「子ども」カテゴリーアーカイブ

地球市民アワードプログラムの研修会を行いました。

これから、各地で子どもたちの活動が始まりそうです。

研修会の様子
研修会の様子

7月6日(日)13:00-17:00、オリンピックセンターで研修会を行いました。

高野から、プログラムの概念、持続可能な社会作りの教育のコンセプト、体験活動やふりかえりの大切さの説明の後、実際にどう活動ができるか、参加者のみなさんから意見を出してもらいました。

地球市民アワードプログラムの概念を説明する高野孝子
地球市民アワードプログラムの概念を説明する高野孝子

「近所や親戚の子どもと始めてみたい」、「体験の大切さを改めて感じた」、「可能性が広いと感じた」などの感想が参加者から寄せられました。

地球市民アワードプログラムの研修会を行いました。

研修会の様子
研修会の様子

これから、各地で子どもたちの活動が始まりそうです。

7月6日(日)13:00-17:00、オリンピックセンターで研修会を行いました。

高野から、プログラムの概念、持続可能な社会作りの教育のコンセプト、体験活動やふりかえりの大切さの説明の後、実際にどう活動ができるか、参加者のみなさんから意見を出してもらいました。

地球市民アワードプログラムの概念を説明する高野孝子
地球市民アワードプログラムの概念を説明する高野孝子

「近所や親戚の子どもと始めてみたい」、「体験の大切さを改めて感じた」、「可能性が広いと感じた」などの感想が参加者から寄せられました。

研修の詳しい内容は、後日アップさせていただきます。

WARD(世界子孫代理人会)から感謝状

606-l感謝状をいただきました。

「子孫達が生きられる資源と環境を残そう」と活動されているWARD(世界子孫代理人会)から、感謝状をいただきました。

地球の資源と環境の保全に寄与している組織と個人に贈られるもので、エコプラスは、2年前から開発している「地球市民アワード」や今までの自然体験活動、環境教育プログラムが評価されました。

WARD(世界子孫代理人会)WEBサイト
http://www.interq.or.jp/earth/ward/

地球市民アワードプログラムとは?

パンフレットです。
パンフレットです。

2年間かけて開発してきた、子どもが地域で自然、文化、社会の活動を行うとアワード(賞)がもらえるプログラムです。子どもが地域との関わりを持て、総合的な学びを得ることができます。

 

<“地球市民アワード“プログラムのサイト>
http://www.gcaward.com/
ECOPLUSは、2008年春から “地球市民アワード“プログラムを実施しています。

地球市民アワードプログラムのサイト
地球市民アワードプログラムのサイト

●“地球市民アワード“プログラムについて
子どもが地域の自然や文化、伝統をもっと知り、地域の人たちとふれあい、地域とたくさん関わっていくためのプログラムです。子どもたちが地域で、自然、文化、社会などの定められた分野の体験活動を重ねた実績に応じて、それぞれが学んだことを評価し、その達成を記念するアワード(賞)を与えるというものです。子どもたちは、活動記録ノートに記入しながら活動することで、体験を学びにすることができます。

英国では、青少年を対象とした同様のアワードプログラム(デューク・オブ・エジンバラ・アワード、ジョン・ミュア・アワードなど)が盛んですが、日本では初めての試みです。現在日本で必要性が唱えられている子どもたちの地域での体験活動を奨励するものとして期待されています。

二年間のプログラム開発にあたっては、北野日出男氏(社団法人日本環境教育フォーラム会長)、松下倶子(前独立行政法人国立青少年教育振興機構理事長)、森良氏(NPO法人ECOM代表)、横山隆一(財団法人日本自然保護教会理事)、陶山佳久氏(ECOPLUS理事、東北大学農学部助教授)に開発委員会のアドバイザーとしてご協力いただきました。

また、2006年度トヨタ環境助成、2007年度子どもゆめ基金助成(教材)をいただき開発されました。

今回始まったアワードプログラムは、大地賞(初級)です。風賞(中級)、光賞(上級)も、今後行われる予定です。

開発のためのパイロットプログラムに参加した子どもたちからは、「自分の身の回りにはたくさん伝統があり、それを守りたいと思った」「都心なので、自然もそんなにないと思っていたが、実際見てみるとたくさん自然があった」「昔から今まで、大切に受け継がれてきたものは宝物や建物だけでなく文化や技術もあることを知った」「地域を歩いてみるといろいろなものが見えてきた」などの感想が寄せられています。

プログラムの詳細は
http://www.gcaward.com/
をご覧ください。参加するために必要な情報とガイドをダウンロードできます。

地球市民アワードプログラムが始まります。

パンフレットです。
パンフレットです。

2年間かけて開発してきた、子どもが地域で自然、文化、社会の活動を行うとアワード(賞)がもらえるプログラムです。子どもが地域との関わりを持て、総合的な学びを得ることができます。

ECOPLUSは、2008年春から “地球市民アワード“プログラムを実施しています。

●“地球市民アワード“プログラムについて
子どもが地域の自然や文化、伝統をもっと知り、地域の人たちとふれあい、地域とたくさん関わっていくためのプログラムです。子どもたちが地域で、自然、文化、社会などの定められた分野の体験活動を重ねた実績に応じて、それぞれが学んだことを評価し、その達成を記念するアワード(賞)を与えるというものです。子どもたちは、活動記録ノートに記入しながら活動することで、体験を学びにすることができます。

地球市民アワードプログラムのサイト
地球市民アワードプログラムのサイト

英国では、青少年を対象とした同様のアワードプログラム(デューク・オブ・エジンバラ・アワード、ジョン・ミュア・アワードなど)が盛んですが、日本では初めての試みです。現在日本で必要性が唱えられている子どもたちの地域での体験活動を奨励するものとして期待されています。

二年間のプログラム開発にあたっては、北野日出男氏(社団法人日本環境教育フォーラム会長)、松下倶子(前独立行政法人国立青少年教育振興機構理事長)、森良氏(NPO法人ECOM代表)、横山隆一(財団法人日本自然保護教会理事)、陶山佳久氏(ECOPLUS理事、東北大学農学部助教授)に開発委員会のアドバイザーとしてご協力いただきました。

また、2006年度トヨタ環境助成、2007年度子どもゆめ基金助成(教材)をいただき開発されました。

今回始まったアワードプログラムは、大地賞(初級)です。風賞(中級)、光賞(上級)も、今後行われる予定です。

開発のためのパイロットプログラムに参加した子どもたちからは、「自分の身の回りにはたくさん伝統があり、それを守りたいと思った」「都心なので、自然もそんなにないと思っていたが、実際見てみるとたくさん自然があった」「昔から今まで、大切に受け継がれてきたものは宝物や建物だけでなく文化や技術もあることを知った」「地域を歩いてみるといろいろなものが見えてきた」などの感想が寄せられています。

プログラムの詳細は
http://www.gcaward.com/
をご覧ください。参加するために必要な情報とガイドをダウンロードできます。

「夏休みリサイクル木工塾」が開催されました

材木について説明をしてくれる講師の工藤さん
材木について説明をしてくれる講師の工藤さん

7月28日(土)港区立エコプラザで、港区の家具職人の方々を講師に、親子向けの木工塾が開催されました。

毎年行っているリサイクル木工塾は今年も盛り上がりました。
港区に事務所を持つ工藤木工所の講師の方々3人に指導してもらい、11組の親子(子どもは小学校3年生から6年生)が小物づくりに挑戦しました。

みんな一生懸命作っています
みんな一生懸命作っています

作るものは小物入れ、貯金箱、小さな棚の3種類から子どもたちが作りたいものを選びました。
今年の素材は合板ではなく、あきる野市の森で出た間伐材。講座のはじめに、講師の工藤さんが、間伐とは何か、どうやって材木に仕上げていくのか丁寧に説明してくれました。ほとんどの子どもたちは、「リサイクル」よりも「物づくり」に興味を持って、今回参加をしたようでしたが、場合によっては捨ててしまう間伐材の活用について、すこしは関心を持ってくれたようです。

作業が開始すると、エコプラザ中にトンカントンカン金づちの音でいっぱいになりました。ほとんどの子どもたちは、なれない釘打ちにとまどいつつも、集中して取り組みました。じょじょに慣れて来て、親には手を出させずにすべて自分で作りあげる子どももいました。

あちこちで呼ばれて講師のみなさんは大忙し。打ち間違えたり、曲がったりで調整をしてもらいながら、2時間後には全員、完成させました。
最後は前に出て自分の作品を紹介し、終了。みんなできあがったばかりの大事にかかえて帰っていきました。

子どもたちに書いてもらったアンケートには、「電動ドリルを使ったことや、自分で組み立てたことが面白かった」というコメントや「リサイクルには色々な種類があり木を使うことがリサイクルになるなんて驚きました」というものもありました。

「親子お台場干潟教室」開催されました

お台場港陽中学校前の砂浜で生き物を探す
お台場港陽中学校前の砂浜で生き物を探す

親子でお台場の砂浜の生き物を観察する環境教室が行われました。
「遊びで来るお台場にこんなに生き物がいるなんて!」
子どもも大人も大いに驚き、楽しみ、学びました。
所は、お台場の港陽中学校の目の前にある砂浜。講座は、7月29日(日)、生き物をたくさん観察できる干潮にあわせて行われました。

黒川信さんによる講義
黒川信さんによる講義

午前、講師の首都大学東京准教授、黒川信さんの指導のもと、砂浜に出て波打ち際の砂を掘りました。すると、細長い貝のマテガイやアサリなどが次々と現れ、子どもたちはおおはしゃぎ。打ち上げられたミズクラゲに恐る恐る触ったり、アナジャコやミミズハゼなど様々な生き物を見つけては、つかまえました。大人も、岩場にカキが張り付いていることに驚いたり、石を転がしてカニをつかまえたりと子ども以上に楽しんでいました。

午後は、採集した生き物を室内でじっくりと観察しながら、黒川講師が解説。「貝にも目がある」、「ミミズにも赤い血が流れている」など、動物も人間も「形が違うだけで、同じ仲間」と指摘し、「どんな生き物も海の水と同じものが体の中にあるから生きていける」と
海の重要性を説きました。

そして、ビーカーを使った実験で貝が海水を浄化することを証明。そうした貝が育つためには、アマモなどの海草が必要であることを説明して、埋め立てによって失われたアマモを人間の手で復活させる必要性を説きました。

子どもたちからは「貝はどうやって卵を産むの?」など好奇心旺盛に様々な質問が寄せられ、また、大人からは「アマモを増やすには?」など具体策を考える質問が相次ぎました。

「お台場は汚いイメージだったんで、こんなに生き物がいてびっくりした」「小学生なのに、大学レベルの講義が受けられてよかった。もっとこんな出張教室を。」など、終了後の感想から、身近な自然と触れ合う機会の大切さがうかがえました。

都心にも自然がいっぱい・・・「自然学校を体験しよう!」

立体顕微鏡でのぞく虫などを探そうと校庭を駆け回り、指導員の井東さんを質問攻めにする子どもたち
立体顕微鏡でのぞく虫などを探そうと校庭を駆け回り、指導員の井東さんを質問攻めにする子どもたち

6月3日の土曜日、高層ビルの谷間にあるエコプラザで、環境教室「自然学校を体験しよう」が開かれました。

都心の子どもたちに、自然とのふれあいの機会を提供しようと企画された「環境教室・自然学校を体験しよう」が、2006年6月3日に、港区立エコプラザで開かれました。

集まったのは、小学校4年生の男の子から中学生の女の子までの子ども6人と、大人6人の計12人。

目隠しをし、イモムシのように連なって「冒険の旅」に出た参加者たち。左が井東敬子さん
目隠しをし、イモムシのように連なって「冒険の旅」に出た参加者たち。左が井東敬子さん

ぐずついた天候が続き雨が降るとの予報もあったためか、受付開始の時点ではほんの数人。他の参加者を待っている間に子どもたちは自然と指導員の井東敬子さんと遊び始めました。その後参加者が徐々に増え、指導経験豊富な井東さんのおかげで、後から参加した子どもたちもどんどんと打ち解けて仲良く、一日を過ごしました。

最初に取り組んだのは、長さ10メートルほどの草むらのへりに、スプーンやおもちゃの虫など人工物がどれだけ隠れているか探すゲームでした。18個もの人工物が隠されていたのに、なかなか見つけられずに、何回も何回も草や木の間に顔を突っ込んで探していました。自然をじっくり見るという体験でした。

この中で人工物以外にも虫や面白い形の葉っぱなどをたくさん発見。よ〜く見れば、そこら中の草木にいろんな生き物がいることにも気がつきました!

事前に、エコプラザのまわりに生えているドクダミの葉っぱを乾燥させて作ったドクダミ茶も登場。雑草だと思っていたものがお茶になることに、大人の参加者も改めてびっくり。コンクリートばかりが目立つ都心でも、眼を向ければ身の回りからも自然を感じられることに気づきました。

ニコンビジョン?から提供していただいた立体顕微鏡を使うと、葉っぱについていた虫たちが怪獣のように大きく見えることにも子どもたちは夢中になって、次々に葉っぱをめくっては虫を探していました。

また?モンベルからテントや寝袋などをお借りすることができ、実際にテントの中で寝袋に潜り込む体験もできました。子どもたちは自然学校やキャンプの雰囲気も充分に感じることができたようでした。