「Snow」カテゴリーアーカイブ

Life in a snow village and local wisdom

On Jan. 22th to 23rd, ECOPLUS organized the Snow Village Workshop called “Snow Shoveling and Preserved Food in a Snow Country” at Tochikubo Village, Minami-uonuma City, Niigata. Ten participants mainly from Kanto region enjoyed snow shoveling with the locals and learned the food preservation methods and cooking.
Tochikubo sees snow more than 4 meters high in winter. The participants, most of them had little experience with deep snow, helped local people remove snow around houses and learned about winter food preservation methods, passed down over generations.

Experiencing snow shoveling.
Experiencing snow shoveling.

 With the guidance from the locals, the participants learned how to use shovels and snow-dumps (A tool like a big square shovel which can take large amount of snow) and helped remove snow around houses of elderly residents. Although they struggled to use the tools at first, they seemed to be enjoying snow shoveling.
A participant with the first snow shoveling experience said ‘I was surprised to discover that snow is really heavy’.

Cooking lunch with the local women.
Cooking lunch with the local women.

 On the second day, the participants visited Mrs Kuwabara, who is the 80-year-old instructor of the day, and studied the way she stored vegetables and pickles for winter. Then divided into few groups, everyone cooked lunch taught by the local women, using preserved foods.

The participants commented in their feedback as follows.
‘I felt achievement after the snow shoveling.’
‘I learned seasoning methods by cooking together with the local women.’
‘I felt the strong link between the lifestyle of the snow country and the local food culture.’

雪とたっぷりと楽しむ・・・雪中キャンプに17人

落差数十メートルを一気に下り降りる「豪快尻すべり」。今年は雪質がすべりやすく、高速尻すべりになりました。
落差数十メートルを一気に下り降りる「豪快尻すべり」。今年は雪質がすべりやすく、高速尻すべりになりました。

09年度の雪中キャンプ、「大荒れ」という天気予報でしたが、快晴から雨、吹雪、そして快晴へという天候の中で、みんなはたっぷりと楽しみました。

 

新潟県南魚沼市の清水地区で、2010年3月20日から22日までの2泊3日、首都圏や地元の子どもたち計17人が集まって、エコプラス恒例の雪中キャンプに挑戦しました。あいにく日本海側を通った低気圧の影響で、初日の夜遅くに雨、2日目夜には吹雪となる天候でしたが、子どもたちはまきを使った料理や尻すべりなどで存分に雪を楽しみました。

雪の上でのたき火は、一斗缶を使って起こします。後ろのテント群がお泊まりの場所となりました。
雪の上でのたき火は、一斗缶を使って起こします。後ろのテント群がお泊まりの場所となりました。

 

活動の詳細は以下をご覧ください。

http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=13&aid=845

首都圏の会社員らが計11軒の高齢者宅などを除雪

2月11日—13日に、首都圏から14人が新潟県南魚沼市の山里を訪ね、雪に埋もれた高齢者世帯の除雪作業などに当たりました。

 

一階部分がすっぽり雪に埋もれた高齢者宅の回りで雪掘りをする参加者のみなさん。
一階部分がすっぽり雪に埋もれた高齢者宅の回りで雪掘りをする参加者のみなさん。

2010年2月11日から13日の3日間、首都圏の学生や会社員など14 名が新潟県南魚沼市栃窪集落を訪問。高齢者宅など系11軒の除雪作業をしたほか、カンジキをはいた雪上ハイクや村の活性化に向けた村人との意見交換などを行いしました。

このプログラムは、地域にある身近な資源を再確認し、集落の将来計画を作るために昨年実施した「とちくぼ秋のパノラマウォーク」の第二弾。参加者の多くは、初めて見た積雪3メートル以上の雪に圧倒されつつ、「都会ではできない面白い体験だった」「これが毎日のこととなると大変」という感想を語っていました。

作業後、お茶をいただきながら、地元のお年寄りと話を交わすほっとする、ひととき。
作業後、お茶をいただきながら、地元のお年寄りと話を交わすほっとする、ひととき。

エコプラスでは、今後も雪の状況によっては、集落への除雪応援活動を行う予定です。

今回の活動の詳細は、現地での活動に当たっている「TAPPO 南魚沼やまとくらしの学校」のウェブサイトをご覧下さい。

http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=836