[PBE]山形県小国町視察・現地討論会を実施しました

「地域に根ざした環境学習」モデルの構築事業(PBE事業)の3年目の活動の1つとなる、日本各地での現地討論会の1回目を山形県小国町で行いました。
「地域に根ざした環境学習」モデルの構築事業(PBE事業)の3年目の活動の1つとなる、日本各地での現地討論会の1回目を山形県小国町で行いました。広大な田んぼを抜け、荒川をさかのぼるとそこに小国町があります。1日目は80年近くキリスト教の倫理観のもとで運営されている基督教独立学園を視察し、説明をうけました。続いて、小国町の山口副町長の案内のもと、先進的なアイデアのもと改築したが後に休校となり、現在は芸術家のアトリエとなっている旧小玉川小学校を見学しました。2日目は現地討論会。高野委員がこれまでの2年間について説明したり、山形県金山町でこども園を運営する井上さん、小国町の仁科さんから事例報告を受けた後、「持続可能な社会」「環境教育」「地域に根ざす」というテーマについて議論を交わしました。