第3回環境リーダー養成講座開催

港資源化センター。中間処理の技術と現状を説明する港区清掃リサイクル課・田代係長。
港資源化センター。中間処理の技術と現状を説明する港区清掃リサイクル課・田代係長。

みなと区民環境リーダー養成講座の第3回の講義が行われました。テーマは「ごみとリサイクル」。講師は港清掃工場長の二階堂 久和さんと港区清掃リサイクル課事業計画係長・田代喜司郎さん。

 

前半は、二階堂工場長による講義。まず、ゴミ問題を考える上で、「ゴミは出す人が悪い。しょうがないから処分している」という認識を大前提に持ってほしいと語りました。

そして、港区におけるゴミ処理の現状を説明。わずかだが量は減ってきていること。プラスチックでも有害物質を出さずに焼却でき、さらに灰を溶かして「スラグ」として軽量化できること。また、焼却時の熱を発電にも回しているなど、処理技術が世界トップレベルまで進歩していることを解説しました。

新聞紙とチラシを選り分けている様子。受講生の多くが驚きました。
新聞紙とチラシを選り分けている様子。受講生の多くが驚きました。

一方で、こうした設備は財政的に東京だから可能で、地方都市では難しいという「格差」の問題にも触れながら、東京でも東京湾でのゴミの埋め立ては限界にきていること。これ以上のゴミの削減努力は家庭レベルでは難しいことなど、ゴミが飽和状態にあることを強調。生産者の意識が切り替わる必要があると語りました。(工場も見学)

後半は、田代係長が、リサイクルと中間処理の事情を説明。ペットボトル、びん、新聞などの紙類の選別や圧縮などの方法と量を紹介しました。また、ガスボンベが燃えるゴミとして出された場合に車両火災が発生しているなど、分別の不十分さの問題にも言及しました。

その後、港資源化センターを見学。びんを色ごとに自動的に選別する機械や金属の圧縮装置など処理の自動化の現状を見ました。しかし、色が分けにくいびんは結局目で見て選別しないといけないことや、紙の処理場では、新聞紙とチラシ類を人の手で選り分けている実状を目の当たりにして、受講生は驚き、担当者に盛んに質問していました。

振り返りとして、受講生からは「焼却処理は高度化しているのに、リサイクルは手作業。このギャップはなんとかならないか」「チラシは分けていた方がいいなら、あらかじめそう伝えてくれたらいい」「リサイクルのしやすさで商品に点数をつけたら」「消費者と事業者がともに考える機会が必要」といった声が出されました。

ゴミ問題は身近な問題だけに参加者の関心も高く、今後、環境リーダーとしてグループで何らかの取り組みを進めていく機運が生まれていました。

第2回環境リーダー養成講座開催

みなと区民環境リーダー養成講座の第2回の講義が行われました。講師は、首都大学東京の黒川信助教授。テーマは「港区の自然を知る〜海と干潟の生きもの」。

 

高層ビルの目の前に広がるお台場の砂浜で生きものを観察
高層ビルの目の前に広がるお台場の砂浜で生きものを観察

「たくさんの生きものを見たかったら、どこに行きますか?」こんな問い掛けで始まった黒川講師の講義。まず、生物の系統樹を用いて、進化の歴史を解説。生命が海で誕生し、現在1億種いる生物のほとんどが実は海に生息している事、したがって、お台場の海岸だけでも多様な生物を観察できる事を説明しました。

そして、干潮時に合わせて実際に砂浜に出て生きものを観察。黒川講師の案内に従って波打ち際の砂を掘ると、貝類やゴカイやエビ、カニ類などが、また、岩場ではカキやアメフラシなど、普段目にすることのない多様な生きものが次々と登場しました。

これはスナモグリ。他にもクモガニやマテガイ、クラゲにアメフラシ、ハゼの仲間など、わずか1時間ほどでたくさんの生きものを発見しました
これはスナモグリ。他にもクモガニやマテガイ、クラゲにアメフラシ、ハゼの仲間など、わずか1時間ほどでたくさんの生きものを発見しました

午後は、採集した生きものを室内でじっくりと観察。黒川講師は「ヒトに一番近いのはどれ?」「心臓があり、血が流れているのは?」などの視点を持って観察するよう指示。実はホヤなどの原索動物がヒトに近かったり、ほとんどの生きものがヒトと共通点を持っていることなど、受講生にとって驚くことばかりでした。

また、海水に米のとぎ汁をまぜた液体を濃淡2種類用意し、その中に貝を入れてどうなるかも実験。濃度の低い方は、すぐに水が奇麗になり、貝が栄養分を食べて海水を浄化する働きがあることを確認。濃度の高い方は見た目には変化に乏しく、「あまり汚れると浄化できないのでは」との反応が受講生に見られましたが、黒川講師は「人間の目には見えにくくても、同じ分だけ浄化されている。よく観察する事が重要」と指摘。結局、海の環境改善には生物の力が欠かせず、そのためには人間は海草を植えるなどして生物が住める環境を整えなくてはならないと解説しました。

参加者は「こんな近くで多様な生物が見られることに驚いた」「人間と他の生きものがそんなに変わらないと知った」と振り返り、干潟を通して自然環境の縦(時間)と横(種)のつながりを感じとった様子でした。

みなと区民環境リーダー養成講座 開講!

20代から80代まで年齢も経験も幅広い受講生が集まりました。
20代から80代まで年齢も経験も幅広い受講生が集まりました。

第二期目となる「みなと区民環境リーダー養成講座」が5月10日から始まりました。今年は22名の受講者が参加(港区在住、在勤者)。環境活動に取り組む地域のリーダーを目指します。

第一回 「持続可能な社会と私たちの暮らし」

5月10日(木)18:30より、港区環境課・今福芳明課長による開講の挨拶、講座の運営を担当するECOPLUSの説明の後、講義が開始されました。

初回の講師は、ECOPLUS代表の高野孝子。持続可能な社会の概念などを講義しました。
初回の講師は、ECOPLUS代表の高野孝子。持続可能な社会の概念などを講義しました。

総合ナビゲーターでもある高野孝子が講座全体の流れと「体験を重視する」という方針などを説明。続いて、参加者のアイスブレーク、自己紹介が行われ、様々な経歴や活動にお互いが関心を寄せあっていました。

後半は「持続可能な社会とは?」について、参加型手法で参加者に問いかけながらワーク。様々なデータや世界的な潮流を紹介し、自然・社会・経済という幅広い視点の必要性を解説しました。参加者からは「知らない事実もありショックだった」「自分のものにするには時間がかかりそう」「まずは足下から」など、環境問題の現状や大局的な視点に触れた感想があがり、また交流自体が楽しかったという声が聞かれました。

これから7回、第一線で活躍する講師陣が様々なテーマで講義を行います。

南魚沼市に自然学校

栃窪は標高500メートル前後の斜面に棚田が連続しています
栃窪は標高500メートル前後の斜面に棚田が連続しています

環境教育で地域社会を活性化—エコプラスは新潟県南魚沼市の山村を拠点にあらたな自然学校を始めることになりました。
とびっきりの自然体験活動や、世界各地をインターネットでつないだ地球規模の環境教育プログラムを展開する特定非営利活動法人ECOPLUS(高野孝子代表理事)は、2007年度、新潟県南魚沼市栃窪地区を拠点とする「南魚沼やまの自然学校」(仮称)を開設します。

村人が丹精をこめて稲の苗を育てています。
村人が丹精をこめて稲の苗を育てています。

「やまの自然学校」は、長年にわたって地域社会が自然環境と調和して存続してきた知恵と技を、持続可能な社会づくりという現代社会の課題解決に活かすことを目指します。特定の施設だけで実施するのではなく、地域全体が「学びの場」となるのが大きな特徴です。地元のお年寄りや子供たちも指導者となり、外部の人々とともに学び合う「地域まるごと自然学校」になる全国でもまれな形の運営となります。

舞台となる栃窪(とちくぼ)集落は、標高500メートル前後の山あいに、60戸弱200人ほどが暮らしています。過疎高齢化が進み、栃窪小学校は全校児童9人にまでなっています。自然学校は栃窪集落が取り組み始めた活性化プログラムにも全面的に協力します。ギフチョウが舞い、サンショウウオが流れのあちこちに卵を産むという恵まれた自然環境と、村人がなお身に付けている暮らしの知恵と技を、最高の財産として、南魚沼地域や首都圏からのみなさんを対象に、多彩な学びのプログラムを展開していきます。

この自然学校の運営に当たっては、セブン-イレブンみどりの基金(本部・東京)の「自立事業助成」として今年度唯一の案件として採択を受け、今後3年間に渡って運営支援を受けます。

具体的なプログラムとしては、5月中旬から年間5回の予定で始める「田んぼのイロハ」や、夏・秋・冬に行う連続キャンプなどを予定しています。また地域のみなさんや周辺からの参加者で地域の生態系を継続的に調査する活動も毎月展開していく予定です。

(南魚沼やまの自然学校の報道発表資料)

クリックしてnews070511s.pdfにアクセス

デンマークのエコ自転車

町の中に、丸に十の字の表示がある自転車スタンドがありました。これがレンタル自転車です。
町の中に、丸に十の字の表示がある自転車スタンドがありました。これがレンタル自転車です。

仕事ででかけたデンマークの町で、エコ自転車を見つけました。みんなで共有するレンタル自転車です。

仕事で訪れたデンマークの町に、レンタル自転車がいっぱい置かれていました。
最初は、ちょっとおしゃれな自転車だなあと思っていたのですが、どうやらみんなで共用しているのだと分かったので、よく見てみました。

レンタル自転車は、20クローネ(約400円)の硬貨を入れると鍵が外れて利用可能になります。返却すると鍵が加えている硬貨が戻る仕組みです。
レンタル自転車は、20クローネ(約400円)の硬貨を入れると鍵が外れて利用可能になります。返却すると鍵が加えている硬貨が戻る仕組みです。

自転車がチェーンでつながれているスタンドに、硬貨を差し込む場所があって、そこに20クローネの硬貨を押し込むと鍵が外れる仕組みです。欧州の飛行場やスーパーマーケットで、手押しカートを借りる時に硬貨を入れるのと同じような仕組みでした。

市内にはあちこちにスタンドがあるので、借りるのも返すのも気楽にできそうです。

コペンハーゲンには2,000台のレンタルバイクがあるそうです。私が滞在したオーフスという学生の町では、2006年に250台で始まり、2007年は400台に拡大。夜が長い冬を除いて、いつでも利用できるのが人気の理由のようです。自動車への依存を少しでも減らそうという努力なのでしょう。

もちろん、ほとんどの道路には自転車用の車線が確保されているので、自動車のよこをどんどんを自転車が走って行きます。交差点では手信号で右折左折を知らせ、停止の時にも左手のひじから先を上に上げる決まりがあり、違反すると罰金もあるとのこと。しっかりルールを作って、安全に自転車を広げているようです。

(オーフスの町のレンタル自転車ガイド=英語)
http://www.aarhusbycykel.dk/html/citybike_welcome.html