「Camping」カテゴリーアーカイブ

仲良く2泊3日の雪国暮らしを楽しみました

 子ども雪国暮らし体験プログラムが、2019年1月12日から14日までの2泊3日で、新潟県南魚沼市清水集落で行われました。首都圏と沖縄から参加した小学校3-4年生6人、それを応援する大学生や社会人4人が、2mを越す雪の中で活動しました。

 例年ならば雪雲に覆われ続ける1月ですが、この週末だけは珍しく穏やかな天候が続き、青空が広がりまぶしい太陽の光が満ちあふれる絶好のコンディション。集落のご好意で集会所を拠点に使わせていただき、子どもたちは周囲の雪の斜面を使って、ソリ遊びからかまくらづくりなどに夢中になりました。

 沖縄からの子どもは無論、首都圏からの子どもたちもほとんどがこんな雪は初めて。到着するやいないや、大きな荷物を持ったまま雪に触って大喜び。持参したお弁当での昼食もそこそこに、雪の中に飛び出していきました。

雪の斜面に穴を掘ったり、ソリのコースを作ったり、自由に雪遊び。

 前の週にたっぷりと降り積もった雪はふかふかで、子どもたちは時にはひざまで雪に埋もれながら、お気に入りの場所まで前進。プラスチックのシャベルを使ってかまくらを掘ろうとしたり、ソリを使って斜面を滑り降りたり、大きな雪だるまを作ろうとしたり。子どもたちは自由に仲間を見つけ、隣が気になったらそちらのプロジェクトに移動して、雪をたっぷりと楽しみました。

用意された野菜は、多くが地元産。無農薬の魚沼コシヒカリも登場しました。

 滞在中は、すべて自分たちで自炊。1日目はクリームシチュー、2日目は豚汁の夕食という本格的な調理にも挑戦しました。ハクサイやニンジン、鳥や豚の肉を包丁で切り、鍋に投入する順番を相談し、調味料の分量もみんなで話し合って、味見を繰り返して、見事な夕食が出来ました。

 かんじきをはいての森の中のハイキングでは、動物の足跡があちこちについているのも見つけました。太い両足の跡が特徴的なウサギ、まっすぐにあるいているテンやリス。その雪の中を、どんどんと歩いて、雪山の途中まで進みました。向かいの斜面にいた小さな黒い点は、双眼鏡などで見ると大きな動物。「クマだ!」と大騒ぎになりました。茶色い動物は、ニホンカモシカ。短い角が付いた頭を動かしながら、雪の中から出ている木の葉っぱを一生懸命食べている姿を見ることができました。

 プログラムが始まる時に、子どもたちが相談して決めた約束は、「けんかをしない」「仲良く遊ぶ」など7項目。「地元の人にあいさつをする」という約束もありました。このためか、50m以上先の屋根の上で除雪している人に向かって、「こん、にち、わー。がんばってーくださーい」という大きなあいさつをすることも。通りかかったおばあさん2人にも雪合戦を中断して、「こんにちわー」。「雪、面白いかねー」と話しかけられて、「はーい」と元気に返事をしていました。

 雪を徹底的に楽しんだ3日間はあっという間に終わり。帰るときには、「次はもっと山の高いところまで登りたい」「もっといろんな動物を見たい」などというコメントを残してくれました。

 雪のプログラム、次は3月の雪ざんまいキャンプです。

Snow camp in the ““Snow country”

From March 26th to the 29th, 2016, ECOPLUS hosted the ““Yuki Zanmai,” or “Snow Indulgence” Camp” in Minami-Uonuma. Seven participants, all from elementary and middle schools in the Metropolitan area and Niigata enjoyed four days and three nights of living on the snow, where they all constructed their campsite entirely on their own.

巻機山のふもとまでハイキング。山に囲まれた絶景の中を歩きます。
Hiking on the snow toward the middle of Mt. Makihata. Gorgeous view!

This winter, we experienced an uncharacteristically small amount of snow. Despite being 600 meters above sea level, the village of Shimizu looked almost as though it was experiencing early spring.

Ordinarily, there would have been between 2 – 3 meters of snowfall by this point during an average year; instead, the area received an approximate 50 centimeters of snow this year. Due to this, we were worried that the “Snow Indulgence Camp” might not succeed, but we were blessed with good weather, and the children faced the challenge of living in the snow with a serious, sincere look in their eyes.

4日間、子どもたち自身で暮らしを組み立てます。初めは薪を割って火を起こすのも一苦労。
Children challenged to live on the snow by themselves. Making fire woods on the snow was one of the first duties.

A total of seven children was assembled of from fourth-year elementary school students to first-year middle school students. Some of the children had participated in ECOPLUS programs once or twice before, but this was their first time as a group in this area, as well as the first time holding an overnight camp on the snow. Everybody had a bit of a nervous look to him or her.

The children decided on their goals for the camp—some said, “It is important to take care of the environment,” while others said, “We hope to make friends here.” Once this was done, the Snow Indulgence Camp could begin.

Throughout the next four days, the children’s everyday necessities and personal lives were self-led. They trampled the snow underfoot in order to harden it, creating a space to raise their tents; they split wood for their fires; they melted snow for drinking water; and they made tables, chairs, cupboards for food, and even makeshift toilets entirely from snow. They even used snow to wipe their bottoms afterward!

They also used cedar leaves like sponges while washing their pots and pans. On the first day of the camp program, the children were confused about this new way of living, but they became as resilient as adults in only four days’ time.

Encountered a big hawk, Snow camp in Tochikubo

穏やかな天候の中で、雪に包まれた体験をすることが出来ました。
Under the gorgeous blue sky, children enjoyed the nature and life in Tochikubo.

From the 9th of January to the 11th, ECOPLUS held our program, “Experiencing Natural Mountain Life: Winter Edition”, in Tochikubo village in Niigata prefecture.

The program was aimed at elementary school children, and we had 17 participants. Thirteen of them were city kids from metropolitan area, and the other four were students from Niigata prefecture.

The weather was thankfully very calm throughout, and everybody enjoyed getting to play in the snow under the blue sky.

We started the first day with many nervous faces when we conducted the orientation. The orientation began with self-introductions and some games. Afterwards we covered important things to be careful about and to watch out for. Lastly we broke them up into two groups regarding daily responsibilities, and gave some time for the two groups to discuss things together.

From the afternoon onwards, they were waiting in anticipation to be able to play in the snow. The snow was approximately 40cm deep, and when they finally could, they eagerly changed into their snow gear.

This was actually significantly less snow than on average. Regardless, for the kids the world still seemed to be completely covered in snow. They made snow huts (these snow huts, kamakura are traditionally made by kids in mid-January), had snow ball fights, and sled. The local kids even joined them in on the fun. The sound of laughing children echoed in the village.

数百メートル先の山の上にいるクマタカを発見、みんなで観察しました。
Children observed a big hawk, called “Kumataka” on a branch of a tree hundreds meters away.

On the second day we focused on observing nature. A local knowledgeable about the nature here accompanied us as a special guest. On the snow covered path he led us to the outskirts of the village. There we were able to get a phenomenal view of the mountains and forest. We even were able to see a very rare bird, a Tinnitus Mountain Hawk, perched on one of the mountain trees.

The kids were fascinated by the bird. After getting a telescope to confirm that it actually was a Tinnitus Mountain Hawk, we examined it for a while. For around half an hour it stayed in the same spot. When it finally flew away we could see the striped pattern of its back feathers. The kids tried to follow the bird until it disappeared from sight.

For the three days of the program, we borrowed the villageÆs assembly hall, and camped in there. The kids were responsible for cooking their own meals. For the most part, everything from cutting the ingredients, to cooking them, was done completely by them with some supervision.

On the last day, our closing event was a discussion and retrospective. While a completely new experience for many of the children, they spoke very fondly of the past three days. One kid enthusiastically said, ôSince I am an only child, it was especially fun to spend time here with lots of friendsö. Most of the other responses were quite similar.

From March 26th to the 29th, we will be holding a similar event, but this time aimed at older students. ôExperiencing Natural Mountain Life: Lingering Snow Seasonö will be open for 5th graders to high school students. We will tent over the snow for three nights and four days. We are eagerly awaiting this upcoming program.

(Translation, Victor Lane)

779ヤップ島2013の事前キャンプを実施

明るいコナラの森をお借りして、野外で料理。
明るいコナラの森をお借りして、野外で料理。

2013年7月13-14日、ヤップ島プロジェクト参加者11人とオブザーバー、スタッフなどが神奈川県秦野市の丹沢山系で事前キャンプを実施しました。

2013年のヤップ島プログラムに参加する首都圏や新潟、関西

沢登りでは、みんなが一緒になって水とたわむれました。
沢登りでは、みんなが一緒になって水とたわむれました。

の若者たちが集まり、7月13-14日の週末に、神奈川県秦野市の山で、事前キャンプを実施しました。

いつもお借りしている場所近くが、今年は大規模な間伐作業に入ったため、別の場所をお借りしての事前キャンプとなりました。このコナラの森。お茶栽培のための肥料に使うたい肥を作るための落ち葉集めの森。美しいコナラの林の中での週末でした。

詳しくは以下からどうぞ。
http://yap.ecoclub.org/showart.php?lang=ja&genre=21&aid=399

丹沢事前キャンプ無事終了

沢登り。水と触れ合いながらどんどん登ります
沢登り。水と触れ合いながらどんどん登ります

ヤップ島プログラムと、カナダロッキーチャレンジの2グループ合同の事前キャンプを実施しました。
2012年6月2-3日(土日)に、神奈川県秦野市の丹沢山中にて1泊2日のキャンプを行ないました。8月に実施するヤップ島プログラムと、カナダロッキーチャレンジそれぞれのプログラムの事前キャンプです。

このメンバーで森の中で暮らしました。
このメンバーで森の中で暮らしました。

ヤップ島は7名、カナダは9名で合計16名、高校1年生〜大学院生が参加しました。遠く熊本や大阪から夜行バスに乗って来た人もいました。
2日間とも天気に恵まれ、爽やかに晴れ渡った空の元で、自然の中での生活作りや沢登り、参加者同士のディスカッションを行なうことができました。

続きはこちら
http://www.ecoclub.org/showart.php?lang=ja&genre=10&aid=517

山岳尻滑りに雪合戦、たっぷり遊んだ「子ども雪ざんまいキャンプ」

4日間を過ごしたキャンプ地。雪の上を整えて、好きな場所にそれぞれのテントを張りました。
4日間を過ごしたキャンプ地。雪の上を整えて、好きな場所にそれぞれのテントを張りました。

南魚沼市清水集落にて3泊4日のキャンプを実施しました。17人の子どもたちが雪の中で遊び、暮らし、新しいことにチャレンジしました。
新潟県南魚沼市清水集落にて、2012年3月27日から30日までの3泊4日で「雪ざんまいキャンプ」を行ないました。今回は地元南魚沼や新潟県の刈羽村、そして東京、神奈川、埼玉、大阪から17人の参加者が集まりました。小学4年生から高校2年生までと幅広い年齢層となりました。

自由時間に何して遊ぶ?やりたいことを選びます。
自由時間に何して遊ぶ?やりたいことを選びます。

期間全体に渡ってとても天候に恵まれ、そして清水地区活性化委員会の方々を中心に多くの人たちの協力があり、子どもたちは存分に雪の世界での暮らしと遊びを体験することができました。

詳しくはこちらへ
http://www.ecoclub.org/showart.php?lang=ja&genre=7&aid=510

山里子ども夏休みキャンプ2011

8月4日から6日まで、関東や新潟県各地からの小学校1年生から中学校1年生まで19人が、新潟県南魚沼市石打のスキー場ホテルを拠点に自然と親しみ、他の人たちと協力しながら暮らす活動をしました。

2011年8月4日から6日まで、新潟県南魚沼市石打で夏の子どもキャンプを実施しました。
今年は大雨の影響で、予定していた清水集落でのプログラムを急きょ変更しての開催となりました。それでも地元南魚沼市を始め、千葉県や神奈川県など関東圏や新潟市などから、女子9人、男子10人が集まってくれました。
宿泊は、丸山スキー場内のホテル「エルム」のレストラン部分をお借りし、二日目は越後湯沢の大源太キャンプ場で活動しました。
子どもたちは、生きもの探し、星空観察、川遊び、薪で火を起こしてパン作りなどの活動だけでなく、生活部分や、一日を振り返って活動ノートに記入するなど、3日間みっちりと元気いっぱいに過ごしました。プログラム中は、グループ単位で食事の準備や後片付けを分担し、最終日には大掃除も行いました。

ヤップ島プログラム準備着々です

 沢登りの体験も、ヤップでの日々を充実させるための準備です
沢登りの体験も、ヤップでの日々を充実させるための準備です

7月16-17日に、2005年のヤップ島プログラム参加者全員が集まって事前キャンプが行われました。

2005年の地球体験チャレンジ「ヤップ島プログラム」は、7月30日から8月11日まで、ミクロネシアのヤップ州ヤップ島で実施されます。
その準備のための「事前キャンプ」が、7月16-17日に神奈川県丹沢で行われました。
今年はニューヨーク在住の姉妹ほか、愛知県や新潟県からも参加です。
愛知県からの参加者の一人は、万博会場でプログラムを知ってのご縁です。

あと1週間ちょっとで出発。
参加者は、日本から持っていく食材を考えたり、スタッフは装備をパッキングしたり、準備に大忙しです。