「場の教育」タグアーカイブ

「どういう場所で、どう生きるべきか」・・国際シンポジウム無事に終わりました

最後にみんなで壇上に

21日、22日と続いた国際シンポジウムを無事に終えました。21日は100人近く、22日も約60人に来ていただきました。

特別ゲストのブロンウィン・ヘイワードさんの、子どもと民主主義と教育の基調講演は、政治の角度から、私たちの生き方を問う、穏やかでかつ刺激的な内容でした。

ブロンウィン・ヘイワードさんの基調講演

「Practice Democracy Everyday(毎日が民主主義)」「Make Decision Everyday(毎日の暮らし一つひとつを自分で選ぶ)」という言葉は、日々、自分が、仲間たちと一緒に社会を作って行こうという強いメッセージでした。

カール・ベンクスさんは、「よみがえる古民家」という講演で、浮世絵などに強い関心を持っていた父親の影響で柔道や空手を始め、来日した後は、映画若大将シリーズで、 加山雄三の相手役として柔道で投げられる役をしたエピソードで会場を驚かせました。

カール・ベンクスさんの基調講演

日本の古民家で使われている木を組み合わせる技巧など、日本の木造建築の持つ素晴らしさを強調し、古民家を次々に壊して、工場で出来た安価な住宅に置き換えているのは、「宝石を砂利に置き換えているようなものだ」と、日本という場が育んだ文化が、グローバリゼーションの経済合理性の中で一気に消えようとしていることを嘆きました。

写真家の桃井和馬さんは、インド北東部のラダックを題材に、いかに伝統文化がグローバル化の中で、崩れていくか。残る文化と残らない文化について、美しい写真とともに語りました。

21日の午後の後半からは分科会、22日は、壇上と会場全体での討論が展開されました。昼食には、参加者の一人が地域おこしとして開発しているみかんの皮の天然酵母を使ったパンと、地元のジビエであるイノシシを使ったリエットのサンドイッチを提供。このサンドイッチを囲んで、ランチミーティングが開かれ、それぞれが、地域とグローバリゼーションについて意見を交わしました。

おりしも、米国では「Make America Great Again」のトランプ大統領が就任。英国のEU離脱、各国での保護主義への回帰などの中で、いかに世界のほかの人々とつながりつつ、身近なコミュニティの中での学びを深めていくかの議論が続きました。子育て、地域おこし、環境教育、持続可能性教育、野外教育、国際化などの様々な分野の人々が集まり、「豊かさとは何か」「どういう場所で、どう生きるべきか」などを真剣に考えた2日間でした。

これから詳細な報告を作成します。

来場いただいたみなさま、ご支援、ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

子どもと環境と民主主義を考える・・・ヘイワードさん

ブロンウィン・ヘイワードさん(Bronwyn Hayward)

ニュージーランドのカンタベリー大学准教授。政治・国際関係学部長。気候変動などの環境問題と子どもの教育、民主主義などを複合的に研究。2016年気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の「1.5度への見通し会議」専門家の一人。英国の「持続可能な繁栄の理解センター」や、ノルウェーのオスロ大学での「若者の声とビジョン」など世界をつないだ研究でも知られる。

 最新の著作は、「Children, Citizenship and Environment; Nurturing a Democratic Imagination in a Changing World」。出版元のルートリッジ社の説明には、以下のような説明があります。

https://www.routledge.com/Children-Citizenship-and-Environment-Nurturing-a-Democratic-Imagination/Hayward-Jackson-Dobson-Hart/p/book/9781849714372

今の時代に育つ子どもたちは、4つの新しい課題に直面しています。危険をはらんだ自然環境の変化、弱まる民主主義、広がるばかりの社会的な格差、そして、かつてない若者の高い失業率といつまでも続くはずがない資源の浪費に象徴されるグローバル経済です。しかし、同時に変革への若いエネルギーも世界のあちこちに見ることができます。

 この本では、市民教育や環境教育への新たな課題を探索します。若者たちが、自分たち自身に対して影響を与える課題に関して、どう対応するかを学ぶプロセスと、どう、教育者や研究者、親、地域社会が支えるか、その責任と可能性を探ります。

政治学者として議論を巻き起こし、同時に希望を示している著者は、新自由主義的な民主主義における若者のシチズンシップに関する概念を再検討しています。彼女は、ニュージーランドのさまざまな事例を比較しならが議論を展開しています。ニュージーランドの若者たちは、この地球全体に対する自分たちの義務というものを意識していると繰り返しています。一方で社会的にはひどい状況にも直面しています。著者は、エコロジカルなシチズンシップに関するSEEDというモデルを開発しました。協働意識(Social agency)、環境教育(Environmental Education)、社会正義( Embedded justice)、分散された熟慮の民主主義(Decentred deliberative democracy)、そして自己の超越(Self transcendence)です。このモデルがどのように若者の民主的な想像力をかきたて、社会正義への参加意識を育むのかが議論されています。

環境を心配する人々、市民科学者、そして世慣れた懐疑主義の人々には、この本は多様なシチズンシップのありようを示し、同時に、多くの試みが、若者たちが変化を生むことをより困難にしているのかを論じています。とりわけ8歳から12歳の子どもを対象とする教師たち、環境市民教育に関わる実践者たち、さらに環境変化や民主主義、世代を超えた正義などに関心を持つ学生や研究者たちに資するものです。成長なき反映の著者であるティム・ジャクソン氏が賛辞を寄せ、欧米を代表する研究者、アンドリュー・ドブソン氏とロジャー・ハート氏もまえがきを寄稿しています。本書の著作料の半分は、クライストチャーチの大地震に関する貧困支援に提供されます。
彼女のブログは、以下から参照下さい。http://growing-greens.blogspot.co.nz/
Youtubeでも見ていただけます。http://www.youtube.com/watch?v=kptEw1aZXtM&feature=youtu.be

国際シンポジウム「グローバリゼーションと地域」・・・持続可能な社会の形成に向けた「場の教育」

1月21日と22日、東京都内で国際シンポジウム「グローバリゼーションと地域」・・・持続可能な社会の形成に向けた「場の教育」を開きます。

今回は、巨大化するグローバリズムと人々が暮らす地域の関係、さらにはデジタル化が進んで、情報があふれ、何でも知っているかのように思ってしまう状況の中で、いかに本質を見極め、地域と社会を築き上げていくのか。学びから民主主義までを議論する場として設定しました。

ブロンウィン・ヘイワードさん

子どもと環境と民主主義を考えるニュージーランドの政治学者、日本の古民家再生に人生をかけるドイツ人の建築家、世界の紛争地などを取材する日本人写真家が基調講演に登場します。子どもを自然の中で育む「森のようちえん」活動や、小規模農業による自給を目指す活動、さらには地域おこしに取り組む若者など、多彩な人々が集まる見込みです。ふるってご参加下さい。

日時、場所:
17年1月21日(土)立教大学池袋キャンパス8101教室ほか
22日(日)早稲田大学国際会議場ほか
特別ゲスト:
ブロンウィン・ヘイワードさん
(NZ在住、カンタベリー大学、政治学者)
カール・ベンクスさん
(日本在住、建築家)
桃井和馬さん
(写真家、ノンフィクション作家)

注:インド・ラダックから来日予定だったタシ・アンチョックさんは、ご家族の急病のために来日が出来なくなりました。

対象:グローバル化と地域、教育全般、地域づくりや農山村交流、民族や文化、持続可能な社会づくりなどに関心を持つ学生、市民、実践者、研究者
参加:無料

企画委員(順不同)
阿部治・立教大学教授
安藤聡彦・埼玉大学教授
板垣順平・神戸大学学術研究員
木俣美樹男・東京学芸大学名誉教授
佐々木豊志・くりこま高原自然学校代表
佐久間憲生・出羽三山の自然を守る会代表
豊田光世・新潟大学准教授
横山隆一・日本自然保護協会参事
高野孝子・早稲田大学教授・エコプラス代表理事

後援(予定):日本環境教育学会、日本野外教育学会、持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)、日本環境教育フォーラム(JEEF)、森のようちえん全国ネットワーク
助成:地球環境基金
共催:立教大学ESD研究所、早稲田大学留学センター
主催・事務局:特定非営利活動法人ECOPLUS
101-0044東京都千代田区鍛冶町2-5-16-4階
03-5294-1441、1442(Fax) info@ecoplus.jp

春の恵みを味わい楽しむ山菜講座

地元のベテランの案内で散策。すぐ足元に山菜がいっぱい育っていました。
地元のベテランの案内で散策。すぐ足元に山菜がいっぱい育っていました。

2016年5月7日に、新潟県南魚沼市栃窪集落で山菜講座を開催しました。地元のベテランの案内で、鮮やかな新緑の野山を歩き、15品にものぼる山菜料理を堪能させていただきました。

新潟県南魚沼市栃窪集落で、雪国の春の恵みを味わい楽しむ山菜講座を開催しました。

参加したのは、以前からエコプラスと交流のある山梨県小菅村で活動されるみなさんや、新潟市、地元の南魚沼市からの計12名。

地域の恵みがたっぷり詰まった山菜ランチ
地域の恵みがたっぷり詰まった山菜ランチ

時折雨がぱらつく天気の中でしたが、山菜に詳しい地元のベテランの案内で集落周辺を散策し、ヤマウド、コシアブラ、シオデ、ゼンマイ、トリアシショウマ、アサツキなど、立派な山菜を次々に見つけていきました。

この冬は地元の人も驚くほどの小雪で雪消えが早く、フキノトウやコゴミなどはすでに季節を過ぎていましたが、ちょうどいい育ち具合のヤマウドが多く見つかりました。見つけた山菜は、毒草がないかを見てもらって持ち帰り。それぞれの味の違いや調理の仕方を教わりました。みなさん、これから自分の食卓に並ぶのを楽しみにしている様子でした。

お昼ごはんは、地元の暮らしの知恵がたっぷり詰まった山菜料理。ウドのきんぴら、ウド・ウコギ・コシアブラ・タラノメ・フキノトウの天ぷら、ウドのはかまの甘酢漬け、コゴミのきんぴらとごま和え、アブラコゴミのきんぴら、ワラビのマヨネーズ和え、シオデのマヨネーズ醤油、キノメの卵がけ、あんにんごの塩漬け、焼いたネマガリタケのみそマヨネーズ、ネマガリタケとウドとワラビの山菜汁など、豊かな春の恵みをお腹いっぱい味わいました。

案内していただいた地元の方は「その時にその場で採れるものを食べるのが山菜」と話してくれました。

参加者からは
「料理が多様で、おいしかった」
「山菜だけでなく山の暮らし全体の話が聞けた」
「風景がすばらしい」
「自分もいつかは地方で暮らしてみたい」
「小菅村という農山村に暮らしている自分自身をかっこいいと思えた」
など、さまざまな感想が聞かれました。

イロハ2016申込フォーマット

以下の事項に記入し、メールまたはファクスにてお申し込みください。 【宛先】TAPPO南魚沼やまとくらしの学校、E-mail : info@ecoplus.jp  FAX : 03-5294-1442

休日農業講座「田んぼのイロハ」参加申込書

*以下の2項目について丸で囲んで下さい。ご家族の場合は1人ずつ情報をお願いします。
参加の回:(田植え、草取り/草刈り、稲刈り、収穫祭)
参加区別:(一般/学生/エコプラス会員/棚田オーナー)

氏名:
ふりがな:
性別:
所属(職業、学校、団体など):

郵便番号:
住所:

電話:
FAX:
携帯電話:
メールアドレス:
プログラム実施中の緊急時連絡先:

生年月日:
*保険をかける際に必要となります。

交通:塩沢駅からの送迎希望/自家用車など自力

1)このイベントをどこで知りましたか?

2)参加の動機・期待することは何ですか?

3)関心のあること、現在活動していることなど簡単な自己紹介

4)アレルギー等健康面についてスタッフが知っておくべきことがあれば教えてください。

5)就寝時のいびき、喫煙など、事務局が配慮したほうがよいことはありますか?

5)その他、心配事や疑問などあればご記入ください

※2),3)については、参加者同士の交流のために当日配布する名簿に掲載させていただきます。

国際シンポジウムの進行予定

1月23日と24日の進行は以下のように考えています。シンポジウムの案内チラシに24日(日)と表記すべきところを23日(日)と誤って記載しました。混乱を来たし申し訳ありませんでした。訂正します。

23日(土)会場は、大隈記念講堂の地下小講堂
午前9時45分開場
午前10時15分開始
趣旨説明:高野孝子・早稲田大学教授
基調講演:サイモン・ビームズ氏
アンバ・ジャミール氏
昼食
午後1時
基調講演:桑子敏雄・東京工業大学教授
話題提供:ルース・オング・ウェイ・リンさん

午後2時半
分科会(会場は、分科会の前にお知らせします)
㈰自然保護活動;地域の自然を知る価値
㈪学校教育;地域に根ざす学び PBE は学校を変えられるか
㈫ふるさと再発見;日本各地の、風土、地域に根ざした学び
㈬冒険教育;冒険の「ディズニー化」。PBE はどうあらがえるか
午後6時、交流会(一般 3,500円、学生 2,500円)
24日(日)会場は、早稲田大学・国際会議場井深大記念ホール
午前10時 開始
パネル討論(司会、安藤聡彦・埼玉大学教授)
正午 昼食
午後1時
グループ討議、全体討議、とりまとめ
午後3時 終了予定

特別ゲストの紹介

国際シンポジウムに参加する内外の専門家を紹介します。

 

サイモン・ビームズさん
Dr. Simon BEAMES

海外ゲストのエジンバラ大学シニアレクチャラー、サイモン・ビームズさん
海外ゲストのエジンバラ大学シニアレクチャラー、サイモン・ビームズさん

英国・エジンバラ大学シニアレクチャラー
カナダ出身。マレーシア、香港、米国などでの 23 年に渡る豊富な指導体験を持つ。体験学習、野外教育・ 環境教育を出発点に、持続可能性教育までの幅広い領域で活躍。「Learning outside the classroom(教 室の外での学び)」などの著書がある。

 

アンバ・ジャミールさん
Mr. Amba JAMIR

インドの少数民族のために働く環境弁護士アンバ・ジャミールさん
インドの少数民族のために働く環境弁護士アンバ・ジャミールさん

環境弁護士
インド北東部のナガランド州の少数 民族アオ族。環境に関する弁護士資格 を持ち、山岳地での農業、資源管理、 人材開発など、少数民族が暮らす地域 社会を中心に、持続可能な社会を目指 した幅広い教育活動を展開している。

 

桑子敏雄さん
東京工業大学大学院教授

信仰と環境、社会をつなぐ東京工業大学の桑子さん
信仰と環境、社会をつなぐ東京工業大学の桑子さん

社会理工学研究科。専門は哲学、倫理学、合意形成 学、プロジェクトマネジメント論。『風景の中の環境哲 学』(東京大学出版会、2005)、『空間の履歴』(東信堂、 2009)、『生命と風景の哲学』(岩波書店、2013)『社 会的合意形成のプロジェクトマネジメント』(コロナ社、 2016 年 1 月末刊行予定)など。

 

 

ルース・オング・ウェイ・リンさん
Ms. Ruth ONG Wei Lin

シンガポールの名門ラッフルズスクールで体験学習を進めるオングさん
シンガポールの名門ラッフルズスクールで体験学習を進めるオングさん

シンガポール・ラッフルズ学園
名門ラッフルズ学園の高校生などを対象とした体験学習の指導に当たる。生態系文学、指導者養成、場 の教育やコミュニティ教育などを教えながら、アジア各地での体験学習(サービスラーニング)プログラ ムを展開する。

(終了しました)国際シンポジウム 持続可能な社会の形成に向けた「場の教育」を開催

エコプラスは、2016年1月23-24日、東京・早稲田大学大隈講堂などで、国際シンポジウム 持続可能な社会の形成に向けた「場の教育」・・・「知っている」から「行動」へ、を開催します。ぜひご参加下さい。
学校教育から生涯教育、野外体験から環境教育、そして「地域創生」や「地域おこし協力隊」という政策や企業のCSR活動でも、地域への注目が広がっています。

地域を知ることから、個人や社会を変える「行動」にどうつながっていくのか。

「Place-Based Education(PBE)」として世界でも注目される流れを、海外の専門家とともに、実践者、研究者、企業人、市民が意見を交わす国際シンポジウムを開きます。

【日時】2016年1月23日(土)、24日(日)
【場所】早稲田大学大隈小講堂(23日)、国際会議場(24日)

【日程】23日 基調講演と分科会、交流会
24日 パネルディスカッションととりまとめ会議
【特別ゲスト】敬称略
サイモン・ビームズ(英国エジンバラ大学、野外環境教育)
アンバ・ジャミール(インド、環境弁護士、地域開発、社会教育)
オン・ウェイ・リン(シンガポール、ラッフルズ学園、学校体験教育)
桑子敏雄(東京工業大学、哲学・地域・対話)
【対象】学校教育や生涯教育、地域づくりや農山村交流、持続可能な社会づくりなどに関心を持つ学生、市民、実践者、研究者
【参加】無料、交流会は3,500円。学生2,500円

【企画委員】
阿部治・立教大学教授
安藤聡彦・埼玉大学教授、
板垣順平・神戸大学学術研究員
木俣美樹男・東京学芸大学名誉教授
佐々木豊志・くりこま高原自然学校代表
佐久間憲生・出羽三山の自然を守る会代表
高野孝子・早稲田大学教授
豊田光世・新潟大学准教授
横山隆一・日本自然保護協会参事

【後援】日本環境教育学会、日本野外教育学会、自然体験活動推進協議会、日本エコツーリズムセンター、持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J、予定)、日本環境教育フォーラム(JEEF、予定)ほか。
【共催】早稲田大学留学センター
【助成】独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金
【主催・申込】特定非営利活動法人ECOPLUS
101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-16-4階
03-5294-1441、1442(Fax) info@ecoplus.jp

世界のゲストと刺激的な意見交換・・国際シンポジウム「ESDと場の教育」

2015年1月11−12日に、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、国際シンポジウム「ESDと場の教育」を開きました。

2015年1月11−12日に、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、国際シンポジウム「ESDと場の教育」を開きました。野外・環境教育や町づくりなどに関心を持つ多様な世代が集まり、海外ゲストや国内各地からの特色ある報告を聞き、刺激的な意見交換が展開されました。

2日間で110人が参加。学生から教員、研究者など幅広いみなさんが集まりました。
2日間で110人が参加。学生から教員、研究者など幅広いみなさんが集まりました。

2日間のシンポジウムには100人を超す学生や市民、研究者や実践者らが参加しました。初日の11日午後は、海外ゲストの基調講演から始まりました。

エジンバラ大学のピート・ヒギンズ教授は、英国北部のスコットランドで取り組みが始まっている持続可能性のための学び(Learnoing for Sustainability, LfS)を中心に講演。ヒギンズさんが行う野外教育の一つカヌーでの川下りでは、単にカヌーをあやつるだけでなく、その場の状況を元に、気候変動や社会経済、地理学、歴史や文化、法や政治など多様なことを語る分野横断的な学びを目指している、などと説明しました。
その場所に着目した学びはとても重要で、しかも現代ではその場は私たちが暮らしているこの「地球」そのものではないかという問いを投げかけました。

ニュージーランドのイヒ・ヘケさんは、少数民族であるマオリ族の伝統に基づいた自然との関係を学びに組み込もうとする試みを説明してくれました。現代ではすべての面で西欧的な価値観に世界中が染められ、それぞれの民族の伝統を押しつぶした植民地のような状態にあると指摘。星座と水と大地のつながりを軸に置くマオリの考え方を再び取り戻す教育の手法を、ニュージーランド政府の支援を得て策定していると報告しました。

タイのジェス・サラトーンさんは、ASEAN各国が連携して展開している東南アジアでのESDへの取り組みを幅広く紹介。タイについては、「足るを知る経済(Sufficient Economy)」という考えが教育の柱のひとつにされていること、国王自らが王宮に風力発電の風車を立て、持続可能な社会づくりをアピールしていることなどを話しました。

後半のパネル討議では、立教大学の阿部治さんがグローバルとローカルの2つの経済のつなぎあわせが大切だ、などと提起し、会場の参加者も含めた議論が展開されました。

2日目には、岩手県葛巻町の鈴木重男町長が「山村の持つ力」を語りました。
人口6,854人の過疎の町が、地域にあるものに着目して、ミルクとワインと自然エネルギーの町に育った経過を美しい光景ともに説明しました。食料とエネルギーに関しては100%を超す自給率を達成、地元の高校の存立を図るために新たに導入する高校への山村留学では、希望者があれば「全国どこへでも職員が伺わせていただく」と発言。参加者を驚かせました。

その後、「暮らしと学び」「野外教育・自然体験と地域」「公教育と地域」の3つの分科会に分かれて議論。昼食をはさんでまとめの会をして終了しました。

2日目終了後の記念撮影。初日夕のレセプションや2日目の昼食時などでも多くの意見交換がされました。
2日目終了後の記念撮影。初日夕のレセプションや2日目の昼食時などでも多くの意見交換がされました。

参加したみなさんからは、「スコットランドの事例から、大切な教育を展開するためには政治を動かすという話を聞き、励まされた」「教育の根っこになにを置くのかが大事。マオリには24の要素を持つ宇宙観があり、それを学びに結びつけようとしている、というヘケさんの分科会での話は、圧巻」「山村にもともとある力を活かした葛巻町の試みは刺激を受けた」「立場が違う人たちの議論が多様性を生んだ」などのコメントをいただきました。

シンポジウムの様子については、3月下旬に報告書をまとめるほか、このウェブサイトでも順次報告します。またフェースブックのエコプラスページもご覧下さい。
https://www.facebook.com/pages/Ecoplus/1429092087370488

International Symposium, ESD and Place-Based Education, held

On 11-12 Jan 2015, International Symposium \”ESD and Place-based Education\” was held in National Olympic Memorial Youth Center, Tokyo, Japan. Guest speakers and participants both exchange ideas and opinions about outdoor education, environmental education, community, sustainability and the place.

 

Over 100 people attended the conference.
Over 100 people attended the conference.

Over 100 participants from students to community leaders, researchers, and practitioners attended the conference. In the afternoon of Sunday, the conference opened with keynote speeches of three guest-speakers form the world.

Prof. Pete Higgins of Edinburgh University reported the situation on “Learning for Sustainability, LfS” in Scotland. He showed a photo of canoeing class in river Spey and said it is not just for the canoeing skills. “We talked about many things, from climate change, history, geography, culture, law, or economics. He stressed the value of Place-based Education and said the planet is the place in this time.

Dr. Ihi Heke from New Zealand talked about a challenge of Maori people to reconnect their tradition and nature into learning. He pointed out that the current society is occupied by Western way of thinking. With governmental support he is setting up a curriculum based on Maori wisdom based on constellations, water and the land.

Dr. Jess Salathong from Thailand introduced some activities in ASEAN countries. He also explained cases of ESD in Thailand and said that at the base of ESD Program in Thailand, the principle, \”Sufficient Economy,\” exists. His photo of a wind turbine at the palace in Bangkok raised by the King for the promotion of sustainable development dragged attentions from the audience.

During the panel discussion followed the keynote speeches, Prof. Abe Osamu of Rikkyo University argued the relation between GLOBAL and LOCAL and audience joined the discussion.

On 12th, Mr. Suzuki Shigeo, Mayor of Kuzumaki Town, gave his speech with the title of “the power of mountainous village.” He introduced a history of a town with 6,854 people tried to find and to use what they have within the area and now the town grew to \”Milk, Wine and Clean Energy\” town. Its sufficiency on food and energy are over 100% and a new system of its high school inviting students from city area is to start this year, he said.

Then, participants separated into three sectional workshops; Life and Learning, Outdoor/Experiential Education and Place, Public Education and place, and exchanged opinions. After those, concluding session was took place and finished the conference at around 3 p.m…

Group photo, at the end of the conference.
Group photo, at the end of the conference.

Participants say; it was encouraging to hear about Scotland\’s situation, which moves the politics to LfS. / the important thing is what to put on the root of education. Maori has 24 views on the world and tries to connect them with education / Kuzumaki\’s attempt is a good stimulation for other mountainous villages. / Many participant\’s discussion from different backgrounds made the symposium full of diversity.

ECOPLUS will publish a report on March. Photos and some reports are on our facebook page.
https://www.facebook.com/pages/Ecoplus/1429092087370488

Video of keynote speeches are available from following URL.
http://www.ustream.tv/recorded/57422031

The panel discussion is also seen from the URL
http://www.ustream.tv/recorded/57424627