「雪」カテゴリーアーカイブ

雪の中でカモシカやウサギ、リスに出会う

2015年2月28-3月1日、新潟県南魚沼市の清水集落で、「清水生きもの復活大作戦早春の巻」を行いました。雪に覆われた森を歩き、森の生きものを食事にいただいて、山里の自然と暮らしにふれました。

山里の生物多様性を高め、地域づくりにもつなげようと展開している「生きもの復活大作戦」では、初めての雪の季節の開催となりました。

参加したのは首都圏からの親子連れ、会社員、学生など計12人。北野日出男・元日本環境教育フォーラム会長、横山隆一・日本自然保護協会参事、深沢和基・六日町高校教諭の3人の専門家も勢ぞろい、集落住民も加わりました。

大きなブナの木の下で、ティータイム。
大きなブナの木の下で、ティータイム。

初日は、穏やかな天候で陽が差す春のような陽気。除雪された道路から、高さ2m以上もある雪の壁を上ってかんじきをはきました。地元で今も使われる伝統的な丸いかんじき。村人はヒモを使って簡単に装着していますが、慣れない参加者は、何度もはずれて四苦八苦です。

数百m先の斜面にいたカモシカの姿を単眼鏡などで追います。
数百m先の斜面にいたカモシカの姿を単眼鏡などで追います。

広い雪原を歩いていくと、遠くの雪の斜面にカモシカを発見。双眼鏡や単眼鏡で見ると、急な場所で雪の中から頭だけ出ている木の枝に盛んに食いついているのが観察できました。

山のような雪と格闘

窓にのしかかっていた雪を掘り出し、前にあった山盛りの雪を道路脇まで押し出しました。
窓にのしかかっていた雪を掘り出し、前にあった山盛りの雪を道路脇まで押し出しました。

2014月1月25-26日、新潟県南魚沼市栃窪集落で、雪掘り道場を実施しました。首都圏や地元からの学生や社会人、親子連れなどが、高齢者宅などでの除雪作業を通して地域住民と交流しました。

地元では、今年は「小雪」と言われていますが、それでも集落の道路沿いには大人の背丈を超える雪壁ができ上がっていました。

集落散策。今冬は「小雪」といわれるものの雪の壁は背丈を超えます。
集落散策。今冬は「小雪」といわれるものの雪の壁は背丈を超えます。

1月25-26日、南魚沼市栃窪集落で、「雪掘り道場」を実施しました。集まったのは、埼玉、神奈川、東京、南魚沼などの11名。初日は薄日も差す穏やかな天気でしたが、2日目は、朝は雨、昼からは吹雪という荒れた天気になりました。

最初に、集落を散策して雪の状況を見ました。区長の笛木健作さんによると今冬は「小雪」の状況。それでも、道路沿いは背丈を超える雪の壁になっており、雪の堅さや高さに参加者は驚いていました。
最初の除雪は、女性だけが暮らす大きな家。玄関前のコンクリート製の車庫の屋根に積もった厚さ2m前後の雪が、大きなひさしのようにせり出し、下に落ちてきそうになっていました。笛木さんがはしごで登って、端から雪を突き落とし、参加者が落ちた雪を道路の反対側に寄せる作業。落ちた雪はずっしり固く、手押し式の「スノーダンプ」での移動にみんな汗だくになりました。

次に、屋根から落雪で1階部分がすっぽり埋まった場所の堀だし作業。ひさしまで積みあがった雪を2m近く掘り下げ、ようやく日の光を家の中に入れるようにできました。

家に住むおばあさんからは、山菜やキノコがたくさん入ったお汁をいただき、家に伝わる古い武具や干した山菜などの話を聞かせてもらいました。

2日目の朝は棚田が広がる場所に出ての雪上ウォーキング。ふわふわした雪を踏み固めながら進みました。雪の上にはウサギの足あとやフン。おそるおそるフンのにおいをかいでみると、ほのかに草の香りがしてみんなびっくり。雪に体を埋めてみたり、滑り台を作って滑ったりして雪を体感しました。

集落に戻ると、雪の中で除雪作業をしているおばあさんに出会いました。今季は屋根の雪を9回下ろしたといいます。家の前は屋根からの雪が山積みになっていました。この雪山をスコップで突き崩し、押し出し、さらに道路の反対側に移動させる作業にかかりました。この作業も2時間以上の大作業。「とても一人ではできない仕事でした。ありがとう」と声をかけてもらいました。

参加したみなさんからは、「雨が降ると雪は重たくなる」「下の方にある圧縮された雪はカタクリ粉のような音がする」「予想を超える雪で大変でした」などとの感想が聞かれました。

山のような雪と格闘

2014月1月25-26日、新潟県南魚沼市栃窪集落で、雪掘り道場を実施しました。首都圏や地元からの学生や社会人、親子連れなどが、高齢者宅などでの除雪作業を通して地域住民と交流しました。

地元では、今年は「小雪」と言われていますが、それでも集落の道路沿いには大人の背丈を超える雪壁ができ上がっていました。

 

1009-l
窓にのしかかっていた雪を掘り出し、前にあった山盛りの雪を道路脇まで押し出しました。
1010-l
集落散策。今冬は「小雪」といわれるものの雪の壁は背丈を超えます。

1月25-26日、南魚沼市栃窪集落で、「雪掘り道場」を実施しました。集まったのは、埼玉、神奈川、東京、南魚沼などの11名。

初日は薄日も差す穏やかな天気でしたが、2日目は、朝は雨、昼からは吹雪という荒れた天気になりました。

 

 

 

 

 

 

詳しくは以下でどうぞ。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=1120

757 3日間雪遊びを満喫!「子ども雪国暮らし体験」終わりました

ソリすべりは何回やっても面白い!滑っては登りを何時間も繰り返す子どもたち。
ソリすべりは何回やっても面白い!滑っては登りを何時間も繰り返す子どもたち。

天候に恵まれ、ソリ滑り、雪合戦、雪だるま作り、雪堀りと3日間みっちり雪で遊びました。
新潟県南魚沼市栃窪集落で、1月12日から14日の2泊3日で「子ども雪国暮らし体験」を実施しました。参加したのは首都圏や南魚沼市内の小学1年〜5年生8人。毎年参加している子も初めての子も元気いっぱいでした。
リーダーは雪の楽しさも厳しさも知っている地元栃窪の20代の若者たち。仕事の合間をぬって9人が入れ替わりながら、子どもたちの雪国体験を時にはやさしく、時には厳しくサポートしてくれました。

さいの神の祭りで燃やす正月飾りを付ける作業も体験。自分で作った飾りを持って来た子もいました。
さいの神の祭りで燃やす正月飾りを付ける作業も体験。自分で作った飾りを持って来た子もいました。

多くの子どもが楽しみにしていたカマクラ作りでは、リーダーたちがどんどんと雪を掘り出していく姿に、子どもたちから「すごい」と驚きの声があがっていました。まけじと子どもたちも一生懸命雪をほり、人が十分入れる大きさのカマクラを作りあげ、その中でミカンを食べたりお茶を飲んだりと楽しみました。
2日目の夜にはさいの神の祭りに参加させてもらい、燃え上がる火で焼いたお餅やスルメを食べて1年の健康を願いました。

生活面でも子どもたちはとても積極的に頑張っていました。食事作りや後片付け、掃除、布団の片づけなど普段はやらないことに挑戦。「自分で作ったご飯はおいしい!」と毎回の食事で多くの子どもがおかわりをし、たくさん食べていました。

帰る間際まで雪でたっぷりと遊んで、みんな笑顔で帰っていきました。雪の楽しさを満喫したことはもちろん、地元のお兄さんたちのかっこいい姿に触れたり、友だちとの共同生活をしたりして、子どもたちは少したくましくなったかもしれません。

山岳尻滑りに雪合戦、たっぷり遊んだ「子ども雪ざんまいキャンプ」

4日間を過ごしたキャンプ地。雪の上を整えて、好きな場所にそれぞれのテントを張りました。
4日間を過ごしたキャンプ地。雪の上を整えて、好きな場所にそれぞれのテントを張りました。

南魚沼市清水集落にて3泊4日のキャンプを実施しました。17人の子どもたちが雪の中で遊び、暮らし、新しいことにチャレンジしました。
新潟県南魚沼市清水集落にて、2012年3月27日から30日までの3泊4日で「雪ざんまいキャンプ」を行ないました。今回は地元南魚沼や新潟県の刈羽村、そして東京、神奈川、埼玉、大阪から17人の参加者が集まりました。小学4年生から高校2年生までと幅広い年齢層となりました。

自由時間に何して遊ぶ?やりたいことを選びます。
自由時間に何して遊ぶ?やりたいことを選びます。

期間全体に渡ってとても天候に恵まれ、そして清水地区活性化委員会の方々を中心に多くの人たちの協力があり、子どもたちは存分に雪の世界での暮らしと遊びを体験することができました。

詳しくはこちらへ
http://www.ecoclub.org/showart.php?lang=ja&genre=7&aid=510

栃窪小学校スキー大会が行われました

さわやかな青空の下の大会となりました
さわやかな青空の下の大会となりました

澄み渡った青空。最高のスキー日和となった2月13日、栃窪小学校のスキー大会がシャトー塩沢一本杉ゲレンデで行われました。

2月13日の午前中、栃窪小学校のスキー大会が行われました。栃窪小の全児童15人が「大回転」と「滑降」を行い、タイムを競いました。今年初めてスキーに乗ったという1年生も見事完走。高学年になると身体を前にかがめた攻めの姿勢で滑り、観覧していた大人たちを驚かせました。

PTA・教職員、地区住民の部には25人が参加し、子どもたちに負けない真剣勝負が行われました。
PTA・教職員、地区住民の部には25人が参加し、子どもたちに負けない真剣勝負が行われました。

大会コースの設営や整備、片づけ、記録などの全ての大会運営は、PTAだけではなく地区住民も協力して実施されました。

大雪の中で、除雪に汗を流し冬の食を堪能・・・「雪掘り道場」

みんなで記念写真。ものすごい雪で顔も見得なくなる時がありました。
みんなで記念写真。ものすごい雪で顔も見得なくなる時がありました。

2012年1月28-29日、新潟県南魚沼市清水集落で「雪掘り道場」を開きました。一晩で50センチ近く積もる大雪の中での除雪作業。食事には、地元で獲れたシカやイノシシも登場、山里の暮らしや文化に触れました。

プログラムに参加したのは、東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、栃木、静岡など関東各県や地元南魚沼市から、30歳代から50歳代までの13名。

登山者用の公衆トイレ。傾斜がゆるいので、初心者には格好の実習場所になりました。
登山者用の公衆トイレ。傾斜がゆるいので、初心者には格好の実習場所になりました。

1日目は、雪掘りの講習と作業が行われました。まずは地元の長老たちから、雪掘りに伴う危険や道具の使い方などを教わりました。その後、スコップやスノーダンプ、コシキ(大きなへら状の伝統的な除雪道具)などを使って、民家や公衆トイレ、作業場の屋根など集落内の各所で実際の作業をしながら、雪の扱いを学びました。
<詳細はこちら>
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=1028

Learning life in snow village through snow shoveling

The participants and the villagers after the 2-day workshop.
The participants and the villagers after the 2-day workshop.

On Jan. 28th to 29th, ECOPLUS organized a workshop on snow shoveling in Shimizu, Minami-uonuma City. The villagers taught 13 participants from Kanto area and Minami-uonuma city about safety in working with heavy snow. The visitors were exposed to the culture of snow village.

 

Some removed snow from the top of the public toilet hut in the community.
Some removed snow from the top of the public toilet hut in the community.

A total of 13 participants aged 30\’s – 50\’s gathered from Tokyo, Saitama, Kanagawa, Chiba, Gunma, Tochigi and Shizuoka Prefecture, as well as Minami-uonuma city, Niigata Prefecture.

On the first day, the locals lectured on snow shoveling, including safety skills and how to use the tools properly. By using shovels, snow-dumps and Koshiki, a traditional wooden snow shovel which looks like a big wooden-paddle, they learned the technique to work with snow while practicing around houses, the public toilet, etc.
You can read a detailed program report from the link below.
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=en&genre=9&aid=1028

積雪もうすぐ4メートル

雪が降りしきる中、勤めの休みを見て除雪作業に当たっている人の姿もありました。
雪が降りしきる中、勤めの休みを見て除雪作業に当たっている人の姿もありました。

栃窪でも大雪が続いています。栃窪小学校の校庭の積雪計では、1月31日朝時点で380センチの積雪が観測されました。

冬型の気圧配置が続く影響で、栃窪でも25日頃から大雪が続いています。栃窪小学校での観測によると、31日朝時点での積雪は380センチ。観測の記録を担当されている桑原教頭は「30日朝は350センチだったので、1日で30センチが積もった。この勢いで降り続ければ、明日1日には4メートルを超えるのではないか」と話していました。

落下式の屋根の雪と落ちて貯まった雪がつながってしまった家も何軒が出てきています。
落下式の屋根の雪と落ちて貯まった雪がつながってしまった家も何軒が出てきています。

栃窪集落内では、屋根の上に150センチ以上の雪が積もっている家や、屋根と下ろした雪が続いてしまった家など、除雪作業が追いついていない家が目につくようになりました。

大雪の中で、除雪に汗を流し冬の食を堪能・・・「雪掘り道場」

地元の人たちと一緒に2日間、時折強い雪が舞う中でも雪掘りをしました
地元の人たちと一緒に2日間、時折強い雪が舞う中でも雪掘りをしました

2012年1月28-29日、新潟県南魚沼市清水集落で「雪掘り道場」を開きました。関東各地や地元南魚沼市から計13名が参加。一晩で50センチ近く積もる大雪の中で、地元の長老たちから除雪作業の基礎を学びました。食事には、地元で獲れたシカやイノシシも登場、山里ならではの、暮らしや文化を体験させてもらいました。

プログラムに参加したのは、東京、埼玉、神奈川、千葉、群馬、栃木、静岡など関東各県や地元南魚沼市から、30歳代から50歳代までの13名。

公衆トイレにて 多くの参加者が屋根に上って、除雪作業を行いました
公衆トイレにて 多くの参加者が屋根に上って、除雪作業を行いました

1日目は、雪掘りの講習と作業が行われました。まずは地元の長老たちから、雪掘りに伴う危険や道具の使い方などを教わりました。その後、スコップやスノーダンプ、コシキ(大きなへら状の伝統的な除雪道具)などを使って、民家や公衆トイレ、作業場の屋根など集落内の各所で実際の作業をしながら、雪の扱いを学びました。参加者たちは徐々にコツをつかみ、どんどん屋根の雪を下ろしたり、周囲の雪の壁を崩したりするようになっていきました。作業前は人の背丈より高かった建物周りの雪の壁は、作業後には見事になくなりました。成果が目に見えて分かったことで、参加者たちは充実感を感じられたようです。
体を動かした後は、お風呂に入り、宿のご主人が撃ったシカやイノシシの肉、春に地元で取られて保存されてきた山菜などを使った山里のご馳走をいただきました。

2日目は、気温氷点下3.5度の中、午前中を使って、さらに雪掘りを学びました。宿泊場所としてお借りしていた民家の屋根に積もった約150cmの雪を下ろす班と、集落内の道路両脇からせり出て来た雪の固まりを落とす「雪庇落とし」の班とに分かれて活動しました。地元の人からは「清水の人間だけで同じ作業をしていたら、大変だった」「今回皆さんと雪掘りができたから、次に雪が降っても心配しないで済む」などと言ってもらえました。
昼食には秋に取ってから保存されていたダイコン、ニンジン、ジャガイモなどを使った野菜たっぷりのけんちん汁。何杯もおかわりしたり、山盛りにしてよそったりしました。参加者が、民宿のお母さんに調理法について尋ねる場面もありました。
午後は、活動のふりかえりと意見交換の時間が持たれました。最後の意見交換会では、清水の人たちと一緒になって話し合い、「体験を通じた交流の大切さ」「地元の知識の伝承にもっと力を入れること」「清水に来た人が素晴らしさをアピールしていくこと」など、集落の活性化についてさまざまな意見が出ていました。