集落住民とボランティアでナメココマ打ち作業を実施

ブナの丸太をチェーンソーで玉切りに。急斜面での危険な作業なので緊張感があります。
ブナの丸太をチェーンソーで玉切りに。急斜面での危険な作業なので緊張感があります。

2013年6月16日(日)に南魚沼市清水で、集落住民とボランティア4名、エコプラススタッフ4名が一緒になり、2年後の収穫を願いながらナメコのコマ打ちを行いました。

2013年6月16日(日)に新潟県南魚沼市清水地区でナメコのコマ打ちを行いました。作業は集落住民と東京や南魚沼市内からのボランティア4名とエコプラススタッフ4名で行われ、7000個のナメコのコマを打ち込むことができました。

戸数20,人口57人の少子高齢化に直面している清水集落では村の活性化のために5年前から集落外の人とも一緒にナメコの特産化を目指す取組みを始めています。今年のコメ打ちも東京や南魚沼市の市職員や高校生など4名のボランティアが参加してくれました。

作業は昨年の冬に切り倒しておいたブナの丸太を、チェーンソーで玉切りにし急斜面を転がして収穫しやすい場所に設置しました。地元では、この丸太を斜面に転がす作業を「コロマク」と言い、転がす先に人がいると非常に危険なので「下ろすぞー!」と声を張り上げて行う緊張感のある作業です。設置された丸太に電動ドリルで穴を開けたところに、金づちでコマを打ち込みました。

電動ドリルでの穴開けとコマ打ち作業は効率を考え、分担して行いました。
電動ドリルでの穴開けとコマ打ち作業は効率を考え、分担して行いました。

前日降った雨で足元はゆるんでおり、急斜面では滑らないように踏ん張りながら作業を行い、7000個のコマを打ち終えることができました。

今回打ったナメコは2年後の秋から本格的に出始め、「巻機山源木なめこ 夢清水」として販売される予定です。
今年の秋は、2年前までに打ったナメコが本格的に収穫できます。

以下の清水集落のブログでも作業の様子がわかりますのでご覧ください。
ナメコの駒打ち作業