「文化」タグアーカイブ

「裸押合い祭り」にもちを奉納

紅白のもちをつき、丸めました。
紅白のもちをつき、丸めました。

3月3日に南魚沼市内で行われる「裸押合い祭り」に集落として奉納するもちつきがありました。ついたもちは、峠の頂上の観音様にお供えしてから、祭りを行う地区まで持って行くそうです。

 

3月3日に、南魚沼市内、旧大和町の浦佐にある吉祥山普光寺・毘沙門堂で、日本三大奇祭のひとつと言われる「裸押合い祭り」が行われます。

栃窪では毎年2月の最終日に1斗ほどのもちをつき、この祭りに奉納してきたそうです。奉納する前には必ず、丸めたもちを背負い、かんじきを履いて峠の頂上の観音様まで持って行き、お供えしたそうです。「冬路の沢」と呼ばれている沢づたいの旧道を登り、雪が多い時は片道で2時間ほどもかかったそうです。

 もちを背負って峠の頂上の観音様までお供えに行きます。昔から使われていた道だそうですが…雪が積もっていてどこが道なのかよくわかりません。
もちを背負って峠の頂上の観音様までお供えに行きます。昔から使われていた道だそうですが…雪が積もっていてどこが道なのかよくわかりません。

今日午前中、集落センターで、奉納するもちつきがありました。集落の人4人で8升ほどのもちをつき、丸め終わると、2人がその一部を背負い、かんじきを履いて峠の頂上へ向かいました。観音様にもちをお供えし、お経を読むそうです。「今年は雪が少ないから1時間で行って来られるだろう」と、もちを背負った人が話していました。

寒いけど楽しい!雪国の暮らしを体験

栃窪「さいの神」と雪国暮らし体験が、2009年1月17日-18日に、新潟県南魚沼市栃窪集落で行われました。
首都圏からの参加者が、小正月の伝統行事や、縄ない、かんじき散策、雪遊び、雪ほりなどを体験しました。

 

栃窪「さいの神」と雪国暮らし体験が、2009年1月17日-18日に、新潟県南魚沼市栃窪集落で行われました。首都圏から家族や学生、会社員など11名の参加者が訪れ、雪国の冬の暮らしを体験しました。
今回は地元の10代後半〜20代前半の男性陣が企画の段階からスタッフとして加わり、冬の栃窪の魅力を引き出してくれました。

当日、集落センターのまわりでは積雪が130㎝〜160㎝ほどありました。参加者のほとんどは春から秋の休日農業講座参加者で「冬はどうなるんだろう?」と話していました。集落センターに到着し、冬の栃窪の景色を見て「なるほど、こうなるのか」と納得しながらも、雪の多さにはびっくりしていました。

17日:13時集合、小雪のち晴。小正月の伝統行事「さいの神」に準備から参加、縄ない体験
18日:9時集合、快晴。かんじき散策、雪遊び、雪ほり

【さいの神】

 「さいの神」の様子です。左で燃えているのがお飾りの塔です。この火でモチやスルメを焼いて食べると今年1年健康でいられると言われています。書き初めを燃やして、燃えた紙が高く舞い上がると字が上手になるとも言われています。
「さいの神」の様子です。左で燃えているのがお飾りの塔です。この火でモチやスルメを焼いて食べると今年1年健康でいられると言われています。書き初めを燃やして、燃えた紙が高く舞い上がると字が上手になるとも言われています。

集合してあいさつや自己紹介、諸連絡を終えると、さっそく防寒着を着込んで、地元の若者たちと「さいの神」で燃やす正月飾り集めに出発。子ども班と大人班に分かれ約1時間集落をまわり、家々を訪ねてお飾りを集めました。
お飾りは神社に持って行き、ワラやしめ縄で作られた高さ2mほどの塔にのせていきました。塔から少し離れたところでは集落の人たちがかまくら作りを始めていて、参加者も加わって一緒にかまくらの穴を掘らせてもらいました。神社に続く道の両側の雪のカベに、灯ろうも作りました。
夕食後、「さいの神」が始まりました。19時にお飾りの塔に火がつけられ、集っていた集落の人たちはスルメやモチを棒につるし、火であぶっていました。みんなで作ったかまくらの中には火鉢が置かれ、おしるこがふるまわれました。お神酒や砂糖を使わない甘酒もふるまわれていました。参加者は「栃窪はいつ来ても食べ物がおいしい!」と、楽しんでいたようでした。

【縄ない】
16時から集落センターで、集落のお年寄りから「縄ない」を教わりました。お年寄りは「米を収穫した後に残るワラで、様々な生活の道具を作り利用していた」というお話を聞かせてくれ、手元ではどんどん縄を作っていきました。参加者は興味深く話を聞いていましたが、手元のワラはなかなか縄にならず、苦戦していました。

【かんじき散策:大人班】

 かんじき散策の様子です。
かんじき散策の様子です。

散策したルートは、地元の人が集落と隣り合ったスキー場から帰ってくる際に通った道だそうで、栃窪の人でなければわからないルートでした。下がスキー場になっている山に登り、尾根に広がるパノラマを楽しみ、下り坂はお尻ですべり降りました。ウサギの足あとも見つけました。

【雪遊び:子ども班】
除雪車が雪を飛ばしてできた大きな斜面をソリですべり、その後は雪合戦をしました。雪合戦と言っても、雪を投げあっているうちに追いかけっこになり、最後は子どもが雪の上に仰向けに投げ出されていました。ふわふわの新雪の上は倒れても痛くないので、体いっぱい雪とたわむれて、楽しんでいました。神社にも行き、雪にうまった狛犬を掘り出したり、雪だるまを作ったりしました。

【雪ほり】
18日の午後からは雪掘りと屋根の雪下ろしを体験しました。最初は大人だけと言っていましたが、子どもたちも「やってみたい!」と参加しました。重たいスコップを持って、夢中で雪掘りをしていました。

参加者は、「雪国で暮らすための知恵が興味深かった」「とても寒かったけれど、雪ほりなど体を動かすことが多く、東京よりあたたかく感じた」「雪国の生活は大変かもしれないが、楽しみもあると思った」と、感想を話していました。
*地元スタッフ(五十音順)
日熊恵一さん、笛木正哉さん、笛木裕次さん、笛木隆多さん、笛木亮佑さん
*縄ない指導
笛木茂春さん

小正月飾り

「お正月飾り」と言えば、みなさんもしめ縄など飾られることと思いますが、「小正月飾り」はどうですか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
写真は、栃窪の民宿「銀峰閣」の小正月飾りです。梅の花の形に整えたもちを「だんごの木」という木の枝に飾っています。ところどころには、ワラに小さく丸めたもちをつけて稲穂をかたどった飾りも下がっています。この稲穂の飾りは、玄関にも飾られています。

昔、小正月には、集落のどの家でもこの飾りを飾ったそうです。

ベェルゲ・ダーレさん、ウンネさんのノルウェーの話

ベェルゲ・ダーレさん、ウンネさんご夫妻から、自然に親しむ暮らし、スキー、トロールなどの話を聞き、「自然」がアイデンティティであるというノルウェーの文化にふれました。

 ときどき真顔で冗談を言うダーレさん。集落の人も楽しんでいました。
ときどき真顔で冗談を言うダーレさん。集落の人も楽しんでいました。

11月1日ー2日に、休日農業講座「山の上のかあちゃんの畑と料理」の参加者として、来日中のノルウェースポーツ体育大学助教授ベェルゲ・ダーレさん、小学校教諭のウンネさんご夫妻が南魚沼市栃窪集落を訪れました。1日目の夜、集落の子どもから大人まで15人ほどが集まり、プログラム参加者も一緒に、地図やスライドを見ながらノルウェーの話を聞きました。

最初に地理、歴史、経済などノルウェーの国について簡単に説明があり、次に景色の写真や、ダーレさんが作った絵本をスライドで見せてもらいながら、ノルウェーの人が普段から自然に親しんでいることを教わりました。

また、ノルウェーの人は世代を問わずスキーが好きで、共通の体験であり話題なのだそうです。栃窪の人もスキーが得意な人が多く、この話でノルウェーに親近感を覚えたようでした。

 ウンネさんの話の後、子どもたちと「橋の下のトロール」の物語を実演するダーレさん。迫力満点です。
ウンネさんの話の後、子どもたちと「橋の下のトロール」の物語を実演するダーレさん。迫力満点です。

話の終わりに、奥さんのウンネさんが、「橋の下のトロール」の物語を聞かせてくれました。牧草の茂る丘に続く橋の下にトロールがいて、草を食べに渡ろうとするヤギを食べようとする物語です。トロールとは、ノルウェーの人が自然の中にいると考えている空想の生き物です。

田んぼのイロハ 第5回報告

今年最後の休日農業講座「田んぼのイロハ」第5回を、2008年11月1-2日、新潟県南魚沼市栃窪地区で行い、稲刈り後の米づくりについて学びました。
2008年11月1-2日、今年最後の「田んぼのイロハ」第5回を行いました。参加したのは、北海道、埼玉、東京、千葉から集まった学生3人と社会人3人の計6人。稲刈り後の米づくりについて学びました。

1日目の田おこし作業の後。写真ではわかりにくいですが、みんな泥まみれになりました。終始笑いの絶えない作業となりました。
1日目の田おこし作業の後。写真ではわかりにくいですが、みんな泥まみれになりました。終始笑いの絶えない作業となりました。

午前中は降ったり止んだりしていた雨も、プログラムの始まった午後にはピタッとあがり、晴れ間が広がりました。
はじめに、稲刈りを終えた田んぼへ行き、来年の米づくりの準備である「田おこし」をしました。田おこしは、天地返しとも言い、稲刈りした後の稲の株をひっくり返す作業です。稲刈りで残った稲の株を土と混ぜ、分解を早めるために行います。
今回は、機械を使わずに、3本クワを使っての田おこしをしました。集落の人の無駄のない軽やかなクワさばきをお手本にしながら、雨でぬかるんだ土の上で、参加者はクワ使いのコツをつかもうと試行錯誤していました。参加者6人とスタッフ2人、集落の人2人で、1時間半で、約1反の田んぼの4割をやっと起こしました。
今回の座学は「刈取りから精米まで」がテーマでした。モミから玄米をはずす「調整」という作業をする機械などを見学した後、刈取りから田植えまでの作業を中心に話がありました。米袋ではなく俵を使っていた頃は、冬に翌年に出荷する分の俵を作っておいたものだとか、雪が降らない日にソリに米俵をつんで街に運んでいたという話など、牛や馬を使っていた頃の栃窪の冬の生活の話を参加者は興味津々で聞いていました。
夕食後は、ノルウェーからのゲスト、べェルゲ・ダーレさんのお話、交流会と続きました。

交流会では、参加者の学生たちと集落の20歳前後の若者たちを中心に、田おこしを全部終わらせようと盛り上がり、まだ星が輝く翌日朝4時半から田おこしが再開されました。この若者たちの様子に、わざわざクワを貸しに来てくれる集落の方もいました。途中朝食をとり、午前11時には見事1反の田んぼの田おこしが完了しました。

休憩時間には「なわない」もみせてもらいました。「自分で靴まで作れるなんてスゴい」と参加者から感嘆の声があがりました。
休憩時間には「なわない」もみせてもらいました。「自分で靴まで作れるなんてスゴい」と参加者から感嘆の声があがりました。

初めて手作業での田おこしをしたという20代の集落の若者は、「とても重労働だったが、仲間たちとなんだかんだ話をしながらやって、絆を深めることができ、幸せな時間だった」と話しました。

ベェルゲ・ダーレさんとウンネさんのお話は、こちらをご覧下さい。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=661

2日目の収穫祭の様子は、こちらをご覧下さい。
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=660

小豆を食べるまで

10月9日、隣のおばあちゃんが小豆のごみ取りをしていました。

 

 おばあちゃんが持っているのが「たかみ」という道具です。
おばあちゃんが持っているのが「たかみ」という道具です。

この日は朝から晴れていました。
いつものように事務局のある集落センターへ行こうと家を出たら、ちょうど隣のうちのおばあちゃんが小豆を「たかみ」という道具に入れていました。

そういえば2週間くらい前に、さやつきで収穫してきて乾かした小豆を、むしろの上でさやをたたいて豆を出していたのを思い出しました。
おばあちゃんは豆をザッ、ザッ、ザッ、と野菜を炒めるようにあおり、表面に出てくるさやの破片や葉っぱなどをていねいに拾っていました。

 小豆をあおっているところ。3回くらいあおってはごみを拾い、またあおっては拾い…その度に小豆がおいしくなっていくような気がしました。
小豆をあおっているところ。3回くらいあおってはごみを拾い、またあおっては拾い…その度に小豆がおいしくなっていくような気がしました。

冬寒くなってから、この小豆があったかいお汁粉になったり、おかこもちになったりするのでしょう。そう思うと何だかわくわくしました(食い意地がはっているからでしょうか)。

ちなみに、こちらではお正月に甘く煮た小豆といっしょにおもちを食べますが、南魚沼ではそれを「おかこもち」と言います。

古道復活に向けて

写真中央奥にあるスギも切り倒し、道を開きました。このスギは数十年前に植えたとのこと。
写真中央奥にあるスギも切り倒し、道を開きました。このスギは数十年前に植えたとのこと。

6月13日の朝8時過ぎ、集落センター前に約20人のお年寄りが集りました。かの上杉謙信が関東出兵する際に通ったといわれる古道を復活させるための作業が始まりました。

 

舗装道路ができてほとんど使われなくなったという古道の復活作業におじゃましてきました。

地区の老人会「多留山クラブ」が今年度から本格的に取り組むことになった本格的な事業です。

男性がチェーンソーを使って太い枝を払ったり、木を倒したりし、後ろから女性がカマを持って草を刈ったり、切り倒した木を道の脇に片付けたりしました。

使わなくなったとはいえどんな風に道が通っていたのかを、70歳以上の方に訊ねると迷うこと無くしっかりと答えてくれます。

「養蚕のためのクワの葉を取りによくこの道を使っていた」と言う道には、今でもたくさんのクワの木がありました。

切ったクワの木の断面。樹液が滴り落ちてきました。
切ったクワの木の断面。樹液が滴り落ちてきました。

午前中の作業のみの参加でしたが、あっという間の手早さで道が整備されていきました。

栃窪の古道について、地元のみなさんがまとめた『峠の村 栃窪』には以下のような記述があります。

「栃窪から峠を越えて妻有(中魚沼郡)へ行く道がいつ頃から開かれたのかは明らかでないが、峠を上り下りをする道は幾筋か形が残っている。その道筋を見ると深く窪んだ幾筋かの道形は村から峠へ、峠から村へ牛馬が通った足跡、人間の足跡で深く掘り窪んだ道が残されている。これを見ただけでも、現在の我々が想像もつかないような通行があり、それほど数百年間の長い年月利用されて来た道であると考えさせられ峠越えの道であると思われる。それほど上田(南魚沼地方)と妻有(中魚沼地方)が交流した重要な通路で長い歴史の道であった」

確かに、草や枝が伸びているものの道筋はとても深くはっきりしているところが多かったです。栃窪の歴史を感じ、新たな一面を知ることができました。

山伏さんが集って来た・・・

集落センターの外に山伏さんが大集合!!いったい何が始まるのでしょう?

 車に乗って町の方からどんどんやって来る山伏さん(ちょっとイメージが…)、総勢約10人。
車に乗って町の方からどんどんやって来る山伏さん(ちょっとイメージが…)、総勢約10人。

今日はさらに山へ登って護摩を焚いた後、集落内を托鉢して回られるそうです。今日が何かの行事なのかは伺いそびれてしまいました。
山伏さんによると、この栃窪集落は「修験宗(しゅげんしゅう)」の方が多いそうです。「それがどんな宗派なのか、何が祀られているかっていうと、話し出したら1時間以上かかっちゃうからね〜」とのことです。まだそこまで質問してはいなかったのですが…気のきいた山伏さんたちなのでした。

地球市民アワードプログラムとは?

パンフレットです。
パンフレットです。

2年間かけて開発してきた、子どもが地域で自然、文化、社会の活動を行うとアワード(賞)がもらえるプログラムです。子どもが地域との関わりを持て、総合的な学びを得ることができます。

 

<“地球市民アワード“プログラムのサイト>
http://www.gcaward.com/
ECOPLUSは、2008年春から “地球市民アワード“プログラムを実施しています。

地球市民アワードプログラムのサイト
地球市民アワードプログラムのサイト

●“地球市民アワード“プログラムについて
子どもが地域の自然や文化、伝統をもっと知り、地域の人たちとふれあい、地域とたくさん関わっていくためのプログラムです。子どもたちが地域で、自然、文化、社会などの定められた分野の体験活動を重ねた実績に応じて、それぞれが学んだことを評価し、その達成を記念するアワード(賞)を与えるというものです。子どもたちは、活動記録ノートに記入しながら活動することで、体験を学びにすることができます。

英国では、青少年を対象とした同様のアワードプログラム(デューク・オブ・エジンバラ・アワード、ジョン・ミュア・アワードなど)が盛んですが、日本では初めての試みです。現在日本で必要性が唱えられている子どもたちの地域での体験活動を奨励するものとして期待されています。

二年間のプログラム開発にあたっては、北野日出男氏(社団法人日本環境教育フォーラム会長)、松下倶子(前独立行政法人国立青少年教育振興機構理事長)、森良氏(NPO法人ECOM代表)、横山隆一(財団法人日本自然保護教会理事)、陶山佳久氏(ECOPLUS理事、東北大学農学部助教授)に開発委員会のアドバイザーとしてご協力いただきました。

また、2006年度トヨタ環境助成、2007年度子どもゆめ基金助成(教材)をいただき開発されました。

今回始まったアワードプログラムは、大地賞(初級)です。風賞(中級)、光賞(上級)も、今後行われる予定です。

開発のためのパイロットプログラムに参加した子どもたちからは、「自分の身の回りにはたくさん伝統があり、それを守りたいと思った」「都心なので、自然もそんなにないと思っていたが、実際見てみるとたくさん自然があった」「昔から今まで、大切に受け継がれてきたものは宝物や建物だけでなく文化や技術もあることを知った」「地域を歩いてみるといろいろなものが見えてきた」などの感想が寄せられています。

プログラムの詳細は
http://www.gcaward.com/
をご覧ください。参加するために必要な情報とガイドをダウンロードできます。

地球市民アワードプログラムが始まります。

パンフレットです。
パンフレットです。

2年間かけて開発してきた、子どもが地域で自然、文化、社会の活動を行うとアワード(賞)がもらえるプログラムです。子どもが地域との関わりを持て、総合的な学びを得ることができます。

ECOPLUSは、2008年春から “地球市民アワード“プログラムを実施しています。

●“地球市民アワード“プログラムについて
子どもが地域の自然や文化、伝統をもっと知り、地域の人たちとふれあい、地域とたくさん関わっていくためのプログラムです。子どもたちが地域で、自然、文化、社会などの定められた分野の体験活動を重ねた実績に応じて、それぞれが学んだことを評価し、その達成を記念するアワード(賞)を与えるというものです。子どもたちは、活動記録ノートに記入しながら活動することで、体験を学びにすることができます。

地球市民アワードプログラムのサイト
地球市民アワードプログラムのサイト

英国では、青少年を対象とした同様のアワードプログラム(デューク・オブ・エジンバラ・アワード、ジョン・ミュア・アワードなど)が盛んですが、日本では初めての試みです。現在日本で必要性が唱えられている子どもたちの地域での体験活動を奨励するものとして期待されています。

二年間のプログラム開発にあたっては、北野日出男氏(社団法人日本環境教育フォーラム会長)、松下倶子(前独立行政法人国立青少年教育振興機構理事長)、森良氏(NPO法人ECOM代表)、横山隆一(財団法人日本自然保護教会理事)、陶山佳久氏(ECOPLUS理事、東北大学農学部助教授)に開発委員会のアドバイザーとしてご協力いただきました。

また、2006年度トヨタ環境助成、2007年度子どもゆめ基金助成(教材)をいただき開発されました。

今回始まったアワードプログラムは、大地賞(初級)です。風賞(中級)、光賞(上級)も、今後行われる予定です。

開発のためのパイロットプログラムに参加した子どもたちからは、「自分の身の回りにはたくさん伝統があり、それを守りたいと思った」「都心なので、自然もそんなにないと思っていたが、実際見てみるとたくさん自然があった」「昔から今まで、大切に受け継がれてきたものは宝物や建物だけでなく文化や技術もあることを知った」「地域を歩いてみるといろいろなものが見えてきた」などの感想が寄せられています。

プログラムの詳細は
http://www.gcaward.com/
をご覧ください。参加するために必要な情報とガイドをダウンロードできます。