「スターンレビュー」タグアーカイブ

環境学習会で活発な意見

気温上昇に伴う影響について解説する大前エコプラス事務局長
気温上昇に伴う影響について解説する大前エコプラス事務局長

3月20日、エコプラザにてスターンレビューの骨子を理解し、温暖化対策など広く意見交換する学習会が開かれた。

学習会には、3Rを推進する団体や電力会社、広告代理店勤務の人や、環境教育に携わる人、みなと環境リーダー1期生や大学生など、港区環境課の今福課長を含め、多様なステークホルダー(関係者)21名が集まった。

 最新の取材を元に情報提供する朝日新聞の石井記者
最新の取材を元に情報提供する朝日新聞の石井記者

展示されているパネルなども利用しながらのスターンレビュー概略説明の後、レビューが出される背景としての英国の環境政策事情が解説された。
英国では3月13日に気候変動法案が議会に提出されるなど、政治的に大胆な方針が次々と打ち出されている。2050年までに二酸化炭素を1990年レベルから60%削減することを掲げているが、英国内ではそれでも生ぬるいという批判が強い。一方、日本は、2013年までに6%を削減する目標の達成すら危うい状態だ。
続いて、朝日新聞で温暖化特集を担当する石井記者は、気候変動など環境諸問題に対するアメリカ政府の姿勢が大きく変わりつつある最新情報を披露しながら、日本だけが世界で大きく取り残されることになるのでは、と報告。

電力会社勤務の参加者から、社としての取り組みの説明と共に、「どんなに二酸化炭素を出さないように電気を作ることができても、消費者がどんどん使い続けては効果がない」という説得力ある発言があった。

土や緑を増やすことの意義や、個々人ができることを考えることなどの意見が活発に出され、たくさんの質問と意見交換で、時間をオーバーしてのにぎやかな時間となった。

こうした学習会を繰り返していくことの意義を確認して解散。有志たち15名で懇親会へと移動し、温暖化議論はさらに白熱した。

「いますぐ、1%を、温暖化防止のために」

429-lスターンレビューから読み解く地球温暖化・パネル展「地球温暖化のいま」を開催中

NPO法人エコプラスは、東京都港区環境課の事業の一環として、パネル展「地球温暖化のいま」を2007年1月16日から同区立エコプラザで開催しています。

最新の温暖化報告書として世界的に注目を集めている英国のスターンレビューをもとに、地球温暖化問題を考えるパネル展です。

430-l 世界銀行の副総裁もつとめたエコノミスト、ニコラス・スターン博士は「温暖化防止にいま取り組まねば、人類は過去例をみない規模の損害を受ける」として、すべての1%の費用を温暖化防止にあてるよう提案しています。

スターンレビューによれば、現在CO2換算で380ppmとされる温暖化ガス濃度は、さらに上昇を続け、このままの暮らしぶりを続けると濃度は20年後に550ppmに、今世紀末には750ppmに達し、世界の気温は5度上昇。大規模な気候変動や、東京やニューヨークを水没させる海面上昇などを引き起し、その被害総額は、2回の世界大戦の被害額を超えた史上最悪のものとなろうという経済学的な予測をしています。

一方で、直ちに温暖化ガス対策を真剣に取れば、気温上昇は2度で押さえられ、温暖化ガス濃度は550ppm程度で安定するとして、今行動が必要であることを力説しています。

このスターンレビューは、G8サミットなどを通じて世界各国に大きな影響を与えると思われます。日本や港区に則した温暖化理解を促進するパネルに再構成して、この最新の報告書を区民にいち早く提供します。
◇開催期間
2007年1月16日(火)から2月下旬まで
◇主催
港区環境課
◇企画運営
NPO法人エコプラス
◇場所
港区エコプラザ
http://www.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=12&aid=350
◇イベント内容
スターンレビューを基礎に、温暖化に関する図表、グラフ、写真を組み合わせ展示します。
(1)温暖化の実態
温暖化ガスの排出源/今後の温暖化ガス濃度予想と気温上昇の可能性/気温上昇の影響
(食料、水、生態系、洪水、熱帯病)/気候変動への予測(エルニーニョ、洪水、海面上昇)
(2)温暖化の経済的影響
貧困層に深刻で長期的な影響/中高緯度の先進国にも影響/経済への影響は甚大
(3)対応策
CO2排出量を50億トンまで削減(現在400億トン)/無理なく減らすために即時削減開始
(実行方法/ガス排出の多いものを使わない・効率を高める・森林伐採などの回避・電力や暖房、
移動手段をクリーンなものに移行)

◇問い合わせ
港区立エコプラザ
〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-6-9
TEL: 03-3431-6057
FAX:03-5404-7765

◇参考資料
スターン博士の日本での講演内容
http://www.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=8&aid=373