無農薬栽培天日乾燥米の予約を始めます

異常気象とウィルスのダブルパンチの集落を応援

 この冬の異常気象、覚えておられるでしょうか。日本中の多くのスキー場が雪不足で泣きました。もう山の雪はどんどん溶けています。新潟県でも5月ごろに本格化する田植えに果たして水が足りるのかと、農家は大変心配しています。おそらく作付け出来ない田んぼ、植えても水不足でカラカラになってしまう田んぼが続出する気配です。

 新型コロナウィルスの影響も重なって、スキーに支えられるホテル、旅館、スキー場運営会社、その周辺産業すべてが売り上げ半減以下という打撃を受けています。

 エコプラスがお世話になっている南魚沼市栃窪集落も、雇用削減による収入減で大ピンチです。水不足必至とあって、田んぼの水を誰が先に使うかの「水争い」が起きるんじゃないかという声まで聞かれます。

 この応援のために、秋に出来上がるであろうお米の予約受付を始めます。流通を通さずに消費者に直接販売することで、農家には通常よりも高い代金が入ります。