「food」カテゴリーアーカイブ

「マイ田んぼ」を南魚沼に持ちませんかー棚田オーナー2018募集

完全無農薬で栽培するこの棚田を応援します(18年5月26日撮影)
 ニホンカモシカが歩き回りギフチョウが舞う、素晴らしい自然環境に包まれた山里の棚田で、環境に配慮したコメづくりを応援する「棚田オーナー」を今年も募集します。無農薬、有機、天日乾燥という伝統的な田んぼのオーナー。豊かな生態系を守り、小さな集落を支え、最高級の塩沢コシヒカリを味わっていただきます。

 標高500m、最上流部に位置する南魚沼市栃窪集落には、自然のままの沢水が流れ、絶滅が危惧される動植物が当たり前のように残っています。過疎高齢化に直面しながらも集落では、この自然を舞台に、都会のみなさんに食や暮らしを見直す機会を提供し、新たな形の都市と農村のつながりを育みたいと考えています。

見事な黄金色になったオーナー田んぼ(17年9月25日撮影)
無農薬田んぼからは無数の赤とんぼが誕生(17年7月15日撮影)
 秋には市場にはまず出回ることがない最高級のお米をお届けします。オーナーには、今期5回開催予定の、休日農業講座「田んぼのイロハ」(各回の参加費1万円)が無料に。

【募集単位と金額】
 100平方メートル(1畝=いっせ)分、年額5万円。グループや学校、保育園などの団体での申込も可能です。

【内容】
 用意した絶景棚田のオーナーになって頂きます。稲の栽培は地元の集落営農組織「とちくぼパノラマ農産」が担当します。オーナーのみなさまはいつでも農作業に参加していただけます。収穫した新米を一口あたり玄米30kg相当(白米で約27kg)お送りします。

【特典】
・田んぼにお名前を表示します。田んぼ作業への参加がいつでも可能です。
・田んぼの様子についてメールでお知らせします。
・収穫した新米を玄米30kg(売価約38,000円)相当をお送りします。
・休日農業講座「田んぼのイロハ」への参加費1名分が無料。伝統的なコメづくりのノウハウを教わることができます。

【栽培方法】完全有機・無農薬・天日乾燥。
農薬は発芽前、育苗期を含め一切使用しません。新潟県の一般的な農家では田植え後も含めて18〜20成分の農薬を使っており、9~10成分で育てたコメは「5割減農薬米」と表示されます。パノラマオーナー米は「完全無農薬」のおコメです。

【プチオーナー】
年額1万円のプチオーナーも募集しています。
参加費年額1万円、田んぼにお名前を表示します。いつでも農作業に参加可能。田んぼの様子についてメールでお知らせします。秋に収穫した新米5kg(売価6,300円)相当をお送りします。「田んぼのイロハ」講座の参加費が2割引になります
【主催】有限会社とちくぼパノラマ農産
【運営】NPO法人エコプラスTAPPO南魚沼やまとくらしの学校:tappo@ecoplus.jp

【申込】

無農薬田んぼを応援する・・・6月23−24日、田んぼのイロハ草取り編追加実施決定

雄大な光景の中にある栃窪集落の棚田
 大好評の休日農業講座「田んぼのイロハ」で、追加の草取り編を6月23日ー24日の週末に、実施します。満員になってしまった6月2−3日の草取り編の3週間後、ちょうどまた草取りが必要になる時期です。

 田んぼのイロハで使わせていただく田んぼは、通常は20回前後も散布する除草剤、殺虫剤、病気を防ぐ薬などの化学物質をいっさい使わない、自然な稲作を15年にわたって続けてきました。
 土地に力があり、暑い夏にも山から吹き下ろしてくる冷涼な風など気象的に恵まれた場所だからこそ、続けることができている無農薬栽培です。

手押しの除草機の使い方を教わる
 同時に、同じ田んぼで最低3回はしなければならない草取りは、大きな負担です。
 高齢化が進む集落で、この無農薬栽培を続けていけるかどうかが、課題になりつつあります。
 地域社会を応援しつつ、自然あふれる本物の田んぼに触れてみませんか。食と農と暮らしを考える週末です。

 23日の昼過ぎに現地集合、24日の午後3時頃現地解散です。実地作業、座学、集落の自然や生活を知る散策、集落のみなさんとの懇親会などを予定しています。

【参加費】地域応援のため、今回は実費相当分のみ。一般、学生とも2,000円(プログラム費、2日目昼食、保険料)。小学生以下の子ども、栃窪の集落営農組織「パノラマ農産」の棚田オーナーは、1,000円のみ。
【場所】新潟県南魚沼市栃窪集落
 集合・解散時間に合わせて最寄りのJR上越線塩沢駅まで送迎いたします。
【宿泊】地元の温泉民宿 7,500 円(1泊2食、温泉付き、男女別相部屋)
【特典】秋に収穫したコメをおひとり2kg贈呈。

<<田んぼのイロハ草取り追加編への申し込み書>>

Sushi Party in Niigata, March 25th, 70人近くで巻きずしパーティ

by GOTO Ei

Natsumi, Mr.Ohmae and I went to the supermarket to prepare for today’s exchange session. At 3 pm , we started preparation. Cooking rice, cutting cucumbers and raw fishes.

At 5:30pm, Yapese and host families gathered at Shiozawa Seminar House. The session was held with many local foods. For example, they gave us yellow pickles(Takuan) , sermon, boiled plants(Zenmai), etc. We ate Temaki-sushi.130325懇親会巻きずしs.jpg  130325夜のミーティングs.jpg

At the session, Tina met the family who hosted her 16 years ago. The host mother and father came to the session to meet her. They looked so happy and I was impressed.

Mr. Nozawa, who is a photographer, showed us a picture show. It included pictures of Yap and Japan! I haven’t been to Yap , but want to go there. Because all the pictures were beautiful.

After that, Yapese and Japanese had a meeting each. Yapese finished at 11pm. Chaperones and young staff finished around 12 am. Actually, I was sleepy, but it was very good to talk about many things.

夜の交流会のために、菜摘さん、大前さん、それに私で地元のスーパーに買い出しに行き、午後3時から、ご飯をたき、キュウリや魚を切って、夕食の準備を始めました。

午後5時半ごろから、ホストファミリーに連れられてヤップの若者たちが戻って来ました。70人近くが集まり、たくあんやゼンマイの煮物も登場。みんなで手巻き寿司を作りながら郷土料理も楽しみました。

交流会には、ティナが16年前にホームステイした家の夫婦も登場して、再会。感動的な場面になりました。

地元の写真を撮ってきた野沢さんが、ヤップを訪ねた時の写真とともに南魚沼の四季を示すスライドを上映してくれました。私はヤップに行ったことがないので、きれいな写真を見てとても行きたくなりました。

その後は、ヤップと日本の若者がそれぞれ何をこれまで学んだかを議論し、ヤップの若者たちの会話は午後11時まで、日本の若者とスタッフのミーティングは午前零時まで続きました。とっても眠いのですが、いろんなことを話すことができてよかったです。今日の報告担当 後藤瑛

Lunch and subway, お昼ご飯と地下鉄

During corporate visits, students took lunch in an open cafeteria in central business area, Yurakucho.

会社訪問が続いたこの日の昼食。有楽町のビルの谷間にあるカフェテリアで移動販売の車のお弁当を買って食べました。

130322お弁当を食べる

On the way back to the hostel, they experienced to take a ride on subway.

帰り道、地下鉄を体験。切符を手に緊張して帰りました。

130322地下鉄の切符

Fish market and Dumping site, 魚市場とゴミ処分場

The world largest fish market, TSUKIJI, the students from Yap visited this morning and walk around the area observing huge tunas and other fishes from the world.

2日目、朝7時発で築地魚市場へ。大混雑の中で、巨大なマグロなどが売られているのを見学しました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

The small aisles run like the shape of a huge fun. Shoppers and workers were quite busy in the morning hours.

縦横に走る通路は、働いている人たちで大混雑。その中をすり抜けるように見学しました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Some tunas are from Japan ocean and some are from far away.

大きなマグロは、国内だけでなく、世界各地から来ていました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

The recycling facility for styrofoam boxes was also in the most busiest situation.

発泡スチロールのリサイクル施設も大忙しでした。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Then, we visited the huge dumping site in the Tokyo bay which has more than 500 ha reclaimed land fill area.

東京湾にある最終埋め立て処分場を訪ね、日本でのゴミ処理を学びました。


OLYMPUS DIGITAL CAMERA

First dinner in Japan, 日本で初めての夕食

From 6 p.m. we have dinner together. Deep fried fish, cooked chicken, salad, soup and rice. Nothing similar to food in Yap, students finished dishes quickly. Tomorrow, we will go to the fish market in TSUKIJI area from 7 a.m. so students went back to their rooms after finishing reflection session.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午後6時からユースホステルの食堂で日本での初めての夕食。魚のフライ、トリのシチュー、サラダ、ご飯、スープ。みんなすっきりと皿を空っぽにしていました。明日は午前7時から築地魚市場へ。なのでふり返りを終えると、みんな部屋に戻りました。昨晩からほとんど寝ていなかったはず。おやすみなさい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20 people enjoyed the culture and life in Tochikubo at the “ABC in a rice paddy” program.

A total of 20 people, including company workers, students, and families from various countries,visited Tochikubo, Niigata Prefecture from Tokyo metropolitan area. They enjoyed walking around the area and rice planting over the weekend.
The holiday agricultural project, ABC in a rice paddy, was held on 21 and 22 of May. It is a series of programs throughout the year, and this time, the first occasion of the year, was about rice planting.
On the first day, participants went for a walk in Tochikubo area with a villager, FUEKI Akira. From the centre of village to the top of Mt Taru, 736m, they enjoyed encounters with varieties of mountain vegetables and some rare wildlife. Although it was summer-like hot, they managed to reach the peak and one participant said \”When I stood at the top and saw how far we have come, I felt that I had achieved something\”.
After coming back from the mountain, they had a lecture and learned about the different types of rice seedlings, process of rice farming without any chemicals and pesticides, history and current challenges of rice farming in Tochikubo.

 

A snap from bird watching session in the early morning. Local children also joined it and enjoyed together.
A snap from bird watching session in the early morning. Local children also joined it and enjoyed together.

On the second day, early in the morning, most participants and some locals joined a bird watching session by FUKASAWA Kazuki. Despite of poor visibility due to mist and rain, his knowledge helped participants have a great time. At the very moment he talked about the sound of rare bird species, Akashobin (ruddy kingfisher), participants actually heard it. Whenever someone or Fukasawa found wildlife such as frogs, salamanders, and insects in the water, he provided an instant lecture about the features and ecosystem of them.
Rice planting began, having waited for the rain to calm down. It was well-supported by locals as participants learned a traditional way to band rice plants with straws, and planted them. They went into a rice paddy together with baskets filled with bunches of rice seedlings.

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
After rice planting. People from various countries participated in the program.

At lunch time, a group formed by local women called \”Kaachanz\” (Team-mothers) served miso soup with lots of local vegetables and dried fish. Everyone appreciated the soup as it warmed up their cold body from inside. Many people went into the kitchen to have the second of the miso soup.
Participants continued planting rice in the afternoon, and managed to finish the whole paddy around 2:30. They got a compliment from a local person on how straight they could plant.
Thanks to the knowledge and skills of local people, ABC in a rice paddy in 2011 has been kicked off!