第6回環境リーダー養成講座応用編「港区省エネルギービジョン」

港区環境課地球環境係 早藤潔係長
港区環境課地球環境係 早藤潔係長

港区の省エネ対策の計画『港区地域省エネルギービジョン』をもとに、港区で地球温暖化防止にどう取り組んだらよいかを考えました。(10月23日)

講師は、港区環境課地球環境係 早藤潔係長。

まず、東京では気温が100年間で3度上昇していることなどを引いて温暖化の現状を説明しました。

続いて、港区の現状に触れ、376万トン/2005年というCO2排出量などのデータを引きながら、小売店など民生部門の排出量が多いなどの特徴を挙げました。

省エネ対策について議論する受講生のみなさん
省エネ対策について議論する受講生のみなさん

対策として、早藤係長は、2010年までに8.1%に当たる9万1千トンのCO2を削減するという数値を挙げ、その具体的方策として、給湯器への助成やエコポイント制度、そして、「森林吸収」という考え方を紹介して、あきる野市の森づくりに取り組んでいると語り、今後さらに具体的な方策のメニューを増やしていくと説明しました。

講義の後、受講生同士で、港区で省エネを進めるためのアイデアを出すワークショップを行いました。討議の後、各グループから、●ソーラーパネルの発電所を作る ●地元の商店会、公共施設に緑のカーテン、ミニ農園を付設し、間伐材の利用を勧めていく ●太陽電池、ロード・プライシング ●企業・市民の話し合いの場、●自動販売機への制限 などが提言されました。

早藤係長は「太陽光発電など、全くその通り」と、緑のカーテンなども手軽にできる緑化として提言に賛同し、また、「打ち水」なども都心部のコミュニティ活性化に取り入れていきたいと述べました。

受講生からは積極的な質問や提言、時に厳しい指摘などが活発に出され、早藤係長も、「みなさんの声を来年度の地域計画に生かしていきたい。また意見を出して下さい」とまとめました。

第4回環境リーダー講座応用編「エネルギー消費と温暖化」

未来のエネルギーについて語る都筑建さん
未来のエネルギーについて語る都筑建さん

みなと区民環境リーダー養成講座応用編の第4回「エネルギー消費と温暖化」が10月16日(火)に行われました。

今回の講師は、市民の立場から太陽光発電などを推進しているNPO法人太陽光発電所ネットワーク事務局長の都筑建(つづくけん)さんです。都筑さんは、出身地長崎市での被爆体験を原点に、1970年代から市民運動、労働運動、脱原発運動、そして、80年代から自然エネルギーの普及活動に取り組んで来ました。

都筑さんは、まず、問題の基本として、人間のエネルギー消費が産業革命以前と以後とで歴史を二分するほど激変した事や、エネルギーを一度使うと保存できないという「エントロピーの法則」を紹介して、問題の大きさ、深刻さを解説しました。また、「文明の観点から」として、エネルギー問題への取り組みが「現代文明からのサバイバル」を意味すると語り、“エネルギーを変えれば暮らしが変わる”と提起しました。

568-l そして、望ましい未来をイメージすることが必要として、近代的発展による未来像ではなく、日本の江戸時代のような完成度の高い循環型社会を投影した「懐かしい未来」を提唱。都筑さんたちが中国雲南省で取り組んでいるバイオガス・プロジェクトを例に引いて、先進文明工業国の轍を踏まずに、そうした懐かしい未来=自然エネルギー社会に移行することが(=文明のバイパス)可能だと語りました。

自然エネルギーの中でも、都筑さんは、太陽光発電が、●低コスト ●扱いやすい ●自給できる(系統連携によって市民発電のネットワークが可能になる)などの点から最も有望として、「2030年ロードマップ」をもとに今後段階的に太陽光発電の電気代が下がり、普及が進んでいく展望を示しました。また、「2100年には、太陽光発電がエネルギーの6〜7割を占める」というドイツ政府の諮問機関による見通しも紹介して、その将来性を裏付けました。

一方で、社会が浪費型のままなら自然エネルギーは主役になれないとして、省エネルギーを同時に進めることの重要性を説き、エネルギーの利用方法として、1.直接利用、2.ベストミックス、3.共同利用などの原則を立てることの必要性を指摘しました。

最後に、自然エネルギーの本質として、「多くを与えすぎない」「平和的」などのメリットを挙げ、普及・推進には「市民参加が欠かせない」として、これからの社会の働き方、人間の関係性にまで影響を及ぼすという見通しを語りました。

講師自らの実践に基づいた内容豊かな講義に、参加者からは、太陽光発電の設置のコストや政策によってどれだけ普及させられるかなど、具体的で熱心な質問がいくつも寄せられました。

第3回環境リーダー講座応用編 港区の熱環境について学びました

気候を反映した地図「クリマアトラス」について解説する岡田信行講師
気候を反映した地図「クリマアトラス」について解説する岡田信行講師

町の気温を抑えるには? 港区の地図をもとに熱環境について学び、対策を考える、みなと区民環境リーダー養成講座応用編の第3回「港区の熱環境について」が行われました。

講師は、第2回に引き続き、ヒートアイランド現象など都市の熱環境問題に詳しい(株)タム地域環境研究所の岡田信行さん。港区の詳細な地図とデータをもとに、都市の熱環境について解説しました。

岡田さんは、まず、都市の熱環境対策の立案手法として、ドイツの事例を紹介。地形や気候を反映した地図クリマアトラスをもとに町の人々全体で課題を分析し、共有して考えることで、効果的な対策を打ち出していることを説明しました。

対策はどうする?受講生の議論は盛り上がりました
対策はどうする?受講生の議論は盛り上がりました

そして、それにならって、受講生が自ら港区での対策を考えるワークショップを行ないました。各地区の詳細な地図をもとに、気温が高い場所、低い場所を分析。高い場所の気温を下げるには?風通しをよくするには?気温が低い場所を維持するには? など、参加者同士で討議して対策を考えました。

議論は盛り上がり、各グループの発表では、「川の水をもっと多く流す施策をとる」「街路樹を増やす」「高層化を抑止」「ゾーニングする」など、様々な提言が出されました。

まとめとして、岡田さんは、「大きな共通点」を確認する事が大変重要として、町づくりに携わる人々が、立場や世代を超えて熱環境に関する情報や課題を共有し、連帯感を持って取り組む事が大切だと説きました。

今回は、都市計画の専門的な地図を扱い、町づくりを考えるという難しい設定でしたが、それにも関わらず、受講生の皆さんが終始積極的に意見を交わしていた姿が印象的で、応用編ならではの意識の高さが表れていたように思えました。