「場の教育」タグアーカイブ

(終了しました)国際シンポジウム 持続可能な社会の形成に向けた「場の教育」を開催

エコプラスは、2016年1月23-24日、東京・早稲田大学大隈講堂などで、国際シンポジウム 持続可能な社会の形成に向けた「場の教育」・・・「知っている」から「行動」へ、を開催します。ぜひご参加下さい。
学校教育から生涯教育、野外体験から環境教育、そして「地域創生」や「地域おこし協力隊」という政策や企業のCSR活動でも、地域への注目が広がっています。

地域を知ることから、個人や社会を変える「行動」にどうつながっていくのか。

「Place-Based Education(PBE)」として世界でも注目される流れを、海外の専門家とともに、実践者、研究者、企業人、市民が意見を交わす国際シンポジウムを開きます。

【日時】2016年1月23日(土)、24日(日)
【場所】早稲田大学大隈小講堂(23日)、国際会議場(24日)

【日程】23日 基調講演と分科会、交流会
24日 パネルディスカッションととりまとめ会議
【特別ゲスト】敬称略
サイモン・ビームズ(英国エジンバラ大学、野外環境教育)
アンバ・ジャミール(インド、環境弁護士、地域開発、社会教育)
オン・ウェイ・リン(シンガポール、ラッフルズ学園、学校体験教育)
桑子敏雄(東京工業大学、哲学・地域・対話)
【対象】学校教育や生涯教育、地域づくりや農山村交流、持続可能な社会づくりなどに関心を持つ学生、市民、実践者、研究者
【参加】無料、交流会は3,500円。学生2,500円

【企画委員】
阿部治・立教大学教授
安藤聡彦・埼玉大学教授、
板垣順平・神戸大学学術研究員
木俣美樹男・東京学芸大学名誉教授
佐々木豊志・くりこま高原自然学校代表
佐久間憲生・出羽三山の自然を守る会代表
高野孝子・早稲田大学教授
豊田光世・新潟大学准教授
横山隆一・日本自然保護協会参事

【後援】日本環境教育学会、日本野外教育学会、自然体験活動推進協議会、日本エコツーリズムセンター、持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J、予定)、日本環境教育フォーラム(JEEF、予定)ほか。
【共催】早稲田大学留学センター
【助成】独立行政法人環境再生保全機構 地球環境基金
【主催・申込】特定非営利活動法人ECOPLUS
101-0044 東京都千代田区鍛冶町2-5-16-4階
03-5294-1441、1442(Fax) info@ecoplus.jp

世界のゲストと刺激的な意見交換・・国際シンポジウム「ESDと場の教育」

2015年1月11−12日に、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、国際シンポジウム「ESDと場の教育」を開きました。

2015年1月11−12日に、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターで、国際シンポジウム「ESDと場の教育」を開きました。野外・環境教育や町づくりなどに関心を持つ多様な世代が集まり、海外ゲストや国内各地からの特色ある報告を聞き、刺激的な意見交換が展開されました。

2日間で110人が参加。学生から教員、研究者など幅広いみなさんが集まりました。
2日間で110人が参加。学生から教員、研究者など幅広いみなさんが集まりました。

2日間のシンポジウムには100人を超す学生や市民、研究者や実践者らが参加しました。初日の11日午後は、海外ゲストの基調講演から始まりました。

エジンバラ大学のピート・ヒギンズ教授は、英国北部のスコットランドで取り組みが始まっている持続可能性のための学び(Learnoing for Sustainability, LfS)を中心に講演。ヒギンズさんが行う野外教育の一つカヌーでの川下りでは、単にカヌーをあやつるだけでなく、その場の状況を元に、気候変動や社会経済、地理学、歴史や文化、法や政治など多様なことを語る分野横断的な学びを目指している、などと説明しました。
その場所に着目した学びはとても重要で、しかも現代ではその場は私たちが暮らしているこの「地球」そのものではないかという問いを投げかけました。

ニュージーランドのイヒ・ヘケさんは、少数民族であるマオリ族の伝統に基づいた自然との関係を学びに組み込もうとする試みを説明してくれました。現代ではすべての面で西欧的な価値観に世界中が染められ、それぞれの民族の伝統を押しつぶした植民地のような状態にあると指摘。星座と水と大地のつながりを軸に置くマオリの考え方を再び取り戻す教育の手法を、ニュージーランド政府の支援を得て策定していると報告しました。

タイのジェス・サラトーンさんは、ASEAN各国が連携して展開している東南アジアでのESDへの取り組みを幅広く紹介。タイについては、「足るを知る経済(Sufficient Economy)」という考えが教育の柱のひとつにされていること、国王自らが王宮に風力発電の風車を立て、持続可能な社会づくりをアピールしていることなどを話しました。

後半のパネル討議では、立教大学の阿部治さんがグローバルとローカルの2つの経済のつなぎあわせが大切だ、などと提起し、会場の参加者も含めた議論が展開されました。

2日目には、岩手県葛巻町の鈴木重男町長が「山村の持つ力」を語りました。
人口6,854人の過疎の町が、地域にあるものに着目して、ミルクとワインと自然エネルギーの町に育った経過を美しい光景ともに説明しました。食料とエネルギーに関しては100%を超す自給率を達成、地元の高校の存立を図るために新たに導入する高校への山村留学では、希望者があれば「全国どこへでも職員が伺わせていただく」と発言。参加者を驚かせました。

その後、「暮らしと学び」「野外教育・自然体験と地域」「公教育と地域」の3つの分科会に分かれて議論。昼食をはさんでまとめの会をして終了しました。

2日目終了後の記念撮影。初日夕のレセプションや2日目の昼食時などでも多くの意見交換がされました。
2日目終了後の記念撮影。初日夕のレセプションや2日目の昼食時などでも多くの意見交換がされました。

参加したみなさんからは、「スコットランドの事例から、大切な教育を展開するためには政治を動かすという話を聞き、励まされた」「教育の根っこになにを置くのかが大事。マオリには24の要素を持つ宇宙観があり、それを学びに結びつけようとしている、というヘケさんの分科会での話は、圧巻」「山村にもともとある力を活かした葛巻町の試みは刺激を受けた」「立場が違う人たちの議論が多様性を生んだ」などのコメントをいただきました。

シンポジウムの様子については、3月下旬に報告書をまとめるほか、このウェブサイトでも順次報告します。またフェースブックのエコプラスページもご覧下さい。
https://www.facebook.com/pages/Ecoplus/1429092087370488

International Symposium, ESD and Place-Based Education, held

On 11-12 Jan 2015, International Symposium \”ESD and Place-based Education\” was held in National Olympic Memorial Youth Center, Tokyo, Japan. Guest speakers and participants both exchange ideas and opinions about outdoor education, environmental education, community, sustainability and the place.

 

Over 100 people attended the conference.
Over 100 people attended the conference.

Over 100 participants from students to community leaders, researchers, and practitioners attended the conference. In the afternoon of Sunday, the conference opened with keynote speeches of three guest-speakers form the world.

Prof. Pete Higgins of Edinburgh University reported the situation on “Learning for Sustainability, LfS” in Scotland. He showed a photo of canoeing class in river Spey and said it is not just for the canoeing skills. “We talked about many things, from climate change, history, geography, culture, law, or economics. He stressed the value of Place-based Education and said the planet is the place in this time.

Dr. Ihi Heke from New Zealand talked about a challenge of Maori people to reconnect their tradition and nature into learning. He pointed out that the current society is occupied by Western way of thinking. With governmental support he is setting up a curriculum based on Maori wisdom based on constellations, water and the land.

Dr. Jess Salathong from Thailand introduced some activities in ASEAN countries. He also explained cases of ESD in Thailand and said that at the base of ESD Program in Thailand, the principle, \”Sufficient Economy,\” exists. His photo of a wind turbine at the palace in Bangkok raised by the King for the promotion of sustainable development dragged attentions from the audience.

During the panel discussion followed the keynote speeches, Prof. Abe Osamu of Rikkyo University argued the relation between GLOBAL and LOCAL and audience joined the discussion.

On 12th, Mr. Suzuki Shigeo, Mayor of Kuzumaki Town, gave his speech with the title of “the power of mountainous village.” He introduced a history of a town with 6,854 people tried to find and to use what they have within the area and now the town grew to \”Milk, Wine and Clean Energy\” town. Its sufficiency on food and energy are over 100% and a new system of its high school inviting students from city area is to start this year, he said.

Then, participants separated into three sectional workshops; Life and Learning, Outdoor/Experiential Education and Place, Public Education and place, and exchanged opinions. After those, concluding session was took place and finished the conference at around 3 p.m…

Group photo, at the end of the conference.
Group photo, at the end of the conference.

Participants say; it was encouraging to hear about Scotland\’s situation, which moves the politics to LfS. / the important thing is what to put on the root of education. Maori has 24 views on the world and tries to connect them with education / Kuzumaki\’s attempt is a good stimulation for other mountainous villages. / Many participant\’s discussion from different backgrounds made the symposium full of diversity.

ECOPLUS will publish a report on March. Photos and some reports are on our facebook page.
https://www.facebook.com/pages/Ecoplus/1429092087370488

Video of keynote speeches are available from following URL.
http://www.ustream.tv/recorded/57422031

The panel discussion is also seen from the URL
http://www.ustream.tv/recorded/57424627

国際シンポジウム「ESDと場の教育」を開きます

国連の持続可能な開発のため教育の10年(DESD)が終わったのを受けて、近年注目されてきた地域や場とのつながりを重視する学び(Place-Based Education)とESDについて議論する国際シンポジウムを1月11−12日に東京で開催します。

 

基調講演するピート・ヒギンズ英国エジンバラ大学教授。スコットランドでの持続可能性教育の中心人物。
基調講演するピート・ヒギンズ英国エジンバラ大学教授。スコットランドでの持続可能性教育の中心人物。

持続可能な社会づくりを目標に展開されてきたESDは、日本国内でもさまざまな取り組みが行われてきました。エコプラスが内外の専門家と調査研究を重ねてきた「場の教育」はESDと深く関連しています。

今回は、内外での事例を元に、専門家実践者だけでなく市民や学生がとともに、持続可能な社会づくりを目指した学びについて意見を交わします。

日時:2015年1月11日(日)、12日(祝)
場所:東京オリンピック記念青少年総合センター(国際交流棟ほか)
日程:11日午後 基調講演、全体討論
夕  レセプション(一般3,500円、学生2,500円)
12日午前 話題提供、分科会
午後 とりまとめ会議

 

特別ゲスト:
ピート・ヒギンズさん(エジンバラ大学教授)
イヒ・ヘケさん
(ニュージーランド政府への健康・教育アドバイザー)
ジェサダ・サラトーンさん(チュラロンコン大学講師)
鈴木重男さん(岩手県葛巻町長)

ニュージーランドのマオリ族出身のイヒ・ヘケさん。心理学博士。少数民族の伝統や文化と野外活動に着目している。
ニュージーランドのマオリ族出身のイヒ・ヘケさん。心理学博士。少数民族の伝統や文化と野外活動に着目している。

対象:学校教育や生涯教育、地域づくりや農山村交流、持続可能な社会づくりなどに関心を持つ学生、市民、実践者、研究者
参加:無料
企画委員:
阿部治・立教大学教授
安藤聡彦・埼玉大学教授
木俣美樹男・東京学芸大学名誉教授
佐々木豊志・くりこま高原自然学校代表
佐久間憲生・出羽三山の自然を守る会代表
横山隆一・日本自然保護協会参事
高野孝子・エコプラス代表理事
進行:
1月11日(日)午後1時開始
基調講演。ヒギンズさん、サラトーンさん、ヘケさん
午後3時半から パネル討議
午後5時半から レセプション

1月12日
午前9時 話題提供 岩手県葛巻町 鈴木町長
午前10時 分科会(さらに調整中です:参加希望を参考のためにお伝えください。当日の変更可)
㈰暮らしと学び・・トランジションタウンの試みなどから
㈪野外教育・自然体験と地域・・自然体験に社会の視点を
㈫公教育と地域・・新潟県立長岡中学校などを事例に

午後1時半
まとめの会議
午後2時半閉会

後援:日本環境教育学会
日本野外教育学会
持続可能な開発のための教育の10年推進会議(ESD-J)
日本環境教育フォーラム(JEEF)
助成:地球環境基金
主催:特定非営利活動法人ECOPLUS

申込:氏名、所属、連絡先、11日夜のレセプションの参加希望の有無、12日の参加希望分科会を書いて、info@ecoplus.jpまで。

 

The symposium on Place based education: community, place and learning

1005-l
Dr. Ron Tooth is the founding Principal of the Pullenvale Environmental Education Centre and inventor of “Storythread Pedagogy”. Dr. Tooth offers environmental education program to both school students and teachers.
1006-l
Ms Maunakea-Forth is a founder of MA’O Community Food Security Initiative and Executive Director of Wai’anae Community Re-Development Corporation. Operating organic farm, she offers education/training program to youth.

On 1st February, ECOPLUS holds an international symposium“Community, Place and Learning”at Rikkyo University, Tokyo. With special guest speakers from Australia and Hawaii, the symposium will provide us an opportunity to consider the way to combine “Place” and “Learning”for sustainable living.

With distinguished researchers and practitioners, ECOPLUS has undertaken a 3-year project to explore the meanings of“Place-based Education”in modern context in Japan. With special guest speakers from Australia and Hawaii, the symposium will provide us an opportunity to consider the way to combine “Place” and “Learning”for sustainable living.

 

 

*Date: 1st February (Wed), 2014

*Place: Rikkyo University Tachikawa Memorial Hall (Tokyo, Ikebukuro)
*Guest Speakers: Dr. Ron Tooth (Principal of Pullenvale Environmental Education Centre, Australia)
Ms. Kukui Maunakea-Forth (Executive Director of Wai’anae Community Re-Development Corporation, Hawaii)
*Commentators: Dr. Peter Renshaw (Head of School of Education, Queensland University, Australia)
*Organizers: ECOPLUS / Rikkyo University Research Center for ESD
*Supported by Japan Outdoor Education Society / The Japanese Society of Environmental Education
*Funded by Japan Fund for Global Environment (JFGE)
*Admission free

➢ Schedule
9:30 Hall Opens
10:00 Symposium starts
10:15 Presentations
(Dr. Tooth, Ms. Maunakea-Forth)
*lunch break*
13:40 Proposal of“PBE Model”
14:05 Panel Discussion
16:10 Conclusion

Registration:
please send your information
(Name, Affiliation, Address, TEL, Email)
to

球磨川流域で活動するみなさんと意見交換

エコプラスが進める「地域に根ざした環境教育」のモデル構築事業で、熊本県の球磨川・川辺川流域で活動されるみなさんと意見交換をしました。

 日本で初めての撤去工事が始まった荒瀬ダム
日本で初めての撤去工事が始まった荒瀬ダム

エコプラスが展開してきた「地域に根ざした環境教育」のモデル構築事業で、今年3回目の現地討論会を、熊本県八代市と人吉市で、9月14、15日に開きました。

参加したのは、安藤聡彦埼玉大学教授や木俣美樹男東京学芸大学教授、横山隆一日本自然保護協会常勤理事、佐久間憲生出羽三山の自然を守る会理事長、佐々木豊志くりこま高原自然学校代表、それに高野孝子エコプラス代表理事ら。

人吉市での現地討論会
人吉市での現地討論会

現地では、長年にわたって川辺川ダムの反対運動などに関わってきたつる詳子さんに案内をいただいて、八代湾の河口に広がる干潟から、中流域、そして最上流部の五木村までの川の様子などを視察しました。

中でも中流にある荒瀬ダムでは、日本で初めての本格的なダム撤去作業が始まったばかりでした。数日前には一部を爆破して破壊する作業が行われ、地元新聞に大きく掲載されていました。

意見交換では、地域に根ざす学びを視野に入れつつ、地元で行われているさまざまな環境関係の取り組みの紹介を受け、その上で、地域に根ざすことの意味などを語り合いました。

Second session was held in Kosuge, Yamanashi

The second session of \”Place-based Education\” Project was held on 30th-31st, July in Kosuge village, Yamanashi.

The second session was held in Kosuge village, Yamanashi prefecture on 30-31st July. Three committee members, Dr. Kimata, Mr. Yokoyama, Mr. Sakuma participated in the session.

Kosuge has a headstream of Tama river which supplies drink water to Tokyo area. On 30th, members visited around the village and saw a closed elementary school, which is now used as a place for interaction between locals and universities in Tokyo area. At the village office, members got lectures about educational activities from village officers and related organizations. At night, members had a discussion with local people, some of them had moved in from Tokyo. They introduced their activities on \”food\”, \”farming\”, \”experience in nature\” and so on.

The committee is planning next discussion session in Kyushu in September, as well as symposium in Rikkyo university (Ikebukuro Tokyo) on 1st February 2014.

The local symposium was taken place at Oguni-machi, Nishiokitama-gun, Yamagata

The first local symposium was held at Oguni-machi, Nishiokitama-gun, Yamagata from Saturday, June 8th to Sunday, 9th 2013 as one of the third year’s activities throughout Japan.
The first local symposium was held at Oguni-machi, Nishiokitama-gun, Yamagata from Saturday, June 8th to Sunday, 9th 2013 as one of the third year’s activities throughout Japan.
On the first day, we went to Kirisutokyo Dokuritu Gakuen, that has Christian ethics for nearly 80 years, and heard the explanation with Mr. Yamaguchi, who is a vice-town mayor. Then we also went and saw ex-Kotamagawa elementary school, that had been closed despite of renovation under advanced idea and now is used as an atelier by an artist.
On the second day, we had the local symposium. Takano explained the activities done in previous two years, and were given case reports from Mr. Inoue, who runs Kodomoen at Kaneyama-machi, Yamagata and Mr. Nishina in Oguni-machi. After that we had discussion under the following themes, “sustainable society,” “environmental education” and “community-based.”

あっという間の…

毎日お世話になった栃窪集落センター
毎日お世話になった栃窪集落センター

栃窪にてインターン実習…あっという間の一週間でした。

こんにちは。今日は少し早い時間ですが、更新させていただきます。
私がインターン実習に来てから一週間が経ちました。そして今日で実習は終了し大阪へ帰ります。
この栃窪に来てからは、大阪とは違い涼しさに驚き、自然の豊かさに驚き、生きものの多さに驚き、そして栃窪はいい人ばかりでみなさんの温かさに本当に驚きました。集落の全員のみなさんとお会いすることや、お話することをできなかったのは残念ですが、こどもたちが遊びに誘ってくれたり、寮から集落センターに行くまでの道でトマトをいただいたり、センターでは漬物などもたくさんいただきとても嬉しかったです。私にとっては一瞬のように短いひとときでした。たった一週間でしたが、良くしていただき本当にありがとうございました。
松村優輝

山菜の多彩な世界を楽しむ

小学1年生の子もワラビ採りに挑戦しました。
小学1年生の子もワラビ採りに挑戦しました。

5月19日、さわやかな青空が広がった栃窪集落で「山菜講座」が開かれ、東京都、長野県、地元南魚沼市からの8人が、地元の名人の案内で春の自然を楽しみました。

2012年5月19日、新潟県南魚沼市栃窪集落で「山菜講座」が開かれました。東京都や長野県、地元南魚沼からの8人が、地元講師の笛木健作さん、くらさんの案内で多彩な山菜の世界を楽しみました。

午前中は澄み切った青空の下、講師の笛木健作さんの案内で山菜探しに出かけました。笛木さんは、道路からすぐの場所でコゴミ、アサツキ、ヤブカンゾウ、フキ、ヨモギ、ウド、ワラビ、キノメ(ミツバアケビの芽)などを次々に見つけ、その山菜の特徴や採り方を解説しました。同時に、毒のある植物についても説明しました。

足下の芽吹きはもちろん、2,000メートル級の山々を望む大パノラマの景色も楽しみました。
足下の芽吹きはもちろん、2,000メートル級の山々を望む大パノラマの景色も楽しみました。

途中でワラビやウドなどが群生している場所を案内してもらい、それぞれのペースで山菜採りを楽しみました。はじめはなかなか見つけられなかった参加者も、序々に自分で見つけられるようになっていました。

お昼には、笛木くらさん特製の山菜ランチ。フキノトウ、コシアブラ、コゴミなどの天ぷら、キノメとシオデのおひたし、ウドのきんぴら、フキノトウ味噌、ワラビの酢漬け、ワサビ菜のおひたし、ミヤマイラクサのナムル風、スイバの酢漬けなど、たくさんの山菜料理が用意されました。山菜の種類の多さ、その調理方法の多様さに参加者は驚いていました。

午後は、採ってきた山菜を広げて、食べられないものがないか、どのようにして調理するのかなどを講師の2人から教わりました。

最後の振り返りで、東京都からの参加者は「緑がきれい。いろいろな色の緑があった」「東京からさほど離れていないのに、とても豊かなところだと思った」「料理がとても美味しくて、たくさん食べた」と話していました。南魚沼市内の参加者からは「講師の説明を聞いて、山菜について知識が整理できて良かった」との感想がありました。

</本文>