Hot Discussion on PBE~Kiyosato Meeting 2013

shot from \"3-Hour Workshop\"
shot from \”3-Hour Workshop\”

November 16-18, 2013, Annual Kiyosato Meeting was held in Kiyosato, Yamanashi. Over 200 people involved in environmental education gathered at same place and ECOPLUS made presentation and workshop focus on PBE (Place-based Education) to the participants. A lot of people discussed about what is \”root in the place\”.

Novemver 16-18, 2013, Japan Environmental Education Forum(JEEF) held 27th \”KIYOSATO MEETING\” in Yamanashi Pref.
Over 200 people gathered from all across Japan and had workshops, presentations and information exchange.

ECOPLUS gave \”3-hour Workshop\”, \”10-min Presentation\” and \”Booth Exhibition\” on Place-based Education(PBE).

Individual comments about \"how to root in the place\"
Individual comments about \”how to root in the place\”

In \”10-min Presentation\” part, 27 organizations and individuals gave audience brief presentations. Mr. Mizumura from ECOPLUS introduced PBE basics and committee activities of these 3 years. Stimulating theme collected over 50 audience to the booth.

\”3-hour Workshop\” on second day gathered 33 participants. Mr. Ohmae, General Manager of ECOPLUS introduced PBE idea, world\’s trend and ECOPLUS\’s activities. After comments from Dr. Abe (Rikkyo University) and Mr. Takagi(NPO Neos), workshop moved to group discussion.

In each group, members discussed and introduced; their activities, necessity to \”rooted in place\”, relationship between cities and countrysides, why young generation goes to city after studying, citizenship and so on.

Lastly, each person filled a comment sheet, which says \”What is \”rooted in the place\”\”. Some answers are; \”notice, learn, change and continue\”, \”to have a place to die, make place to own hometown\”, \”people live in the regions take activities as their own matters\”, etc.

ECOPLUS\’s committee on PBE with 7 professionals to build \”a model of PBE\” will hold a international symposium and last session on 1st February 2014 at Rikkyo University.

「地域に根ざした環境教育」に大きな注目・・・清里ミーティングで

3時間ワークショップの様子。
3時間ワークショップの様子。

2013年11月16日から山梨県清里で開かれた清里ミーティングで、エコプラスが地域に根ざした環境教育(PBE)の発表や展示、ワークショップを行いました。環境教育に関心を持つ学生、企業人、自然学校関係者200人の集まりの中で「地域に根ざす」ことの重要性を訴え、大きな注目を集めました。

ひとりひとこと「地域に根ざすとは」
ひとりひとこと「地域に根ざすとは」

2013年11月16日から山梨県清里で開かれた清里ミーティングで、エコプラスが地域に根ざした環境教育(PBE)の発表や展示、ワークショップを行いました。環境教育に関心を持つ学生、企業人、自然学校関係者200人の集まりの中で「地域に根ざす」ことの重要性を訴え、大きな注目を集めました。

詳細
2013年11月16-18日にかけて、日本環境教育フォーラム(JEEF)が主催する清里ミーティングが山梨県北杜市清里のKEEP協会で開催されました。今年で27回目。環境教育についてのワークショップやプレゼンテーション、情報交換の場となりました。

エコプラスは「地域に根ざした環境教育(PBE)」をテーマに、発表などをしました。

初日の基調講演の後に行われた「10分間プレゼンテーション」では、27の団体や個人が5ブースを舞台に10分ずつ同時並行で発表をしました。エコプラスからはスタッフの水村賢治さんが、過去3年間,専門家のみなさんと取り組んできた研究会の概要を報告。ブースには50人以上の一番大きな人だかりが出来注目を浴びました。

2日目の午前中に行われた「3時間ワークショップ」では、10あるワークショップの中で最大の33人に参加していただきました。。最初にエコプラスの大前純一事務局長がスライドを使ってPBEの概念、世界の潮流、エコプラスが主催する研究会について説明した後、阿部治立教大教授の説明と高木晴光ねおす理事長の事例紹介が行われ、グループ討論に移りました。

各グループでは、日本各地の事例紹介や、環境教育が地域に根ざす必要性について、都市と田舎の関係について、なぜ若者は学べば学ぶほど都会に出ていくのか、PBEと学校教育の関係について、地域愛と市民参加について、など多岐にわたって熱心に議論が進みました。
最後に「地域に根ざすとは…」というコメントシートに記入してもらい、さまざまなアイデアが示されました。
「気付き、知り、変わり、続けること」「墓場をもつこと、自分の田舎にすること」という根本的なことから、「元からある地域の資源を行政・市民・学校など関係なく協力して活用する」「地域の方が他人事でなく自分事として捉えられる活動をすること」など具体的なものまでがありました。

7人の専門家が進める「地域に根ざした環境教育のモデルの構築」研究会もいよいよ終盤に入りました。来年2月1日には立教大学でまとめ・国際シンポジウムを開きます。

2013年ヤップ島プログラムの報告会が開かれました

家族や友人らを前に、最後のまとめをのべる今年のヤップ島プログラムの参加者たち。
家族や友人らを前に、最後のまとめをのべる今年のヤップ島プログラムの参加者たち。

2013年11月17日に東京都千代田区の神田公園公民館でヤップ島プログラム2013の報告会が開かれ、集まった50人近い学生や社会人を相手に、今年の参加者12人がアイデアいっぱいの発表を繰り広げました。

今年のヤップ島プログラムに参加した若者12人が、遠くは大阪や新潟からも集まって、にぎやかな報告会を開きました。

寸劇仕立ての報告も行われ、会場は和やかな雰囲気に包まれました。
寸劇仕立ての報告も行われ、会場は和やかな雰囲気に包まれました。

ヤップ島でのプログラムから2カ月半、事前の説明会からは半年という長丁場のプログラムですが、若者達は確実に何かをつかんで大きく頼もしくなっていました。

詳しくは以下でどうぞ。
http://www.ecoclub.org/showart.php?lang=ja&genre=10&aid=558

むらの人々とあたたかな時間を共有・・・田んぼのイロハ収穫祭編

株をくわでひっくり返し、来年に向けて分解させるための田起こしを体験しました。
株をくわでひっくり返し、来年に向けて分解させるための田起こしを体験しました。

2013年11月2~3日、新潟県南魚沼市栃窪集落で、休日農業体験講座「田んぼのイロハ」の収穫祭編を開催しました。関東や地元南魚沼から集まった参加者9名が秋が深まる集落を散策。来年に向けた田起こしを体験したり、地元の収穫祭に参加したりしました。

2013年11月2~3日、新潟県南魚沼市栃窪で、休日農業体験講座「田んぼのイロハ」の収穫祭を開催しました。地元の長老に集落一帯を案内してもらったのを皮切りに、結婚式に向かう花嫁の見送り行事や集落の収穫祭に加わるなど、村の人の輪に迎えられて、あたたかな時間を過ごしました。

集落のみなさんもあつまっての収穫祭。4升分のもちもあっという間になくなりました。
集落のみなさんもあつまっての収穫祭。4升分のもちもあっという間になくなりました。

参加したのは、関東や地元南魚沼からの学生や家族連れ、シルバー世代など9人。

1日目は真っ青な空が広がる中、集落と裏山を散策。黄色の中に鮮やかな赤色が混じる見事な紅葉の中、古くからの家々の間を歩き、見つけたマタタビやムカゴの実を味わいました。ケンポナシというごつごつした枝状の実は、口にすると確かにナシの香りがして、みんなびっくり。見晴らしのいい高台からは、八海山など2,000m級の越後三山が紅葉をまとってくっきりと浮かび上がっていました。
午後の後半は今年の米作りを振り返る講座。地元の集落営農組織「パノラマ農産」の笛木晶社長が、「今年は暑かったり、雨が続いたりとおかしな天気だったが平年並みの収穫ができ、味は上々だ」という話を聞きました。質疑応答では、減反の中止やTPP、食の安全にまで話が拡大。農業が自由化されると株式会社の農地取得が広がり、そうなると外国資本による田んぼの買い占めなどが起きるのではないか、などという話が交わされました。

2日目の朝は、今年プログラムで米作りをした「イロハ田んぼ」で、田起こし体験。3本ぐわを使って稲株を一つひとつひっくり返す作業を地元のベテラン桑原一男さんから習いました。稲の茎を土にふれさせて分解を促進することで、田んぼの土づくりにつなげます。桑原さんの動きは重心がぶれず、リズミカルに次々と株を起こしていきます。最初は慣れない動きに苦労していた参加者も次第にコツをつかんで、互いに声をかけながらどんどんと前進。時折、尻餅をついたりして、笑い声が絶えない時間となりました。

お昼は集落の収穫祭。地元で取れたもち米を使って、臼と杵でもちをつき、それに地元野菜がたっぷり入ったけんちん汁、さらに新米おにぎりにお漬物。公民館前の広場に机を並べて、地元の小学生からおじいちゃんおばあちゃんまでが集まってきて、イロハ参加者ら外部の人たちと交流する場となりました。

参加者の中には田んぼに入ることや田起こし作業、それに稲穂を見ることが初めてという人も。お金を出して買っている食べものがどうやってつくられるかや、現代と昔のお米の作り方の違いなど多くをを学びました。

また2日目の朝には結婚する女性を集落のみんなが見送る昔ながらの儀式に出会いました。地元でも何年ぶりかという祝いの時を共有することができました。

参加者のみなさんからは「農と食ということについて、実感を持って話を聞けた」「当たり前のように出てくる食べ物の奥にある世界を見た。土から離れた暮らしをしているのはよくないと思った」などと参加者は話していました。

今回で2013年の「イロハ講座」は修了。これから田んぼの上には4mの雪が積もります。次回は雪が溶けた後、2014年の春からまた始まります。みなさま参加お待ちしております!