「Niigata」カテゴリーアーカイブ

台風の影響の中で、田んぼのイロハ稲刈り編を実施

Rice Harvesting Work under the Difficult Circumstances by Typhoon #19

 エコプラスの休日農業講座「田んぼのイロハ」稲刈り編が、2019年10月13-14日に新潟県南魚沼市栃窪地区で行われました。今年のお米の成長が遅れ気味だったために1週間延期し、さらに台風19号の影響で1日遅らせての開催。日程をやりくりし、大混乱する鉄道網高速網をかいくぐってやってきてくれた7人が参加してくれました。

Ecoplus conducted rice harvesting workshop on Oct. 13-14, 2019, at Tochikubo village, Minamiuonuma, Niigata. Due to the slow growth of rice in this year, we once postponedthe schedule one week and caused by typhoon #19, or “Hagibis,” we set the workshop one day later. Students and adults from metropolitan area were struggled to come struggling confused train and highway networks. At the end seven participants succeeded to participate the program.

 台風による大量の雨で、田んぼはびしゃびしゃ。稲はほとんど倒れない状況でいてくれたものの、刈り取り作業は難渋を極めました。しかし、初めて体験する高校生も、カマでの刈り取りと、ワラを使っての束ね作業を覚えていきました。

With the heavy rain by the typhoon, the rice paddies was covered by an inch or two of water. It was quite tough condition although most of rice were not knocked down by the wind. In such condition, a high school boy, who experienced the work first time, learned and acquired how to cut straws and to bind those by a year old straws.

 作業をした田んぼは、10年以上にわたって一切農薬を使わず、有機肥料だけで育ててきています。そのため地面には無数の雑草が生え、コオロギなどの虫たちが動き回っていました。刈り取った稲を、ハザにかけて天日乾燥させることで、数十年前まで、何百年にもわたってこの地で続けられてきた稲作を体験することが出来ました。

In the rice paddy, no chemical pesticides nor weed killers has been used for over ten years. Only organic fertilizer has been used. Because of such efforts, many weeds were covering the ground and many insects were hopping around. Sheaves of rice were hung along the bars called “Haza,” for sun dry for around 10 days. Through this, participants experienced the way of traditional rice production of the area until some decades ago.

 参加者たちは「毎回参加して、いかに食を作ることが大変か、自然と調和することが大事かを思う」「稲刈りの作業の中に、昔からの様々な工夫が知れた。昔からの蓄積があるのだなと感じた」などとコメントを残してくれました。

Participants left comments like “Accumulating the experience for long years, I am still feeling that how difficult to make food is, and how important to have harmonious relation with the nature is. ” “I identified so many knowledges embedded in the harvesting works and I felt the tick accumulations of knowledge for long years.”

無農薬田んぼの稲刈りを南魚沼で・・10月13-14日(台風で1日延期しました)

Harvest Organic Rice by Sickles, Oct 13-14, at Minami-Uonuma

 新潟県南魚沼市栃窪集落の絶景の棚田では、無農薬で栽培しているコシヒカリが、立派な穂を揺らすようになりました。8月中旬以降の日照不足でやや成育は遅れ気味ですが、田んぼは見事に黄色くなってきました。台風の影響で10月13-14日に稲刈りをします。

In the rice paddies in Tochikubo village, Minami-Uonuma, Niigata, which is the heartland of famous Koshi-Hikari-Rice, ears of rice are getting ripped. With less sun shines since mid-August, the progress is bit late but rice paddies are now having beautiful yellowish color. We will conduct harvesting workshop on 13-14 Oct.

【参加費=台風対応で半額にしました】5,000円(プログラム費、2日目昼食、保険料)学生半額、エコプラス会員2割引。小学生以下の子どもは保険料、昼食の実費のみ。栃窪の集落営農組織「パノラマ農産」の棚田オーナーは、参加費実費のみ。
【場所】新潟県南魚沼市栃窪集落
 集合(13日正午)、解散時間(14日午後2時過ぎ)にあわせて最寄りのJR上越線塩沢駅まで送迎いたします。
【宿泊】地元の温泉民宿 7,500 円(1泊2食、温泉付き、男女別相部屋)
【特典】秋に収穫したコメをおひとり2kg贈呈。

Program Fee including lunch on day 2 and insurance; 5,000 JPY. Student discount, 50%; Children under 6 years old, lunch fee and insurance only.
Gathering spot; JR Shiozawa Station of Joetsu Line
Accommodations; Local Inn, dormitory rooms male/female separated; 7.500 JPY including dinner/breakfast
Compliment; 2 kg of harvested rice after sun-dried process.

<<Application Form, 申し込み書>>

お問い合わせはtappo@ecoplus.jpまで。Contact; tappo@ecoplus.jp

米国の大学生が、日本の農山村で学ぶ

Michigan Students Learnt Japan in Minami-Uonuma

 米国のミシガン大学の学生14人が、2018年5月19日から21日まで新潟県南魚沼市に滞在、田植えや織物体験などを通じて、自然と深くつながった伝統的な暮らしや文化を学んでいきました。

ECOPLUS hosted a group of students from University of Michigan from 19 to 20 May in Minami-Uonuma for their learning on the relation with environment, life and culture through experiencing rice planting, weaving and other activities.

 滞在は、ミシガン大学の日本研究センターが主催する約3週間の日本での研修旅行の一環。早稲田大学教授を務める高野孝子エコプラス代表理事と、ミシガン大学のレスリー・ピンカスさんとの連携で行われました。

The trip was conducted by the relation with Ms. Leslie Pincus of University of Michigan and TAKANO Takako, executive director of ECOPLUS, as a part of their 3 weeks long tour to Japan.

Drying cooked mountain vegetable, “Zenmei.”

 19日は、南魚沼市の標高500m前後に広がる栃窪集落周辺を散策。遠くに雪が残る山々が残る絶景にびっくり。「素晴らしい光景。何億円というものすごい価値があるのではないか」というような声まで出ました。地元のおばあさんが山でとってきたゼンマイを乾燥させている場面にも出会い、両手を添えて丁寧にもみながら乾燥させる作業に見入っていました。

On 19th, they strolled around the village of Tochikubo which is located on the slope of around 500 meters elevation. They were deeply impressed by the scenery of mountains covered by white snow and young green, saying “this land might be so expensive.” They also encountered an old lady who was drying mountain vegetable called “Zenmai.”

 20日は裸足で田んぼに入っての田植え。土の中に足を入れた瞬間に大きな声を上げつつ、手際よく数本づつの苗を植えていきました。

On 20th, they experienced traditional rice planting by hands. They screamed a bit while they put their bare feet in the muddy soil of the paddy but later they acquired how to plant young seedlings in line and they finished the work in three hours.

Traditional sitting loom, called “IZARI-Bata,” or いざりばた

 最終日の21日には、市街地の塩沢地区に下りて、地元で1,000年以上も伝えられてきた麻織物「越後上布」について学びました。植物の茎から繊維を取り、糸にして、染め、織っていく過程を、越後上布保存会のみなさんに見せていただき、一部は実際に体験もさせてもらい、その深い歴史に魅せられていました。

On the last day, 21st, they came back to the city area, “Shiozawa,” to learn about the local ramie cloth called “Echigo-Zyofu,” which has over a thousand year history. Specialists from Echigo-Jofu technique preservation association demonstrated how to get fibers fro the skin of the plant, how to dye the yarn for patterns, and how to weave. Some of the students experienced actual works by their hands.

 3日間の滞在を通じて、森から燃料を得、山からの水を飲み、それを田んぼに巡らせるという自然に密接につながった暮らしや文化を理解してもらう機会になったようです。

Through the three-day stay, they seem to deepen the understanding on the relation with life and nature, like getting fuels from the forest, drinking water from the spring, making the water system running around all the terraced rice paddies.

Students from Yap learned a lot in Japan, Short Videoーーヤップ島の若者招へいのビデオが出来ました


A short video was completed and we finally succeeded to set our website to host the big video file on our site.
We still miss those smiles and shining eyeballs of all students in Japan.

 ヤップ島の若者たちに日本に来てもらってもう半年が経ちました。
 3月11日から20日までの日本滞在の様子が、8分33秒のビデオにまとまりました。若者たちの笑顔と輝くまなざしに、未来への希望を感じます。応援してくれた日本の若者たち、支援頂いたみなさま、ありがとうございました。

ヤップの若者の滞在の様子 link to daily reports

 

DAY 6) Sharing Traditional Culture and Wisdom 南魚沼で日本の伝統と文化に触れる

Visit Elementary School, 薮神小学校を訪問
In the morning, the Yapese students visited Yabukami primary school and learned Japanese traditional games and calligraphy from the school children. The Yapese students had an opportunity to give a presentation about Yap to the students and enjoyed school lunch for the first time.

 朝食後、薮神小学校へ出発。ヤップの中高生は、小学生から日本の伝統的な遊びや書道を教えてもらいました。ヤップの中高生も小学生の前でヤップについてのプレゼンテーションを行いました。昨晩、夜中までプレゼンテーションの準備をしていたヤップの中高生。ヤップの伝統文化や習慣、行事や暮らしなどについて、素晴らしい発表をしてくれました。昼食は小学生と一緒に、日本の給食をいただきました。

Making coconut rope ココナツの繊維で作るロープづくりを紹介
In the afternoon, the Yapese students experienced Japanese traditional rope making and handicrafts with straws. Since Yap has similar tradition to make ropes, they did well. They had opportunities to introduce Yapese culture such as making ropes with the fiber of coconuts, as well as splitting coconuts.
After the fruitful day, the Yapese students left for another homestay in Niigata.

 午後は隣にある薮神地域コミュニティセンターへ移動し、わらを使った縄と工芸品作りを体験しました。
 ヤップでは、ココナツやハイビスカスの木の繊維を使って、なわを作る伝統があります。そのため、苦戦する日本人大学生らを横目に、きれいななわを編んでいました。

 またココナツの繊維を使ったなわ作りの様子を見せてくれました。その後、わらを使って、花瓶とコースターを作りました。ヤップの中高生は、創造性が豊かで、そのデザインは、講師の皆さんが驚くほどの出来栄えでした。
 最後に、講師やホストファミリーの方に、ヤップから持ってきたココナツの実を割って、そのジュースを楽しんでいただきました。すっかり暗くなった午後6時すぎ、みんなは南魚沼での2泊のホームステイへ向かいました。

Messages from host families 新潟のホストファミリーから 

“Only for one day, but I enjoyed precious time with my wonderful son.” (from a host mother)

  • We are collecting surveys from host families in Niigata.
  • Karate/Judo, Kimono dressing, Candles in snow hole,
  • Walking along Bokushi-street, Shopping, cooking Gyoza, Shabu-Shabu…
  • Play with Host Sisters/Brothers, Challenge Skiing,
  • Sit tight on massage chair, Talking about their villages,
  • Talking about their Futures…

Some mothers felt nervous about their kid’s health because some of them did not use tick “Futon”.

We wonder what they thought in the plane leaving Narita Airport.

Also, there were many surveys saying 1 day trip was too short. Cooperation between host families or schedule improvement would make next program better. We will make these voices as reflection and try to make better program.

130410南魚沼アンケート「たった1日 すてきな息子ができて、幸せなひとときでした」(あるホストマザーより)

南魚沼のホストファミリーのみなさんから受け入れに関してのアンケートを寄せていただきました。

  • 空手・柔道体験、着物着付、雪灯籠づくり、牧之通り散策、ショッピング、餃子づくり、しゃぶしゃぶ、、、
  • いろいろな場所へ行き、いろいろな物を食べ、ホストシスター・ブラザーと遊んだり、
  • スキーにチャレンジしたり、マッサージ機にはまったり、
  • 自分の村のことや将来の夢を語ったり、
  • 時には布団をかけずに寝てお母さんを心配させたり。

たくさんの想い出を持って飛行機に乗り込んだのではないでしょうか。

また、1日では短すぎたという声もたくさん聞かれました。宿泊以外の移動などでホストファミリーどうしが連携したりすれば、長期宿泊受け入れが可能になるのでは?というご意見もいただいています。

貴重なご意見は今後に活かして行きたいと思います。素敵な時間をありがとうございました。

Cultural day, March 27th, 3月27日禅寺とラーメン

(by Sakane Natsumi)
Today was the last day in Niigata.
Last night Yapese kids and young staff members had a great meeting until late at night.
However, especially group C members (we divided into three groups and made dishes or washed the dishes in turn) got up early and started to make breakfast.
After the breakfast, we cleaned all the rooms, toilets and corridors.
During the cleaning, some host families came to say good-by to their “kids”.
1130327龍澤寺でJun 130327松井食堂ラーメン
We left the accommodation at 9:30 and went to the Ryutaku temple.
The monk taught us three important things: maintaining the fine posture, catching your breath, living in peace and harmony. Then we had an experience of ” Zazen”, it is a kind of meditation. What we had to do was simple but it was difficult. To make good posture, concentrate on breathing and count the number.
For lunch, we ate chinese noodles which are called “Ramen “, then took a little walk and went to Takano-san’s parents’ home. They welcomed us kindly and served us extremely good water and snacks.
At 2:30, got into the bus and left Niigata. It took 3 and a half hours to get to Tokyo.
For dinner, we separeted into three groups, which I mentioned above, and went to restaurants (two groups went to Japanese-style food restaurants and the other went to Gyudon-shop which serves beef on rice)
Humm…..what I want to say the most is I am really tired but had a great time in Niigata!
Kids’ faces are now totally different from what those were before we went to Niigata, they looks more cheerful, relaxed, satisfied. I hope they learned something from visit in Niigata and will apply the learning to their own lives when they go back to Yap.
 今日は新潟の最終日。
 昨晩はヤングスタッフとヤップの子供たちで遅くまで非常に濃いミーティングをしましたが、今日はそれでも特に当番になっていたグループCのメンバーなどは早起きして朝ごはんを作りました。子供たちとヤングスタッフは3チームに分かれて昨日の朝ごはんから調理と片づけを交代でしています。
 その後はセミナーハウスを全員でお掃除。思いのほか時間がかかってぎりぎりになってしまいました。
 新潟のホストファミリーの中にはわざわざお見送りに朝早くからお越しくださった方々もいました。ありがたいことです。
 9時30分にセミナーハウスを出発して、龍澤寺というお寺にお邪魔。
 まずはじめに 和尚さんから3つの大切なことを教わります。姿勢を整えること、呼吸を整えること、そして心を整えること。その後、お経があった後、いよいよ座禅に入ります。
 子供たちはまず、正座にひと苦労、さらに胡坐でひと苦労、そして座禅はなかなかきつそうでしたが、中にはすごく集中している子もいたようです。
130327龍澤寺でみんなで2 牧之通り散策
 座禅の後は、ラーメンをいただきました。ラーメンが来るや否や、ぺろりと平らげていました。
 ヤップ島では、インスタントラーメンが生活に溶け込んでいるのですが、本物のラーメンはほとんどの人にとって初めてでした。
 その後少し散歩がてら牧之通りを歩き、高田屋さんで古い建造物や品物を見せてもらい、最後になんと高野さんのご実家にお邪魔させていただきました短い時間でしたが、ご両親は大変あたたかく向かい入れてくださって、非常においしい井戸水やお菓子を くださいました。
 2時30分にバスに乗って約3時間30分。
 東京に着いてまた3つのグループに分かれて、2つは定食屋、1つのグループは牛丼屋で夕食をいただきました。
  夜は水俣病のことと砂糖中毒について高野さんから簡単なレクチャーがあり終了。
 ふぅ、、、とにかく新潟への旅はかなり疲れて、いまいち頭も働いていませんが、新潟の皆さんには本当によくしていただいて、非常に充実した4日間でした。子供たちが少しでも多くのことを今回の新潟への旅で学んでいることを望んでいます。ではでは、これでようやく私も寝れます。おやすみなさい。    坂根菜摘

“Zen” at a temple, お寺で座禅

At the final day in Minami-Uonuma, students visited a local temple and experience “zen” and Japanese calligraphy.

南魚沼最終日の今日は、地元のお寺を訪ね、座禅と習字をさせてもらいました。 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

During zen practice, students were quite good to stay in the same pose, the monk admired.

座禅中、みんな姿勢がしっかりしていて、日本の若者より体がしっかりしているからでしょうかと和尚さんはほめていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

They walked through an old street redeveloped recently resembling similar atmosphere as same as hundreds years ago.

何百年も前の町並みを再現した「牧之通り」を散策したあと、東京に向かいました。牧之通り散策

Straw rope making, 縄ないを習う

After enjoyed playing in the snow, elder persons of the village taught students how to make rope with rice straw. In Yap, rope is made from coconuts fiber. Students were quite good rope makers, elders admired.

雪の中で遊んだ後、集落の長老たちが集まって縄ないを指導してくれました。ヤップではココヤシの繊維でヤシロープを作ります。「この人たちはうまいなあ」と長老たちはヤップの若者の手先の器用さに驚いていました。

130326縄ない

Joverlyn made a small sandal with this local elder.

ジョベリンは、このおじいさんにワラジをあませてもらいました。130326sandaljoverlyn

Boys took the first hot spring in their life time.

男の子たちは、人生初めての温泉体験。

130326onsens

Snow ball fighting! March 26th, 雪合戦に夢中!

(by Xinle Su)
Today started off with a trip to the local junior high school! Unfortunately I wasn’t able to be there but looked on as the school girls bade farewell warmly to the Yap youths. It sure seemed fun!
We went to Tochikubo Village soon after, when it was time to play in the snow! Before we even went to the actual snow playing area, chaos had already erupted as the youths started snowball fights. When we reached the snow area, youths had fun sleighing down slopes, building snowmans and houses, and barbecuing marshmallows. Before long, two hours had passed, and we trudged back to the community house tired but satisfied, ready to fill our stomachs with delicious local food. A kind of food of worthy mention during lunch was fermented soybeans, otherwise known as natto, which can apparently only be found in Japan. The 豚汁tonjiru was filled with much ingredients and warmed our freezing bodies.
130326塩沢中学校2s.jpg 130326イグルーの前s.jpg
At the same community house, we were joined by 4 masters of straw-craft who taught us how to make sandals from straw. While it required much effort and patience to get the technique right, it seems that quite a few people completed making the sandals!

We returned to our lodging after that, at which point dinner preparations started. We had this “competition” whereby everyone in the cooking team had to cook his or her own version of fried rice, with a variety of seasonings offered. One interesting dish was from Christo, who added curry seasoning. Thumbs up for the imagination!

After a brief rest, we had one of our longest meetings! We divided into three groups to talk about experiences in Niigata and Tokyo after a general discussion. The atmosphere was lively and brimming with energy.

Everyone was dismissed at about 10, so they must be really tired from such a long day. お疲れ様でした!

朝、地元の塩沢中学校を訪問。春休み中でしたが、「英語クラブ」の5人らが学校の案内をしてくれました。

次に栃窪集落に行きました。雪がいっぱい。活動場所に行く前から雪合戦が始まって大騒ぎ。森を抜けた先にある広い場所に行き、ソリ滑りや雪だるまづくり、雪の家づくりなどで2時間があっという間に経ちました。たき火であぶったマシュマロもおいしかったです。

お昼ご飯は、地元の女性が作ってくれた具だくさんの豚汁が冷え切った体を暖めてくれました。地元のいろんな食材の中で人気があったのは、納豆でした。

午後は、4人の地元のおじいさんたちが集まってくれて、稲ワラから縄やわらじを作る方法を習いました。

宿に戻った後は、自分たちで夕食の準備。当番のそれぞれが自分流の味付けでチャーハンを作りました。クリストはカレー味。いいアイデアでした。

夜は午後10時まで、これまでの活動をふり返ってのグループディスカッション。長い一日ご苦労さまでした。        今日の記録係 シンレ・スー