ少し照れて硬くなりながらもあいさつをし、ユースを去っていきました。

How do they feel about first trip by train? They looked little nervous for using tickets and riding on a train. And some Yapese was surprising at big noise made by train. Then, I wonder they have no idea to look stone money in Japan, they were surprised at stone money in Hibiya Park. Some Yapese thought why does this stone money fall sideways, another thought how valuable is this stone money. If you want to see the stone money, please look for!!

130322地下鉄の切符 初めての電車移動はみんなにとってどうだったのでしょうか。初めて切符を使って改札を通り、ほとんどの子が初めて乗る電車に緊張しながら乗っていました。電車から降りた後、電車が通りすぎるたびにする大きな音にとても驚いている子もいました。また、日本で見るとは思わなかったのか、日比谷公園にある石貨にもみんな驚いていたみたいです。驚きながらも、石貨の向きがちょっとおかしくて首をひねっている子や石貨の価値が気になっている子もいました。気になった方は日比谷公園で石貨を探してみてください!

昨日、今日と新しいことが目白押しで盛りだくさんな内容に疲れたかもしれませんが、ホームステイでは少しゆっくりできるでしょうか。明日からのホームステイでどんな体験が待っているのか楽しみですね。みんなで共有する時が楽しみです!
あ、一日遅れてすみませんでした;;

They may be tired because they had so many newly experiences in few days. But can they relax at their homestay? Please enjoy your homestay!! I’m looking forward to sharing their experiences!

P.S. Sorry for being late for submitting;;
Written by Yuki Yoshimura

Home stay! ホームステイに出発

At 5 p.m. family members were showing up to pick up their hosting students. Many of those visited Yap before and now are grown up having their own family members. Yapese students were a bit nervous but with those young sisters and brothers, they headed to their homes with smile.

130322ホームステイ02

午後5時、次々とホームステイ先の家族たちが迎えに来ました。ほとんどがヤッププログラムの経験者。いまでは自分の家族も持つまでに成長しています。緊張気味だったヤップの若者たちも、ちっちゃな兄弟たちの出迎えで、ニコニコしながら出かけていきました。130322ホームステイ03

Lunch and subway, お昼ご飯と地下鉄

During corporate visits, students took lunch in an open cafeteria in central business area, Yurakucho.

会社訪問が続いたこの日の昼食。有楽町のビルの谷間にあるカフェテリアで移動販売の車のお弁当を買って食べました。

130322お弁当を食べる

On the way back to the hostel, they experienced to take a ride on subway.

帰り道、地下鉄を体験。切符を手に緊張して帰りました。

130322地下鉄の切符

Visiting big businesses, 大企業を訪問

The day 3 would be ‘Big business day.’ Students started to have a lecture at Maeda corporation, a global construction company which once build fishing harbors and large freezers in Yap.   The company provided them a overview of environmental issues in general and then moved to their cases in their development activities. 130322前田講座渡辺さんs

3日目は、企業訪問が続きます。午前中は前田建設を訪問。ヤップ島で漁港施設や冷凍庫を建設したことがある会社で、ヤップでの経験を今でも語る社員がいるそうです。ここで環境問題全体の講義を聞き、同時に具体的な開発の中での環境への配慮の方法について説明を受けました。

130322前田講座02s

On the way to Maeda corporation, students took a ride on a commuting train.

前田建設に行く途中、一行は中央線に乗りました。ほとんどの若者たちには初めての電車。緊張していました。

130322電車に乗るs

Busy day, March 21st, 3月21日の記録

21th, March, 2013
bySAKANE Natsumi
Today was one of the busiest day. And the weather was totally different from that of yesterday: it was cold and windy.
Most Yapese seemed to feel cold all day long. (some got out without giving it too much thought about the weather so they seemed even to get frozen. anyway, in a sense, it was a good experience for them to know the difference of climate before they go to Nigata)
We gathered at 7 in the morning!! (crazy….so early!!) We got on a bus and went to Tsukizi Fish Market.
At the market, Mr.Hirako showed us some restaurants which he recommended to have breakfast.
After we had breakfast, Mr.Niimi from Daito Gyorui company took us to see through the fish market. There were plenty of fish with different types, colors and shapes. Many of those fish seemed familiar to Yapish students.
And then Mr.Niimi gave us a lecture and showed us a video about how the fish market is working now and its history.
For me this was also the first time to see around Tsukizi fish market, so it was amazing and I learned about a lot of things.
Next we went to the “Chuohu Bohatei,” it is the dumping site of garbage from all over Tokyo 23 wards.
It was huge area. Even Japanese, we rarely see inside the dumping site, so there were a lot of things which I knew for the first time .
 OLYMPUS DIGITAL CAMERA
Then, we tested water visibility in two spots in order to compare with that in Yap.  At a river management center and we were welcomed by a lot of officers and through the lectures here we learned that water and waste are really connected issues.
In late evening we took “UDON,” or Japanese noodles and had reflection session at the youth hostel exchanging opinions over trash and water issues.
At the end, I really appreciate my friend, Xinle, for her hard work for the translation in such busy schedule.

今日は一番といっていいくらいに忙しい日でした。

また気候も昨日の暖かな陽気とは打って変わり、寒くて風も強く、ヤップの子たちは日本の洗礼をうけたようでした。
(多くは寒さを甘く見て、一日中凍えていました。しかし、新潟に行く前でよかった)
 朝、7時にロビーに集合してバスに乗り、築地に出発。
 築地では、平子さんの案内で市場内で朝ごはんをいただき、その後、大都魚類の新美さんの先導で場内の魚売り場を見学させていただきました。
 そして、その後、会議室で主に築地市場につい てのビデオとレクチャーを受けました。
私自身も築地の場内に入るのは初めてでしたので、新しく知ることばかりで興味深い見学でした。
 次に中央防波堤に向かいます。ここは東京都23区のごみの最終処分場です。
 その後、荒川の知水資料館にも行きここでもレクチャーを受けましたが、ごみと水は別々の問題ではなく密接した問題であることを再確認させられました。
 途中、荒川と青梅川ではヤップの子たちが透明度を調査。彼らは同じことをヤップの海でもやってきたので、比較して振り返りミーティングでその結果についても議論しました。(結果は報告書をお楽しみに)
 予定より1時間遅れの帰りとなりへとへと。(もちろん、日本人も。うー ん、日本人のほうが!?)
 夕飯ははなまるうどんで各々楽しそうに好きなものを注文して……
そ ろそろ彼らも、ごはん前の「いただきます」、後の「ごちそうさま」は慣れたもの。お箸も大半がだいぶ慣れてきて楽しそうに夕食を食べていました。
 最後にホテルに戻って、振り返りです。昨日の簡単なものとは違い、たくさんの場所に行った今日は、振り返りもより踏み込んだ内容になります。
 それぞれに意見を言って考えを深めていき、およそ1時間。眠気と闘いながらのミーティングはヤップに行ったことのある人たちは経験済みだと思いますが、ヤップの子たちも頑張っていました。
 今日はテーマが水とごみということで、朝早くからたくさんの 場所にいき、レクチャーも3つほど受けたので、スケジュール的にはタイトでしたが、様々な問題が絡み合った、一筋縄ではいかない現実をみることができ、私たち日本人にとっても、もちろんヤップの子たちにとっても実り多き日でした。
 今日の寒さで風邪をひいたりする子がいないことを祈ります。
 最後に、通訳のために前準備を念入りにしてくれた友人のシンレ、ありがとう。とても感謝しています。
 坂根菜摘