「米づくり」タグアーカイブ

米作りにおける「水」について 散策編

座学の前に、栃窪峠に通じる古道を経て集落のシンボルである「たる山」に登った。周辺の景色を見渡しながら、テーマの「水」についての説明や集落の歴史にまつわる話などを聞いた。

栃窪の護国観音の周辺にて、水源や田んぼを見渡しながら、水源などの話を聞いた。
栃窪の護国観音の周辺にて、水源や田んぼを見渡しながら、水源などの話を聞いた。

(栃窪の「水」)
1)栃窪の水源
栃窪から南西部の山々の水がもっとも豊かだが、水利権を巡る裁判で隣の天野沢集に負けたため、その水が使えなくなった。栃窪の後ろにあたる、自分たちが立っているこの辺り(栃窪峠の頂上)の水は、ほとんどが十日町方面に行ってしまっているらしく、栃窪には流れてこない。
水は田んぼには大切なものだが、十分な水の確保には昔から苦労している。

栃窪の「三大水源」と呼ばれるわき水のポイントのひとつ。
栃窪の「三大水源」と呼ばれるわき水のポイントのひとつ。

栃窪の水源は雨水や雪どけ水、窪地にしみ出る水など、天水と地下水。栃窪には「三大水源」と言われるわき水があり、少しはそれでうるおっている。日照りでもかれることがなく、米作りにも飲み水にも利用した。昔より水の量は減ったようだ。(写真でそのうちの一カ所を訪ねたことを載せる)
天野沢集落と栃窪集落に水路が分かれる分岐点がある。水不足の時は、その場所に線香やロウソクを持って行き、1本が燃えるごとに水の流れを変えるなどして水を分けあった。
昔は田んぼから田んぼへ水が流れる仕組みであったが、今は田んぼからいったん排水されると水は側溝に流れていってしまう。これは平場のやり方で、本来は違う考え方をしなければならなかった。用水と排水を一緒にしなければ、栃窪では全部の田んぼに水が行き渡らない。
わき水を利用しながらの作付けなので、冬の間に雪を集めたダムを作るなどして水不足の心配を解消したい。今も不足し始めているが梅雨に入れば心配ない。

2)栃窪やその周辺の温泉
今では使われていない、集落の上の方の棚田地帯で石油を掘ったことがあったが、石油は出ず鉱泉が見つかった。笛木健作さんの家の親戚が昔そこで温泉をやっていたが、なだれでつぶれてしまった。同じように石油を探して見つかった温泉が十日町市の「鷹の湯」。その他にも大沢山温泉などがあり、すべて鉱泉。西山の水脈には鉱泉が豊富なようだ。

(栃窪の地理学、歴史など)
1)地形
栃窪が含まれる「西山」というところは、海底が隆起してできた地域。貝の化石がたくさん見つかっている。

2)歴史
栃窪峠は、三国峠と清水峠へ行くための分岐点で、重宝に使われてきた道。「湯沢線」という県道が通っていたほど、交通量があった。
栃窪の始まりは古く、応仁の乱の際、京都から湯沢の貝掛温泉に逃れてきた万里集九(ばんりしゅうく)という僧侶が、栃窪峠で詠んだ句が今でも残っているそうだ。

3)自然、暮らし
栃窪峠の斜面を見渡すと、一面に50センチから1メートルくらいの丈の雑木が生えているが、こうした木は「柴木」と呼ばれ、全部切って燃料にしていた。山の表面には何もなく、冬はなだれが起きやすかった。夜風呂に入っているとものすごい音がしたものだった。

*峠の頂上に薬師如来をまつった小さなお堂があり、その隣には樹齢300年ほどと思われるスギがあった。スギの周囲は、大人4人が両手を広げて囲むほどで、6−7メートルはあると推測された。
100年ほど前に建てられたという、講師が住んでいる家は、お堂の近くの木が使われているとのこと。冬、「だいもち」と呼ばれるそりを使い、切った木をすべり下ろしたそうだ。

田植え後の苗の様子

イロハ田んぼの田植えから2週間ほど経ちました。

田んぼ全体の様子。
田んぼ全体の様子。

田んぼに苗を植えてから約2週間。苗を植えた16日から4、5日間はくもりでした。ずっと気温が低く、日中でも15度を下回ることがありました。そのために苗の生育が遅れ、植えられた時とほとんど同じ大きさのままです。葉っぱの色も薄くなってしまいました。

オタマジャクシが田んぼ全体のあちこちにいました。水が深いところのイネは、写真のようにモで押し倒されているものもありました。
オタマジャクシが田んぼ全体のあちこちにいました。水が深いところのイネは、写真のようにモで押し倒されているものもありました。

水面にはモが少しずつ繁殖してきて、土の表面にはコナギという雑草の芽がたくさん生えています。そしてその間を、小さなオタマジャクシやアメンボ、カエルなどが行き来していました。

5月31日からは20度を越える陽気が続き、6月3日は日中30度近くまで気温が上がりました。辺りからはカエルの鳴き声に混じってカッコウの鳴き声も聞こえました。この天気で苗が育つことを祈ります。

2010年田植えに21人が参加

さまざまな国の親子連れなど21人が、2010年5月15-16日に南魚沼市栃窪地区で、地元の皆さんと手植えによる田植えをしました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2010年度の休日農業講座「田んぼのイロハ」第1回『田植えと講座「稲作概論」』が、5月15-16日に開催されました。

参加したのは、首都圏からの親子連れや社会人、学生、など。

初日は、地元の笛木健作さんを講師に、まず苗代見学。田植え準備が進む田んぼの間をゆっくり歩きながら、雪をいただく越後三山など2,000メートル級の山々を背景にした絶景を楽しみました。苗代では、苗を実際に見ながら田植えまでにどのような準備が必要かなどを学びました。

座学では苗代作り、田植えそして稲刈りという稲作の一連の流れ、さらに栃窪における米作りの歴史や今後の課題について講義を受けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 2日目、快晴の下で田植えに挑戦。裸足で田んぼに入って感触を楽しみながら、苗を手で植えていきました。

かなりの重労働でしたがみんなでがんばって、昼ごろには1.2反の田植えが完了しました。曲がらずに真っ直ぐに植えられたと地元の方もほめてくれました。その後田んぼで食べたお昼ご飯が格別に美味しかったです。

この広さの田植えは、機械を使えばほんの2-30分で終わってしまうそうです。それをあえて手植えすることで、守れるものは何だろう、感じられるものはなんだろう…。講義と実践を通してそれぞれがそういう思いを持って帰路につきました。少しの身体の疲れといっしょに…。

(09年第6回報告)田起こしと豆腐づくりを体験

2009年11月7-8日に、南魚沼市栃窪地区で、クワを使った田起こしや豆腐づくりを体験しました。
休日農業講座「田んぼのイロハ」の今年度最後の回が、11月7-8日に開かれました。首都圏の親子連れや会社員、学生など15人が参加しました。

石うすを見て、地元の子どももやって来ました。交代しながら、にぎやかに石うすを回しました。
石うすを見て、地元の子どももやって来ました。交代しながら、にぎやかに石うすを回しました。

1日目は、地元の笛木晶さんに豆腐づくりを教わりました。
使った大豆は約3キロ。7月の草刈りの回にイロハ田んぼのあぜに苗を植え、10月の稲刈りの回に無事収穫した、「あぜ豆」です。
笛木さんの家でずっと使われてきた石うすで、一晩水に浸した大豆を、1時間半近くかけてひきました。できた大豆の汁を煮立たせ、熱いうちに木綿でしぼった液ににがりを入れ、固まってきたものを、木の箱に流し入れて重しをかけました。翌日、味の濃い、しっかりした豆腐ができていました。

2日目は、地元の桑原一男さんを講師に、昔ながらの「田起こし」を体験しました。稲を刈り取った後の株を土にかえし肥料にする、来年の米づくりに備える作業です。
「3本グワ」という刃が3本に分かれた田起こし専用のクワを、地元のみなさんに借りて使いました。クワの刃先は鋼(はがね)でできていて、どれも30−40年間使い込んでいるものだそうです。このクワで田起こしを行っていた頃は、集落に鍛冶屋がいて、修理や手入れをしてもらえたとのこと。中には5本グワもありましたが、それはあぜを作るためのクワだそうです。

ヨコ一列に並び、一人2,3列ずつを耕しました。
ヨコ一列に並び、一人2,3列ずつを耕しました。

参加者は黙々とクワを動かし、クワの刃を土に入れるザク、ザク、という音が辺りに響いていました。田んぼにはぬかるむ場所も多く、ところどころに水もたまっていました。参加者は足を取られそうになりながらも、クワにつかまってバランスをとっていました。
午前9時に始め、約2時間で一反近くの田んぼ全体を耕しました。

田起こしの後は、パノラマ農産が主催する、地元のみなさんの収穫祭に参加しました。
きねつきもち、ヌカ釜炊きのご飯、何種類もの漬け物など、地元食材のごちそうが並びました。参加者が前日から作ったあぜ豆の豆腐も、具だくさんのけんちん汁に仲間入りしました。
参加者は、田起こしの疲れも忘れ、談笑しながら味わっていました。

また、今回は1日目の始めに、栃窪集落の地域活性化のイベント「とちくぼ秋のパノラマウォーク」の一環として行われた生態系観察会にも参加し、集落内を散策しながら生き物を観察しました。1度雪が降ったからか、生き物の数は多くありませんでしたが、コオイムシやカエル、ヤゴ、オタマジャクシなどを観察しました。

とちくぼ秋のパノラマウォークについてはこちら
http://tappo.ecoplus.jp/showart.php?lang=ja&genre=9&aid=801

ふりかえりでは、参加者から「景色がすばらしいので、また来たい」「手づくり豆腐やきねつきもち、どこにでもあるけれど、今日ここでしか食べられないもの」「食べ物から活力を受け取った」などの感想が聞かれました。

(09年第5回報告)イネの刈り取りとはざかけを体験

2009年10月17日-18日に南魚沼市栃窪地区で、地元のベテランに教わりながらイネの刈り取りと天日乾燥の作業を体験しました。

 

天気に恵まれ、はりきって稲刈り開始。
天気に恵まれ、はりきって稲刈り開始。

休日農業講座「田んぼのイロハ」の第5回講座が、10月17日-18日に開かれました。
参加したのは首都圏の学生や社会人、親子連れなど29人。約半数が学生でした。

1日目は、地元の笛木晶さん、笛木健作さんを講師に座学を受けました。実物を観察しながら、その年によってイネの出来が異なることなどを教わりました。栃窪集落の概要や営農の現状、現代の農山村の課題などにも話題が及び、質疑応答も活発に交されました。
座学の前には、ほぼ毎月行われている生態系調査「栃窪いきものプロジェクト」にも参加。集落内を散策し、生き物を観察しました。ところどころで地元の人の暮らしも垣間見ながら、栃窪集落の生態系の豊かさを学びました。

地元の大ベテラン、笛木実さん。イネを刈るのも束ねるのも、あっという間です。
地元の大ベテラン、笛木実さん。イネを刈るのも束ねるのも、あっという間です。

前からの予報で誰もが雨を予想していた2日目は、朝から晴れ、青空の下でイネを刈り取ることができました。
いつも指導してくださるパノラマ農産のみなさんに加え、笛木実さん、日熊健吉さんが応援に駆けつけてくれました。70代後半の大ベテランの加勢に参加者は元気づけられ、1反以上のイネの刈り取りとはざかけ作業を、約2時間半で終えました。
当日まで雨が多く、至る所にぬかるみがあり、歩くことも大変な田んぼでしたが、刈り取ったイネの間から様々な植物、虫たちが姿を現し、特に子どもたちは喜んで、カエルやカナヘビを追いかけていました。もし機械を使っていたら、ぬかるんだ中での刈り取りも、子どもが生き物を追いかけることもできません。

参加者のふり返りアンケートでは、田んぼと田んぼを取り囲む集落の自然の豊かさを感じたり、地元の人とのふれあいに温かさを感じたりしたという感想が多く寄せられていました。また、くり返し参加している人は、季節ごとに異なる景色の美しさや、地元の人との交流の深まりを感じているようでした。

苗代片付け

苗代が、8月27日に片付けられました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
苗を育てるために、雪どけ後最初に作られる苗のプール「苗代(なわしろ)」。

今年は4月13日に、まず地面を平らにするところから始めました。苗代を作る場所は車で通りがかる時に見えるので、この作業をしているのが見えると、いよいよ米づくりが始まる・・・春だなあ、と感じたものでした。

そんな春の風物詩でもある苗代が、8月27日に片付けられました。使われていた木材やシートは、来年も使えるようきちんとしまわれていました。

実りの秋の足音

穂が実り始めています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
8月6日頃、穂は少し出たか出ていないかくらいでした。
写真は8月27日撮影のイロハ田んぼです。長さ15から20センチほどの薄い緑色の稲穂が、少しずつ実り始めています。
空にはウロコ雲、辺りにはセミとコオロギの鳴き声が入り混じって響いていました。「実りの秋」はもうすぐそこです。

10月17日・18日は「田んぼのイロハ」の稲刈りです。写真の、手作業で育てられた無農薬コシヒカリを収穫し、天日干しにします。詳細は後日ウェブサイトにて。

(09年第1回報告)「昔は1人で植えた」約1反の田植え

5月16日−17日、南魚沼市栃窪集落にて2009年度第1回目の休日農業講座「田んぼのイロハ」が行われました。参加者は首都圏や県内から集まった会社員や大学生、4歳から60代まで17名。小雨の中1.2反の田植えを行いました。
5月16日−17日、南魚沼市栃窪集落にて2009年度第1回目の「田んぼのイロハ」が行われました。参加者は県内や首都圏から会社員や大学生が17名、4歳から60代まで。小雨の中1.2反の田植えを行いました。
テーマは「稲作概論と田植え」。苗代見学や座学で田んぼや苗の構造、育苗などについて学び、実際に田んぼに入って苗を植えることでさらに理解を深めました。

苗代で育苗についての説明を聞きました。
苗代で育苗についての説明を聞きました。

1日目は今にも雨が降り出しそうなくもり空の下、かさを片手に苗代見学に行きました。、地元の人と一緒に、車が発達する以前に使われていた棚田の中の細い道を歩き、田んぼの構造や植物について説明してもらいました。苗代では、苗の生長を見ながら育苗について教わりました。
その後の座学では、田んぼの構造、田植えまでの段取り、田植えの際の様々な作業のことなど、昔の様子を詳しく教わりました。

1列だけをひたすら植え続けた小学生。向いのあぜから植え始めた大学生のところまであっという間に着いてしまいました。
1列だけをひたすら植え続けた小学生。向いのあぜから植え始めた大学生のところまであっという間に着いてしまいました。

2日目は朝から小雨が降っていましたが、参加者は雨具を着て田植えに臨みました。素足で入った田んぼの泥の感触や、ときどき腰をのばして眺める景色を味わいながら、田植え作業は約1時間半で終了しました。
「昔は1人で1日1反植えて初めて1人前と言われた」という地元の人の話をふりかえり、「1人前にはほど遠いなあ」と話していました。

作業の後の昼食は、地元の人が用意してくれた昔ながらのヌカ釜炊きのご飯、ワラビとニシンのみそ汁や漬け物など。参加者は何杯もおかわりしていました。

参加者からは、「村の人の知識が素晴らしかった」「本来あるべき自然と人間の姿を垣間見た気がした」「参加している人たちとのつながりを感じた」などの感想が寄せられました。